2012年01月15日

小正月15日

一晩で積もる雪は侮れない、静かに降り積もる雪は朝の驚きになる。今日の長岡もそのような風景になった。昨日一日と昨晩でとうとう50cm程の屋根の雪です。これが山沿いになると2倍から3倍に積もるのですから雪下ろしも始まる訳です。今年は上越地区妙高にドカ雪が降り救助法が適用になるようです。すでに2m50cm以上になったようです。雪害は馬鹿になりません、家の倒壊も有り得ます。

そんな中、今日は小正月です。昔なら成人の日でもありました。各家庭で小正月を祝う行事を行っている所も少なくなっているのでしょうが、長岡の近隣では今もどんと焼などをやって無病息災の神事を行っています。今年も残すところ351日になった!今年は閏年ですから一日長いです。私事ですが、父がこの15日生まれでしたから何故か毎年お祝いの宴会でした。すでに成人の日が移動する前に他界しましたからお祝いはなし。

父の生涯はそんなに長くはないですが、他界は長岡祭りの花火の音を聴いてからですから生前の派手さが判るような気もします。戦争に行って虚しさを憶え残りの人生人の為にを実践した人でした。損得ではなく善悪が判断基準で豪快に生きた人です。小生もそうありたいと願うのですが、そこまで度胸がない!こぢんまりと生きられればそれで良い。死ぬときは静かに平穏が一番!今からまだ早い話ですが。

天候の為かここに来て急速にお亡くなりになる方々多いです。今週から来週にかけてもう3件のご葬儀に参列します。新年会行事の多いこの時期に飛び込む想定外の行事で毎晩呑むことになり嬉しくもあり悲しくもありで身体の方が心配になります。晩酌はしない方ですが毎晩の呑み会は疲れます。懐は悲鳴を上げてます。小正月にほとんど愚痴てるようではこの先が思いやられます。それでも後351日頑張らねば!(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:27| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

改造

気温がなかなか上がらない今日の長岡の朝はマイナス気温でのスタートです。寒いの一言に尽きる。この時期除雪車が雪を除けてまとめて家の前に置いて行く。どこの駐車場もまずは行きのけ(ほげ)をやらねば動けないのです。これが零下の気温だと雪そのものが凍りスコップでも歯が立たなくなる場合があります。今日の雪の塊がそれに近いので難儀をしての雪処理です。この労力はかなりの負担になります。

週末内閣改造が行われました。改造とは簡単に言えば造り直すことですから駄目なところを変えることになります。閣僚の行動や能力(素質・知識・教養・経験・意欲・リーダーシップ)が問われるのです。今回の改造が改悪になるか改易になるか国民は注視しているでしょう。本県選出の代議士が大臣になりました。これはこれで良いことです。十分な能力を発揮して成果を上げて欲しいものです。

世の中が混沌としている時に登場する人物は余程の能力がないとやれないでしょうから、選ばれた親閣僚の責任は重いでしょう。年功序列やトコロテン方式で椅子が回って来たでは済まされません。選ばれるポイントがどうなっているか、国民が何も知らないことも可笑しな現象でしょう。専門知識もなく畑でもない方々がトップに座ることが果たして良いのか!疑問に思うのは私だけでしょうか。

失言や可笑しな行動があってから交代では益々国政に不信感が沸いてきます。全国から選ばれし者達はそれぞれの得意分野を持っているはずですから、それに合致した人事をやった方が国の為になるのにいつも官僚任せの素人大臣が国を治める。判らないですね、そうかこれも日本の良さで慣例なのか!それでシャンシャンシャンだな!万事塞翁が馬か。新しい内閣が日本の再生を行ってくれることを期待しますよ。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:48| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

13日の金曜日

昨日が今冬で一番寒い日となったが、十分今日も寒い今日の長岡です。最近は寒くても雪が降り積もる事とイコールではないので助かっていますが、その分凍結には参ります。道路での渋滞は時間を取られ通勤や配送に狂いが生じます。その割には事故の報道が少ないので良いのですが、気をつけるに越したことはありません。

今年は1月と4月と7月に13日の金曜日が当たります。この日は不吉とされているとインプットされていますが、根拠はないようです。13日の金曜日にジェーソンが・・・などの映画のせいなのでしょう。何故か宗教も違うのに嫌がる!不思議な日になっています。むしろ気をつける意味では良い日になるのでしょう。

今週はお葬式参列が重なった週でもあります。老齢社会だけにこれからも数は多くなるでしょうが、周りの方々の葬儀はしんどいです。身内であれば尚更大変ですから、せめて送り出しには参列せねばならないでしょう。亡くなられた方々の人生に触れる最後の時はやはり厳粛な気持ちにならねばなりません。

今日はこれから葬儀に行かねばなりません。ブログ書きも毎日になるとなかなか時間のやり繰りや内容に苦心します。最近の内容はどうもピンと来ていないようで怒られそうです。政治もまた少し動き始めました。そんな感想は後日ゆっくりと!どんな分野でも話題にできますが、何せ日常生活優先ですからどうも話題が細かくなります。飽きずに拝読賜りたくお願い申し上げます。(紅)




posted by 紅屋重正 at 08:55| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

?????

今日の長岡は全国的に冷えている通りでー3度〜0度となっています。当然道路は凍結状態ですから通勤時の車は混み合い動きも鈍いので時間がかかりました。雪は数センチで済みましたから問題はありませんが、除雪車が雪の塊を置いて行くのでそれの除去に時間を取られてしまいます。

今日のブログに「?」の題名で何事かと思われますが、大した問題ではありません。昔から気になっていたことを書こうと思っただけです。それは何かと言えば、子供の頃から歴史教科書に載っていた「織田信長の肖像画」が本物かどうか!引目で細い品のある髭で裃姿の有名な絵です。

どうしても納得が行かないことがあります。それは家紋であります。織田家の家紋は織田木瓜のはずで、絵は五三の桐になっている。五三の桐は豊臣秀吉の家紋だけに、織田信長がそれを着ける訳がないと思うのは間違いなのか!ここがずっと疑問に思っていたことです。

家紋は昔から家を表していましたから、簡単に取り替えることはありません。それなのに教科書に載っているのは堂々と五三の桐を着けた織田信長となっています。可笑しいのではないかと子供の頃から疑問になっていました。今日急に思い出した訳ではなく、歴史人物の本が販売になるようでその宣伝を見てまた思った訳!(紅)




posted by 紅屋重正 at 08:59| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

1月11日

静かに雪が降っています。積もった雪は多くない今日の長岡です、それでも冷えていることに変わりはありません。気温は0度前後予報では一日中雪とのことですが、程々の雪であって欲しい。お正月(1月)の行事は何かと奇数日に当たります。今日11日は鏡開きや蔵開きの日です。

鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げ、雑煮や汁粉で食べる行事である。また、蔵開きとは年の初めに、吉日を選んでその年初めて蔵を開くこと。また、その祝い。多くは正月11日に行い、鏡餅を雑煮などにして食べた。江戸時代、大名が米蔵を開く儀式をしたのにはじまるようです。

鏡は各家庭にある姿を見る鏡ではありません。お供え餅や酒樽を鏡としてそれを崩したり開いたりすることを言います。各家庭に蔵があるわけではないので蔵開きと言ってもピンと来ないかも知れません。昔の大名や豪商など蔵を持っていた人達の行事であるようです。弊社は長岡空襲でも残った蔵がありましたが、ビルになった時に壊してしまいました。

長岡だけでなく各地にまだ蔵は残っていますが、土壁の昔風の蔵は少なくなっているようです。火災にも強く保管庫として有意義な昔からの知恵が満載された建物でした。近代化にはなかなか本来の使い方が出来なかったからでしょう。昔からある伝統・文化は本当にその気にならないと残せません。難しい時代になったものです。正月は何をしても今年始めてと言うことになります。そろそろ正月気分も終わりですね!(紅)






posted by 紅屋重正 at 09:06| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

元気です!

曇空の寒い日である今日の長岡は街中の雪も少なく動きやすい日になっています。小千谷に朝行って来ましたが、雪降ろしをしている方が見受けられます。途中の田畑の雪も長岡より幾分多く感じられます。栃尾地区でも雪降ろしが始まっていると伺っていますから周辺の山手ではそこそこ雪が積もっているのです。小寒から大寒へと季節は動いています。立春ころに大雪になることもありますから油断は出来ません。

どうも雪国は冬になると静かになって篭もってしまいます。寒いこともあり雪に降られると外に出ることも侭ならないからです。そんなこの時期に思い出すのが、吉田拓郎の「元気です」でしょう。〜自由でありたい 心のままがいい 4年目の冬に 寒さを拒むまい どれだけ歩いたか 考えるよりも しるべ無き明日に 向かって進みたい あなたの人生が いくつもの旅を経て 帰る日くれば 笑って迎えたい 私も今また 船出の時です 言葉を選んで 渡すより そうだ 元気でよと 答えよう〜何故か思い出す。

元気であることが一番なのです。それは自分だけではなく家族も周りの人達も長岡の人達も!昨年の大災害に皆疲弊しているでしょうが、一人一人元気でなくてはいけません。世の中どんなに変わろうと皆元気で乗り越えねばなりません。吉田拓郎の歌は純粋で当時の若者の代表的発言でした。賛同者が多いから多くのヒットが生まれたのですが、私はあまり好きではなかった。当時としてはそんなに純粋な気持ちになれなかった。感性が悪かったのでしょう。

今の時代に聞いて青春を思い出すと言うより、その感性に漸くたどり着いた感じです。自由闊達な生活でなかったからでしょうか。元気の在り方が違っているからでしょう。人の生き方は千差万別どのような形があっても良い訳で、それでも生きなければならない。一番は元気であることそれに尽きる。気持ちでは判っていてもなかなか元気が出ない現実に悩まされている今日この頃!まだまだ修行が足りません。(紅)




posted by 紅屋重正 at 11:05| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

休日

徐々に融けていく雪に今年は小雪かと思う今日の長岡ですが、冷えてます。気温ー1度〜1度ですので路面は凍り濡れていたところはほとんど凍結状態です。でも、雪はほとんどなくなっています。長岡の周辺部特に山手はすでに雪降ろしをしているところもあります。丁度連休ですから今のうちに降しておくのでしょうが、例年から比べれば少ない方でしょう。

今日は全国的には祝日で成人の日になっています。雪国では成人式を5月や8月に行うところが多いですが、何故か新潟市は昨日行われました。いつでも良いでしょうが、何の為の成人の日なのでしょう。わざわざ連休にとこのような形での成人の日は結局いつでも同じ感じですから日が動くのでしょうね。雪のないほとんどの日本では今日が成人式なのでしょうが。

日本海側は今日は単に休日扱いです。勿論、成人になられた方々はその重要性を認識しながら大人の門を潜ったことでしょうが、ピンと来ないかも知れません。本来なら、成人の日は1948年公布・施行の祝日法によって制定されたのですが、制定から1999年までは毎年1月15日だったのです。成人の日を1月15日としたのは、この日が小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたことによるといわれています。

元服などと言っても今の人には判らないことでしょう。元服とは男子が成人に達したことを示すための儀式で、服を改め、髪を結い、冠をつけたり、幼名を廃し烏帽子(えぼし)名を付けたりしたのです。12歳前後に行われることが多かったようで、江戸時代には貴族以外は簡略になり、前髪を切り落とすだけになったそうです。また、江戸時代では女が結婚して眉を剃り、歯を染め、丸髷(まるまげ)に結ったことでもあるそうです。日本の伝統は時代と共に消える運命もあり形骸化するのですね。時代の流れですから!(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:01| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

通販

曇りの朝でも時たま雪がちらつく今日の長岡は寒い!気温も低い状態で安定的ではありますが、微妙に凍らないところを見ると少し緩んでいるのかと思います。今週の予報は曇り状態が多いようで豪雪にはならないようです。助かりますが、安心は出来ません。本格的に降る雪は2月になってからでも有りうるからです。菓子屋は甘くても世の中そんなに甘くはない、ましてや自然界は尚更です。

弊社でもホームページで商品のご紹介を行っていますが、世の中通販が氾濫しています。通販業界もあの手この手の商品紹介で収益を上げてる会社が多いです。実際に球団まで持つ大手も現れています。流通業界も波に呑まれて生き残りに必死のようです。それなりに特徴を生かした顧客争奪戦ですから火花も凄いようです。確かに便利になりました。そのお店に行かないで買い物をしてしまうのですから!

アマゾンと言う通販が1月16日から新潟県フェアを行い県内の商品を販売します。そこに弊社の商品も何点か出品しました。是非、ご覧下さい。どうも通販ではピンと来ない面もありますが、世の中の流れに従って参加をさせて戴いています。素人のやることですから本心がどこまで通用するか判りませんが、何事もチャレンジ精神で行います。少しでも皆様に近づくことが出来れば嬉しいのです。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_n_6?rh=n%3A57239051%2Cn%3A!57240051%2Cn%3A70903051%2Cn%3A71314051%2Cn%3A71346051%2Cn%3A71353051&bbn=71346051&ie=UTF8&qid=1325983193&rnid=71346051#/ref=sr_pg_11?rh=n%3A57239051%2Cn%3A!57240051%2Cn%3A70903051%2Cn%3A71314051%2Cn%3A71346051%2Cn%3A71353051&page=11&bbn=71346051&ie=UTF8&qid=1325984444

何せ多い出品から選ばれるのですから難しです。膨大な数の登録があるのに驚きます。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_n_3?rh=n%3A57239051%2Cn%3A!57240051%2Cn%3A70903051%2Cn%3A71314051%2Cn%3A71346051%2Cn%3A71350051&bbn=71346051&ie=UTF8&qid=1325984819&rnid=71346051#/ref=sr_pg_14?rh=n%3A57239051%2Cn%3A!57240051%2Cn%3A70903051%2Cn%3A71314051%2Cn%3A71346051%2Cn%3A71350051&page=14&bbn=71346051&ie=UTF8&qid=1325984935

何頁もめくって漸く表れる仕組みですから調べる方が大変でしょう。上記のページもまた変わってしまうことも有りうるだけにもう闇雲です。それでもチャンスがあればチャレンジしていますので使って下さい。(紅)

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dfood-beverage&field-keywords=%E7%B4%85%E5%B1%8B%E9%87%8D%E6%AD%A3&x=16&y=19これが全商品ですのでご覧ください。
posted by 紅屋重正 at 10:20| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

小豆粥

今日の長岡は朝のうち雪がチラホラ降ってはいましたが、この時間(10時)には収まり明るい日になっています。相変わらず気温は低いですから寒いです。それでも週末動きやすいことは有り難いです。

今日は七草粥の日弊店では七草粥ならぬ小豆粥を召し上がって戴いております。本店にお越しのお客様に温まって戴く為もあります。小豆は邪気払いに良くこがね餅品種の粥をお作りしました。

この一年の健康を願うことと風邪など引かぬように心を込めております。少々甘めに作ってあるのはお菓子屋ですからご容赦願いたい。今年の新潟県は全国でもインフルエンザの発症が少ないようです。

常々健康に留意している結果でしょうが、身体の抵抗力を着けるには和菓子は最適でしょう。甘いものが敬遠される昨今ですが、健康な方々はやはり適宜に甘いものを摂取しているのです。

果物や和菓子は出来れば午前中に召し上がる方が効果的のようですが、あまり過度に考えなくても美味しく戴くのが良いでしょう。正月のご馳走も飽きたころ、胃腸の調子を整えるにはお粥でしょう。

松の内も今日で終わりですが、正月(一月)行事はまだまだ続きます。小正月までなんだかんだとお楽しみが多いですから睦月は楽しい月です。寒いからと家に閉じこもるのではなく、身体を使いましょう。(紅)








posted by 紅屋重正 at 10:16| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

寒中見舞い

山間部はかなりの積雪になっていますが、今日の長岡では町内を見渡しても大雪には見えないです。今日から小寒ですから益々寒さが厳しくなるのでどうなるかは判りません。前半は山雪傾向ですが、この時期から平野部にも積雪が多くなります。今年はスタートから小雪ですからそのまま行って欲しいものです。スキー場だけに雪が降れば良いのですが!

寒中お見舞申し上げます。長岡の気温も氷結から脱しない状態ですので寒い日が続いています。意外に今回はインフルエンザの呼び声を聞かないですから健康には良いでしょう。長岡の医療体制が良いのか、毎日の新聞に載るお亡くなりになる方々が他の市と比べると少なく感じます。長生きするなら長岡が良い結果でしょうか。それだけに長岡の老齢社会が進むのでしょうが、長生きは結構なことです。

とは言えそう喜んでもいられない。老齢化社会は結局消費社会と違って来るから厄介です。軽薄短小の商品化が求められて久しいですが、確かに重い商品はもう持てないのです。牛乳も昔のように配達して戴くことが重要になります。スーパーでも配達する時代になっています。コンビニすらも!胃袋産業はドンドン縮小化しています。この現実をどのように考えるかが今後の問題です。何も気象だけではなく寒い世界が到来します。

若い世代が考えることと老齢世代が考えることの差は大きくなる訳です。成長時代を経験していない若い世代は深刻に捉えていますが、すでに一時期を過ぎた方々は昔の面影で生きています。思い切って若い世代に任せることが重要でしょうが、なかなか思うようには運ばない現実があります。年金や社会保証が不安定な世の中では世代交代も上手くは行きません。まずは何と言っても経済の活性でしょう。今や経済の癌は中央にアリかも!おぉ〜寒!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:20| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

短かった正月

時折青空が顔を覗かせてはいますが、全体的には薄雲の広がった今日の長岡です。風が冷たく朝方の道路は凍結気味で仕事始めのところも多く混雑しています。今年の元旦は日曜でしたから正月休みも少なく感じUターンされる都会派の引き上げも早かったようです。その分田舎の経済は回らない訳で正月商戦はハズレが多かったと伺っています。残念でしたが、気持ちを切り替えて日々新たに進めねばなりません。

三が日から松の内には色々な正月行事があります。昔の方々は優雅な生活をしていたのです。現代人はあたふたと時間に追われているだけのようです。正月には少々食べ過ぎや呑みすぎで体調を崩しやすいですから、7日のころに七草粥で体調を整えるのです。そして仕切り直して15日20日の小正月を迎える訳です。それまでに鏡開き・蔵開き・歌会始め・若水取り・等々今年初めてのやることは多い。

商いは差ほど変わることがないのですが、今年の消費は少々お堅いようです。単価落ち現象が見られます。そこそこ人数はあっても単価落ちは全体を下げてしまいます。より多くのお客様においで戴かないと参ってしまいます。年が明けて昇り龍が下がり龍では絵にならないです。ほんの前まで言っていた勝ち組負け組の言葉がよぎります。今年の経済も二極化状態になるでしょう。無策の政治の成れの果て!

駄目なものは駄目ですがそれで終わらせないのが智恵でしょう。これからの商売も今までもそうですが、知恵が大切です。考える力を養い行動規範に礼を持ち義を重んじ智なる行動と信なるお付き合いを総称して仁あるのみです。ここがきちんと出来ていればもう怖いものはありません。正々堂々と王道を生きようではありませんか。言葉では簡単に表現できますが実践は難しいことかも知れません。それでもやらねば!(紅)





posted by 紅屋重正 at 11:13| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

ちょい先の予定を

今日の長岡は気温も上がらず淡々と雪が降っています。最初はボタボタと牡丹雪でしたからこれは積りそうと眺めていた。時間が経つにつれ細かな雪となりいわゆる雪を散らす感じの振り方ですからそんなには積もらないと見ています。それでもこの週の予報は雪マークですから安心は出来ません。

昔ながらの正月遊びを楽しむイベントが昨日、長岡市の国営越後丘陵公園で開かれました。訪れた親子連れらが、ジャンボ福笑いや餅つきに挑戦し、会場に笑顔が広がりました。福笑いやけん玉などは、2月12日まで体験できます。月曜日休園(祝日の場合は翌日休み)。問い合わせは同園、0258(47)8001まで。http://echigo-park.jp/season/20120102.html

ついでにと言ってはなんですが、長岡周辺を含めた雪まつりの予定をお知らせします。
越後長岡6大冬まつり

2月11日「2012スノーフェスティバルin越路」長岡市不動沢の成出運動広場で開催
      http://www.niigata-kankou.or.jp/nagaoka/koshiji-kyoukai/event/2507.html
2月11日・12日「とちお游雪まつり」道の駅R290とちおで開催
      http://tochiokankou.jp/page6.html
2月18日・19日「長岡雪しか祭り」ハイブ長岡千秋が原ふるさとの森で開催
      http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/event/yukishika.html
2月25日「えちごかわぐち雪洞火ばたる祭」川口運動公園多目的広場
      http://www.niigata-kankou.or.jp/kawaguchi/kyoukai/event/WB0008.html
2月25日・26日「第22回おぐに雪まつり・雪上コンデュ大会」おぐに運動公園特設会場
      http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/event/o-yukimaturi.html
3月10日「古志の火まつり」長岡市山古志種苧原 四季の里古志
      http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/event/kosihimaturi.html

田舎の良さは祭りにあり!春には観桜会・夏には大花火・秋には米百俵や五十六や菊祭があります。
長岡は絆の強い町ですから楽しく明るく住みやすいところです。(頓)
posted by 紅屋重正 at 09:47| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

三が日

荒れる正月の気象予報とは裏腹に曇ってはいますが動きやすい三が日となっています。今日の長岡は気温こそ厳冬ではありますが雪もなく静かな日となっています。気象は静かでも人の動きは活発のようですから安心しています。三が日は本来家で過ごす日なのですがそう言うことは現代には通用しないようです。かく言う私も今日から新年会で出かけるのですからこの一年も呑み会が多くなると懸念しています。

三が日が静かに過ごせないと松の内も同じで相変わらずのお出かけとなると家族からはブーイングが聴こえて来るようです。昨年も多いときは週に4〜5日呑み会でしたから少し考えないと身体が持ちません。仲間の主治医から酒さえセーブ出来れば長生き出来そうなのだが今のところは無理だろうと言われてしまっています。長い気が良いか悪いかより天命を真っ当すれば良しですから気にしないでしっかり呑んでいます。

最近気がついたのですが、美味しい・旨いと言う感覚は人それぞれ違うことです。自分が美味しいと思うことは皆そうなのかと思いきや全然違うのです。ただ、自分が美味しいと思うことは多くの同調を得られるのですから間違ってはいないはずです。ところが、有名な方々が作る食べ物が必ずしも美味しいと思わないものが結構あるのです。テレビなどで紹介されて売れている品物でかなりのハズレが多い!でも多くの人に支持されるのですから不思議です。

前にも言ってますが、美味しいとは味わいだけではないのです。包装パッケージネーミングや色気とトータル的に味わう事を言います。可愛いとか綺麗とか雰囲気で美味しく感じる部分が大きくなっているのです。今の若い方々であんこが好きでないと言う方が意外に多く、それでも本当に美味しいあんこに出逢えば好きになる、つまり普段から美味しいものに触れていなかった結果がそうなるようです。三が日におせちを召し上がる方も多いでしょう。手抜きのおせちは問題外、本物のおせちで美味しさを味わって欲しいものです。美味しいと心豊かになれるのです。(紅)




posted by 紅屋重正 at 10:06| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

お正月は

気温0度〜3度の今日の長岡は雪と言うよりみぞれの天候です。霙(みぞれ)とは、雨と雪が混ざって降る気象現象だけに重い雪の一種になります。正月中は大荒れの予想もあったようですから、この程度なら許せる範囲です。元旦も降られなかっただけにこのままおとなしい気象で過ごせたらと願っています。今年の町場は小雪で結構ですから風神も雷神も静かに正月を過ごして欲しい。

お正月は何をなさいますか?昨今伝統行事や家庭での正月のあり方がお判りでない若者が多くなっています。家庭での伝承がなされないのか、呑んで喰ってして寝るだけ!では動物と何ら変わりはありません。人間の尊厳が失われようとしています。そもそも、お正月とは何でしょう?本来「正月」は1月の別称ですが、一般的には1月1日〜1月3日の「三が日」や、1月1日〜1月7日(地方によっては15日や20日まで)の「松の内」をさし、さらに1月15日(地方によっては20日)の「小正月」で一連の正月行事を終えます。

松の内というのはお正月の「松飾り」つけておく期間をいいます。そもそも「松の内」とは新年に際し歳神様を迎えるために道しるべとして門ごとに門松が置かれますがこの松飾りのある期間のことを「松の内」といいます。神様が鎮座するための場所は鏡餅ですね。昔から、元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。年神様は祖霊神であり、田の神、山の神でもあるため、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされていて、「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。

道に迷わないよう門松しここが神聖な場所だと言うことで注連縄(しめなわ)をする。細く長くの長寿を祝う為の年越し蕎麦だったり色々な行事があります。初詣・お年玉・年賀状・七草粥・鏡開き・小正月・左義長、左義長とは1月15日の小正月に正月飾りや書き初めを燃やす行事で、その煙に乗って年神様が天上に帰ってゆくとされています。三毬杖(さぎちょう)という青竹で正月飾りを焼いたことに由来しますが、「どんど焼き」「とんど」とも呼ばれ、その火で焼いたお餅などを食べると無病息災で過ごせる、書き初めの火が高く上がると字が上達するなどと言われています。

一連の行事は神様に対して行われます。神様は神道だけと言うわけではありません。どこにも宿り、むしろ皆さん自身の心の中に住まわれている神のことなのかも知れません。この一年もいろいろ大変でしょうが、日本の伝統・文化を守り実行して行くことが大切なのです。素敵な素晴らしい年にするべく、またまた頑張りましょう。頑張っている方々は無理なさらずに頑張るのですよ。頑張ることが目標ではありません。努力することが大切なのです。今年もまたブログを宜しく拝読を賜りますようお願い申し上げます。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:58| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

大晦日になりました。

微粉のような細かな雪がチラホラ降っている朝の一時ではありますが、大晦日と言う特別な日の勢いからすれば気にならない天候です。気温は0度〜3度と相変わらず寒い日になりますが、年末の熱気からすればさほどでもないです。本年も今日で終わりです、今日の長岡はそれでも日中賑わいがあります。年末のお買い物で人々が街に出てきてくれます。大晦日の準備と新年の準備を兼ねて。

長岡の年取りは様々ではありますが、商人の家では縁起物や語呂合せの食べ物が食卓に乗ります。豆や塩引き鮭などは食べないと怒られたものです。まめになるようにとか鮭を食べないと年を取らないと言って食べさせられました。長岡周辺では暮れにはすき焼きをする所も多いようです。昭和20〜30年頃は牛肉は高価で暮れにしか食べれない貴重なものだったのです。今は贅沢になりました。

もののない時代はものを大切に扱い珍しいものはおすそわけしたものですが、気薄な世の中になったのでしょうか、はたまた珍しいものがなくなったのか習慣も変わってきています。ありとあらゆるものがお金を出せば手に入る世の中になっています。少なくともお金がなければ手には入りません。格差社会はここにも顔を出しています。大晦日に年を越せるかと悩んでいる人もいるだろうが、取り敢えず時間が経てば皆年を越します。

今年の負は今年で清算して新しい年に期待をしたいと思っています。社会問題は沢山繰り越されるでしょうが、より良い社会作りに向けて協力せねばならないでしょう。損得よりも善悪を考えた行動指針でありたい。今年は厳しい修行の年でした。来年はもっともっと修行をせねばならないでしょう。それでもへこたれず負けずにことにあたりたいと思っています。絆の大切な時代になっています。皆様と共に良い年を迎えたいと思います。一年間笑読賜り感謝申し上げます。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:13| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

年末帰省

ドバドバと牡丹雪が降り始め道路を真っ白にしたかと思えば、すぐ止んでしまう雪!気温は低く0度〜2度となると凍結もありです。今日の長岡の朝模様の始まりは雪でした。年末は何かと動きが良い日になりますから降雪はご遠慮戴きたい。都会から故郷へ一斉に帰郷が始まった。今日がピークのようですから田舎の町も賑わいが出るでしょう。おかえりなさいとお迎えしよう。

優雅な人は出国ラッシュに併せて海外で年末年始を過ごすようです。羨ましい限りです、私には一生ないことでしょう。盆暮れは家にいるものと教えられて忠実に守って来ていた訳でこの時期家を留守にすることなど考えられないことです。一家族が集まり一年の無事に感謝する日なのですから。大手企業や公官庁などはもう仕事納も終わりお休みに入ってますが、一般は今日からお休みのところが多いようです。

本来は年末の大掃除で清らかな気分でお正月を迎えるのでしょうが、私達は年末年始を休むことなど出来ないだけにせめて元旦のみ休まさせて戴きます。お掃除どころではないのです。普段から行っていれば特別大掃除として取上げない習慣になっています。むしろ、お客様にご迷惑をかけないことが優先されます。久しぶりにお帰りになる皆様に郷土のお菓子を提供する喜びの方が大きいのです。

長岡にしかないお菓子があるお店だけに責任重大です。酒饅頭と言っても「大手饅頭」は他のものと大違いですし、水花火はどこにもない・長岡しかない珍しいお菓子です。似たような商品はどこのお店でもあることはありますが、比べて召し上がると良く判ります。使命感を持って今年も色々な商品をお出ししました。田舎くさい商品ではありますが、お味はどこにも負けません。やはり美味しかったと言われないと意味がないですから(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:44| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

凍てつく日

朝の道路はカチカチ濡れている路面は凍り歩行者も車も危険がいっぱいの今日の長岡です。マイナス気温はさすがに寒い!日中は5度まであがるようですから何もかも凍てつく訳ではありません。降る雪はなくてもどんよりとした空は灰色一色です。昨日は日差しもあったので今朝の放射冷却状態を作り出したようです。年寄りにはきつい朝でした。

最近はヒートテックの肌着が流行っています。身体を暖めて風邪など引かぬようにせねばなりませんが、私はまだ昔のまま!現代的な肌着は持っていません。ストーブの前から離れられない状況です。離れると言えば、民主党離党者が大量発生したようです。今の時期に増税か!馬鹿言ってんじゃないの。国会議員定員削減も一票の格差問題も公務員減給も何もしないで増税論議とはおこがましい。

国民を舐めてかかっているとしか言いようがない。なめると言えば、景気不景気や所得格差で善し悪しが別れている現在は貧乏人をなめているようです。民主主義と言いながら金持ち優遇で収入格差の差別化が始まっているようです。これで国民が怒らないから日本って平和なのですね。大阪の陣がどうなるかを見極めているのでしょうか。大阪から日本が変わると期待しているのでしょうか。

期待と言えば、来年は「辰年」です。天にも昇る勢いの天龍の如く経済も右肩上がりであって欲しいものです。震災の復興や放射能の封じ込めなど問題山積ではありますが、国際情勢を見ながら内需拡大の線を維持して欲しいものです。凍てつく心にならず、心暖まる話が世に溢れることを望みたい。今や世界の経済は破綻の一歩手前だけに日本は独自路線でこの難局を乗り越えて欲しいものです。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:41| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

尊厳

風花が舞い日差しが心地よい今日の長岡は年末の慌ただしさにあります。仕事納めで休暇に入る方々も多いようです。今日は車の混雑はさほどでなく平穏な年末と言ったところです。昨夜は友人と何人かで歓談しましたが、現状の政治に話が集中し、しかも各業界のことを伺い知ることが出来ました。経済問題が主になりましたが、根本的には皆さん日本の将来を危惧していました。

原発はいらないと言う意見が大勢を占め、社会保障の在り方に疑義がありました。医師の仲間曰く、現行制度は可笑しい!医者が言うのも何だが、今の人は死に対する尊厳や覚悟が出来ていない。マカロニ症候群で延命治療は人としてそれで良いのかを考えるべきと言う。貰いたい払いたくないの国民では国が良くなるわけがないと。団塊の世代の老人社会はこれから25年続くことを考えねばならない。

早い話が長生きが本当に幸せなのか!と言うことである。老人は早く死ね!と言っているのではない。死の在り方を考えようと言っているのです。死の前の覚悟や自身の尊厳を守る死にかたを知るのです。チュウブで繋がれ意識もないままに生かされることが本人にとって良いことかと言うことです。年金の在り方、保健医療や受診の在り方、などなど問題は山積しています。日本人の良さは潔さ(いさぎよさ)ではなかったか。

果たして自分はどうだろう、その時が来たら潔くなれるだろうか。しかし、今の世の中尊厳もなく潔くなく生きていても仕方ないような気がします。生きることは修行のようなもの死ぬまで修行であるのでしょうが、修行を終わらせる事は尊厳と潔さかも知れません。それを会得することがきっとある種の悟りを開くことなんでしょうね。命の大切さは判っていても命をまっとうするの意味を考えないといけない世になっているのでしょう。(紅)



posted by 紅屋重正 at 11:38| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

後5日

今日の長岡は雪が降っていましたが、今の時間晴れで空は曇っています。気温は0度〜3度と標準的な冬の感じです。気候はコロコロ変わりますから降ったり止んだりを繰り返すでしょう。問題は風で道路の凍結が早いです。お陰で車の渋滞が発生し通勤には時間がかかりますし、配送にも支障が起こります。安全運転で乗り切るしかありません。今年も残すところ後5日ですから年末の繁忙を期待したい今日この頃です。

政界も騒がしくなっているようですから何が起きても不思議ではありません。世の中騒然となるでしょうが、地球規模で可笑しなことを修正するための一過性でもあります。日本の政治も可笑しいですから自然と良くなるように体制が動くでしょう。その結果が良い方向に向いてくれれば御の字です。指示する政党が曖昧な現代人は何を選択するのでしょう。年末にかけて新しい世を思い浮かべることも有りでしょう。

明治は遠くなりにけり、すでに昭和も遠くなったようです。平成維新で新しい世の中を作って欲しいものです。だいたい若者に職がないなんて社会はもう末期状態でしょう。年寄りの場を確保して若者に負担を負わせるなんて問題外です。昔の定年55歳や60歳は能力と体力から言ってほどほど良い年齢でした。更に定年延長なんて馬鹿げています。社会制度の欠陥を調節するかのようなやり方では国が滅びます。

今の官僚は自分が良ければ国民はどうなっても気にならないのでしょう。憂国の志士は現れないのでしょうか。今求められるのは私利私欲のない憂国の志士でしょう。後100年も経って今をどう評価するのでしょう。未来人に聞いてみたいものです。え!100年経ったら日本は無くなっていたりして!人口は激減し大和魂は消え今ある後進国に乗っ取られてしまうかも知れません。カウントダウンが始まっています。(紅)




posted by 紅屋重正 at 10:17| 新潟 ☀| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

カウントダウン

本格的な雪に見舞われている越後では山間部の積雪は1mを超えてきています。長岡でも除雪車のよけた雪との格闘が始まっています。車の駐車場出入口は雪の塊で塞がれそれを退けることが日課になるでしょう。気温も0度〜3度と低く凍結も覚悟せねばなりません。朝の通勤ラッシュも雪により長く時間がかかります。雪国の生活は雪による無駄な労力が必要となるのです。

トンネルを抜けるとそこは青空だった。越後から関東へ向かう空はそんなもの、川端康成の雪国は情緒あるものかも知れませんがとんでもない状況です。雪との闘いは雪を知らない人にとっては実感がないだけに苦労する姿は大変なものです。震災地も豪雪地帯があるでしょうに、この寒波での生活に支障がなければ良いのですが、厳しいでしょう。残り少ない本年も来年年明けも生活は変わらないのです。

今年の反省を今更のようにするのですが、カウントダウンされた今年はもう諦めの状況となるのでしょう。それでもドジョウは頑張っていますからその行動は褒めねばなりません。ただ、内容が問題のですがね。大阪市長選の後、新市長が各党に挨拶回りをした印象はひどいものでした。何が!各党の手のひらを返したような態度です。だから政治家は信用ならないの典型でしょう。

雪国の人は辛抱強いと言われます。雪の中の生活がそうさせるのですから忍耐強く我慢の子です。それが怒ると怖いのは人の良さにつけこまれた時です。現政権も嘘といい加減とで主義主張もなくなると怖いですよ。マニフェストの公約は全て破棄するようでは何を信用すれば良いのか判りません。判ったのは信用しない方が良いと言うことです。解散総選挙が楽しみになって来ました。維新でもみんなでも自民でも何でも良い、今のままでなければ!そうなるカウントダウンが始まった。(紅)


お知らせ

老朽化のため建て替えられた長岡市中之島体育館の完工式が昨日行われました。地元住民や関係者ら約150人が、地域に新たにできたスポーツ拠点の完成を祝いました。1階のアリーナは、床に弾力性のある塩化ビニール製のスポーツ専用素材を使用。2階にはトレーニングルームなどを備えています。どうぞご利用下さい。(頓)







posted by 紅屋重正 at 09:41| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする