2012年02月04日

雪降しから雪堀へ

時折晴れ間が見えますが、相変わらずの雪です。今日の長岡も新雪が数センチ積もりました。累計ですと1mをすでに超えています。雪降ろしの目安が1m30cm位ですからいよいよ長岡の市街地でも始まりました。今週は予報より少ない積雪でしたので目の前に迫る春まで凌げるかどうかの瀬戸際です。来週はまた寒波が来るそうですからどうも危ない。

津南町や妙高方面は3〜4mの積雪で空家の倒壊、道路除雪と日々大変な思いをしているようです。今年は山雪でいつもの倍は降っているそうです。長岡も山古志地区はすでに7〜8回の雪降ろしをやっているそうです。ここまで来れば雪降ろしではなく雪堀になっています。屋根より高く積もる雪に雪を上げる作業になりますからかなりシンドイことになります。

長岡市では、除雪ボランティアが活動を始めました。除雪ボランティアは高齢者世帯など1人で除雪することが難しい世帯で除雪を手伝います。長岡市では今月5日まで除雪ボランティアが活動を続け、前日の4日まで電話番号「080-8039-4457」で希望者を受け付けてるそうです。若い力でないともう難しい除雪となっていますから困っています。すでに雪害になっています。

春にはなくなってしまう雪ですが、何ともし難い状態です。越後の雪は宿命ですから仕方ないですが、降り過ぎは勘弁して欲しいものです。温暖化で雪も少なくなるのではと考えていたのは甘かった。予算も底を付きそうであるのか、除雪が上手くないので毎日通勤大渋滞を繰り返しています。15分で行ける所を1時間以上かかるのですから本当に雪が恨めしい。今日も雪と戦います。(頓)



posted by 紅屋重正 at 09:44| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

豆まき

相変わらず気温は低いですが、降雪は一段落の今日の長岡です。海洋研究開発機構の発表ですと、北欧3国とロシアに面する北極圏のバレンツ海の海氷が少ない冬は低気圧が北寄りに進み、シベリア高気圧が拡大して強い寒気が形成され、日本が厳冬になる可能性があることが分かったとのこと。北極圏の氷が融け温暖化傾向にあることは承知していたが、海氷が少なくなると日本の冬に影響が出るとは驚きです。地球はうまく動いているのでしょうからこれからも続くのでしょうね。

昨日は地吹雪がすごかった!小千谷市からの帰りにもろに地吹雪に遭遇した。往復で1時間もかからないのが2時間以上かかり大変でした。雪道では軽自動車が弱いので軽が立ち往生すると後続車が難儀になる。視界がほとんどなくなる中の運転ですから怖いのですが、止まった終わりの世界ですから何としても動いて進まねばなりません。後で聞いたのですがその道は結局交通止めになったそうです。地吹雪で交通止めになるのは珍しいでしょう。過去に岩船地区(村上からの帰り)に地吹雪に遭ったことがありますが、今回はそれと比べればまだたいしたことはなかったです。

節分の今日は季節が変わる時期と言うことです。明日は立春ですからもう春は目の前に来ています。豪雪と言う鬼に向かって豆まきをせねばなりません。円高・株安で大手企業は軒並み大赤字ですから日銀に向かって豆をぶつけたいでしょう。震災の復興もままならず、原発事故の進展も遅い政府にこれまた豆をぶつけたいです。素人閣僚が訳の判らない答弁を繰り返して時間の無駄で税金の無駄使いしているようでは尚更豆をぶつけたい。ここのところ豆まきより豆ぶつけの方が似合っているようです。

鬼は〜外、福は〜内!と各家庭で小さな幸せを求めて豆まきをする姿が本物でしょうに、世の中困ったことだらけです。今の首相は一生懸命やっている野田!なが岡田けが頑張っているのではない。地方も県都も国もチームでやらねば進まない。こしゃくな考えはやめにして国家国民のための政策を実行出来ないでなんとする。党利党略をしている場合か!新党どころでない政治家が目覚めないと日本は本当に駄目になるでしょう。政治家の責任は重いのです。人気商売ではないのです。ホント国会の中にいる鬼に向かって豆まきをしましょう。(紅)








posted by 紅屋重正 at 09:20| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

予報も阿呆も変わらん

どういう訳か見事に天気予報が違う今日の長岡の朝です。青空が拡がって太陽が顔を出してきています。冷たい風はマイナス気温を連れて来ていますから、道路は表面が凍って危険な状態に変わりはありません。県内の予報では風雪で80cmの積雪があるやもと出ましたが、今のところそんな感じではないです。固まった雪が太陽に当たり表面が溶けたところに冷風で凍らせる最悪パターンですから歩くにも車の運転もツルツルで危険です。

普段と変わらない運転をする若者の車がキーィガチャンと阿呆のような事故を起こしています。毎回のことですが、予報は当たらない馬鹿な運転手は事故を起こす。冬の風物詩でしょう。これ以上の降雪があれば大屋根の雪降ろしを考えないといけませんから、毎日の天気予報は必ずチェックして予定を立てます。雪降ろし業者も大忙しで予約を入れないとすぐには来てくれません。それだけに死活問題になります。

家の大きさによってまた降す敷地の条件によって雪降ろし費用は変わりますが、だいたい我が家では15万円位かかります。春には消える厄介ものだけにジッと我慢で冬を乗り越えようと思っているのですからこの時期は真剣です。降雪予報に一喜一憂してしまいます。暴風雪・風雪警報がでるたびドキドキした毎日になるのです。今年は長岡の平地はそれほどの積雪ではありません。長岡でも山間部は市街地の倍以上の積雪になっていますから大変です。

崇高な学者さん達が近年の地震予測を出しています。確かにいつ起きても可笑しくはない地震ですが、どうもすっきりしない。当たればそ〜ら見ろ!当たらねば状況の変化か!言い訳は山ほどあるのですからどんなものか。馬鹿と天才紙一重、人間は恐怖に弱く、脅かしには耳を傾けるものです。違った安心などは何かが狂ってるとしか言いようがありません。でも気づかない、メディアの言うことが本当か!疑う自分が間違っているのか心配です。阿呆になった方が楽かもね。(紅)


posted by 紅屋重正 at 09:45| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

凍結から

今日の長岡は凍っています。マイナス4度で水道管に支障が出ました。珍しいことで過去にあまり経験のないことでしたので驚いています。今年の冬は寒いと思っていましたから判かるのですが、温暖化との因果関係はどうなるのでしょう。むしろ氷河期に向かっているような感じすらしますから不思議です。雪も多く凍結もありでは踏んだり蹴ったりの冬になります。

ここに来て、長岡市の小中学校で、インフルエンザの集団発生による学年閉鎖と学級閉鎖が急増しています。昨日は学年閉鎖3学年、学級閉鎖2学級だったが、今日は7学年、118学級に拡大しました。市教育委員会は外出を控えて、手洗いとうがいを徹底するように呼び掛けているそうです。寒冷地になれば人の動きも抑えられのでインフルエンザはあまり拡大しないのですが、これも判りません。

思ってもみないことが起こると人はパニックになります。最近の現象は不可思議なことばかり、情報が飛び交う中ですからむしろパニくる状態になりやすいのかも知れません。昔はのんびりしていたのですね。しかし、生死に関わることが多くなっていますから情報は大切です。そこで美味しい情報をどうぞ。インフルエンザの予防によい食べ物といえば、香味野菜や根菜がまずあげられます。

なかでも生姜には非常に多くの成分がありますが、その中のジンゲロールやショウガオールという成分が特にいいそうです。黒砂糖や自然塩適度な塩分は体を温める作用をします。漬物や梅干を食べるといいそうです。砂糖は、精白糖は体を冷やしてしまうので黒砂糖やきび砂糖、甜菜糖を使うようにしましょう。勿論、大手饅頭の餡は黒砂糖を使用しておりますから最高な食べ物になる訳です。まだまだ沢山ありますが、取り敢えずここが言いたかった。(頓)





posted by 紅屋重正 at 10:24| 新潟 | 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

パソコン

昨晩の降雪がどの位積もったか心配になった今朝、外を見て安心しました。今日の長岡は30cm程度で予報とは違ってくれた。山間部はきっと予報通りに大雪だったかもしれません。実際雪の重みによる被害も出て来ています。橋が落ち、ただの家が倒壊しただの凄まじい。これが雪国の凄さでしょう。

今日のブログは遅くなりました。PCの調子が悪く、アクセスが出来ないでいました。OCNのサポートで復旧したのですが、何だかんだと時間を喰ってしまいました。PCそのものを訳分からなく使っているだけに説明を聞いてもチンプンカンプンで教える方も大変でしょう。機械の製品ナンバーなどと言われても目の悪い者には調べるのが至難の業。

スッタモンダしてやっと開設されたら、1日無駄になってしまった!情けない。親切丁寧に教えても教わる方が出来が悪いと困るでしょうに…と思いながら操作するのですから尚更で、時間ばかりが過ぎていく。これって悲しいことなのでしょうね。ITの苦手なおじさんはパワハラの格好の餌食!とされても納得。これから人口が激減する世の中なだけに、IT世界は当然でしょう。

遅れてはならないと思いながら、なかなかお勉強が出来ないのは昔から…難しい世の中になったものだと只々感心するだけが関の山。子供達には「勉強しろ」と言う割に、自分はしてないと言うお粗末さを暴露しているようなもの。本当に参った1日になってしまった。しかし、PCを自由自在に操る方は凄いと尊敬してしまいます。これをワルに使う方には勝てないが、正義の味方がいることも頼もしい。そういう世の中なんだね!(紅)
posted by 紅屋重正 at 16:03| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

雪との格闘

今日の長岡の気温はマイナス3度と一日中マイナスのようです。お陰で道路は凍結状態が続き危険この上ない状況です。歩いても滑り安くあちらこちらで転倒者が見受けられます。怪我をする程ではありませんが気をつけないと大怪我の元になります。一番は骨折でしょう、自分は大丈夫と思っている貴方!危険はどこに潜んでいるか判らないのですよ。

車を運転していて怖いのは細い道で雪による道路の傾斜です。凍っていると車自体が横滑りを起こします。すれ違いや歩行者をよける時が最も緊張する時になります。車同士どちらも動かないで待ったりして無駄な時間が過ぎることもあります。渋滞は変なところから発生す場合もあるのです。動いてぶつけると動いた方が負けになりますから慎重になるのです。

雪との格闘は馬鹿らしいと思いながらもやらねばならない雪国の宿命です。今年の長岡の街内は積もり方はまあまあですが、凍ることが多いようです。気候変動の一瞬を垣間見るようです。北海道のような極寒にはなりませんが、今年は寒い年です。山間部は極端に積雪が多くなって、家の倒壊やらが起きています。お年を召した一人暮らしでは雪降ろしもままならない結果です。

近年県内では、雪下ろし作業中等の転落によるケガや死亡事故が多く発生しています。休日に雪下ろしや雪かきを行う方も多いと思われますが、除雪の際には、安全に十分気をつけてください。雪のない地方では何のことやら!とお思いになるでしょうが、大変な作業なのです。雪との格闘は死活問題になります。それだけ春を待つ気持ちが大きのが雪国人達です。は〜るよこい!は〜やくこい!です。(頓)

屋根の雪下ろしの5つの用心          
1、雪下ろしをする時は、ヘルメットと命綱を使用し、動きやすい服装で行いましょう。
2、はしごはしっかり固定しましょう。
3、雪止めより先での作業はやめましょう。
4、休憩をとり、水分補給をしましょう。
5、作業は複数で行いましょう。   



                   
posted by 紅屋重正 at 09:06| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

老い

今日も寒いです、マイナス気温が続いています。今日の長岡は道路も歩道もガチガチの凍結状態です。雪は小康状態ですから良しとしても気温が上がらにと融けにくくなるので始末が悪いです。それでなくても足腰が弱って来ているだけにシンドイ作業になる雪かきです。ホント春にはなくなるものですから厄介です。四季がはっきりして住みやすい所なのですが、雪の始末がなければ最高なのですがね!

還暦を過ぎると何か急速に老いを感じます。体力・気力・能力の低下は否めません。しかも、先輩たちが次々と病と闘う姿が痛ましくまだ参戦してないだけ良いかと思う自分が情けない。長生きも良いですが病気持ちでの長生きは自分としては避けたい気持ちです。しかし、いつ襲って来るかは判らない病魔の恐怖があります。行き着く所は死と言うことになりますが、現世の修行が終わる時と思っていてもやはり不安です。

その時になれば覚悟が出来るのでしょうが、潔く行きたいものです。でも、案外駄目かも知れません!執着するのか、最後の抵抗をするのか人間は弱いからどうなることやら。魂は永遠不滅ですが、魂の行き場は一箇所とは限らないかも知れません。修行の内容や結果からどの方向に行くやら、これも自分には判らないことです。生き様によって決まるとすれば結果オーライとは行かないでしょうに。

何れにしても、誰もが通る道です。いつになるかは判らなくても生きてる今を精一杯頑張るしかないのです。後の結果は閻魔様任せ!いや、お釈迦様任せか。ものの見方や考え方で大きく変わります。変わらないのは真理でしょうから、魂の修行はきっと真理の探求なのでしょう。この年までまだ判らないことが多いだけに真理まで行き着かない。老いて益々元気として真理探求を進めようか!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:27| 新潟 ☀| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

続く積雪、沈む地盤

寒さと降雪と毎日続くとそろそろ疲れが取れない状況になる今日の長岡状態です。降雪は降ったり止んだりの小康状態ですからまだ良しですが、雪との闘いはまだまだ続きます。旧家や木造建築はそろそろ雪降ろしを考えないと危険です。北海道の使われてなかった映画館が雪の重みで倒壊したと聞き他人事ではないと感じた雪国の方々も多いでしょう。積雪140cmくらいで押しつぶされるのですから大変です。

雪降ろしの基準は家によって違いますが、おおよそ100cmを越えたら危険と考え降ろします。驚くなかれ!長岡市の山古志地区のこの冬の積雪累計は10mを超えています。現在の積雪は2m50cm前後ですからそれでも多いです。長岡市街地から車で30〜40分の山間部です。長岡市街地の積雪は1m弱ですので地域によって随分違いがあります。http://www.bousai.city.nagaoka.niigata.jp/modules/bwiki/index.php?%C0%D1%C0%E3%A1%A6%B9%DF%C0%E3%A4%CE%BE%F5%B6%B7H23

この大雪で、長岡市内では、雪を解かすために使う地下水の量が増えて、地下水の水位が大幅に下がっています。このため、長岡市は、市内の中之島や与板など5つの地域に「地盤沈下注意報」を出してなるべく地下水を利用しないよう呼びかけています。長岡市は、地下水の水位を観測し、基準を下回った場合、「地盤沈下注意報」を出しています。

市が27日午前中に観測した結果、市内の2か所の井戸で水位の大幅な減少が確認されました。このため、市は、27日午前11時に、長岡市の長岡、中之島、越路三島、与板のあわせて5つの地域に「地盤沈下注意報」を出しました。市によりますと、地下水の水位が下がったのは、道路などの雪をとかすための「消雪パイプ」を使って、地下水の使用を急に増やしたためと見られ、去年も1月に出しています。無駄な地下水の利用は避けましょう。(頓)

posted by 紅屋重正 at 08:46| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

さむい・・・

一晩で積もる雪は恐怖!1月の中頃にはほとんど消えかかっていた雪がこの週で元に戻った感じであり、雪降ろしの準備も視野に入って来た。発表では28日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸が90センチ、関東甲信が60センチ、東北が50センチ、北海道・東海・近畿で40センチとなっている。え!越が入ってない。

新潟越後はどうなるの!気象庁さん新潟だけ予想が出来ないのかな。なんて馬鹿なこと考えて降る雪を恨めしく見ている。と、書いたら雪は降ってない!小休止か。降らないで良いですからやはり越は抜けていて結構でした。それにしても寒い!気温が上がらない。暖房もなかなか室温を上げられない。現在の事務所は14度少し暖まったかなと言うところ。

インフルエンザやノロウィルスが流行ってきていましたが、この寒さでこれも小休止か。いずれにしても人の集まるところは要危険です。寒いと人の交流も少なくなるようです。それで拡がらないからどちらが良いのか、商売的には動きが悪くなるので芳しくない。国会の所信表明演説から代表質問に移りここも寒い感じ。与野党の党利党略が優先されて国民の生活は後回し!国の借金も1,000兆円を超え何ら手を打ててない。

言うことは立派でもやることが伴わないと何ら意味がない。やりますやりますと嘘をつき自分の地位を維持のためだけに気を配り、大事なことは先送りではどうすることも出来ない。これでは将来を夢見る若者には気の毒である。次なる世代に借金は負わせられないと言いながら借金が膨らむ不思議をどう説明するのか。政治は判りません!選挙は人気取り合戦なのかも。これだから若者が選挙に行かない訳ですよね。心まで寒くなる、困ったものです。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:50| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

転換期

朝起きて屋外に積もる雪を見てはため息が出る今日の長岡です。気温は上がらず一日中マイナスとのことだけに道路も危険な状態です。パウダースノーだけに始末が悪いです。スコップにはくっつき投げれない、下地になる雪と一緒に始末をするのですが時間がかかります。除雪車の通った歩道には退けられた雪の始末もあります。春には融けるゆきですが、今は格闘しています。全くの無駄な努力を強いれている雪国です。

温暖化によって気象の動きも変わって来ているようです。本来越後は大雪で平野も山間部も動きが取れないくらいの積雪になります。今年は山間部に集中しているのが特徴的です。しかも、北日本に中心が移ったようで北信越では越・つまり新潟は軽い方のようです。特に長岡は無雪都市宣言の市ですから、除雪には自信があり道路確保で流通には困りません。新潟市には今までさほどの積雪がないだけに除雪機動隊が弱い分混乱を招くようです。

それは他の都市でも同じで除雪機動隊なるものが充実していないと、いざと言うときに力を出せません。気象の転換期でもあるのです。経済も転換期が来たようで日本は貿易収支が赤字になりました。災害続きが原因とも言われますが、円高・株安・デフレ・消費低迷と政府や日銀の無策でその方向へ行ったようです。特に日銀の発表はまるで学者の解説のようで結果論を重視しているようです。先の見通せないトップが日本の要に居るようでは先が思いやられます。

何も国全体のことだけではないのです。個々の企業や中小零細企業にも同じ転換期が来ています。老人社会で少子化社会、若者が就職できない社会となれば企業の先行きも暗黒の世界が待っています。悪くなれば創業精神に戻れとか原点に帰れとか言いますが、もうそんな甘いものではありません。新しく創業する気持ちで事に当たらないといけない時代になって来ています。生きるか死ぬかの瀬戸際と言って良いでしょう。自社確立となるとどうするか!これからが勝負であり問題のようだ。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:23| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

やはり豪雪

深々と雪が降ることは雪国では当然のことですが、最近それがないから良かったです。しかし、今日の長岡は朝には30cm程の雪が積もっていました。新潟県は南北に長い県であるだけに地域によって違います。今回の雪は下越・上越が多く中越つまり長岡はたいしたことはないのです。勿論山間部は多いですから比較にはならないでしょうが、まだまだと言って良いでしょう。

それでも十分豪雪地帯に違いはないですから注意が必要です。昨日の都会の混乱ぶりを見て雪国の人達は苦笑しています。関東方面に雪が降ると大勢のけが人やら事故がいつも報道されますが、日常の生活に入っている雪国では問題ない時期でもあるのです。しかし、凍結は危険なことに変わりはありません。冬支度と言って冬の備えをするのは危険回避なのです。(紅)

長岡の越後丘陵公園では、1月2日(月休)〜2月26日(日)の期間、「ホワイトシーズン」と題し、ゲレンデ(初心者用)や様々な遊び場がご利用いただけます。詳しくはhttp://echigo-park.jp/event/index.html 雪を楽しむことも大切です。豪雪とは言え逃げる訳にはいきませんから雪を楽しむ余裕が必要です。スキー・スノボ・雪合戦・雪だるま・かまくらなど楽しめます。(俊)

話は変わりますが、昨年末の公開から23日で1カ月が経過した映画「聯合(れんごう)艦隊司令長官山本五十六」が、五十六のふるさと長岡市で好調です。唯一、市内で上映するT・ジョイ長岡では、観客動員数が2万6373人(22日現在)で、配給の東映によると全国約300館のうちのトップだそうです。私も見に行ってきた一人です。まだの方2月中頃まで上映されますのでご覧ください。(頓)
posted by 紅屋重正 at 09:12| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

しゃっこい日

長岡の方言で「冷たい」ことを「しゃっこい」と言います。昨日まで緩んでいた冬の天候が一夜にして真冬となると寒いを通り越してしゃっこいとなる訳です。今日の長岡はまさにしゃっこい日となりました。気温は0度〜ー2度ですので道路も凍結状態です。数ミリの積雪は凍結した道路を隠し尚更滑り安くなるから怖いです。と言っても長年冬を経験しているから問題はないのですが、経験が浅い方々には辛い冬日となります。

今週は気温も下がり積雪もあるようですが、ほどほどにして欲しいものです。大寒から立春にかけていつも大雪が襲ってきますから油断は出来ません。大屋根の雪を降ろすか降ろさないかで費用が全然違って来ます。すでに大雪だからと言って大屋根に上がって雪降ろしなど出来ない身体になっています。腰は弱く腕は上がらず膝はガクガクではもう無理でしょう。そこを無理して行うと転落事故に通じます。くわばらくわばら!

しゃっこいとは凍みることを意味しますが、冷たい全般を表現しますから方言は難しです。晴れた日雪の反射がきついと言うのが「かがっぽい」です。これも都会では通じない言葉です。まぶしいをかがっぽいと言う語源がどこにあったか判りませんが良く使う言葉です。長岡の方言は語尾に濁音が入る事が多いです。そいが〜て(そうなんです)だめんが〜て(駄目です)「が〜」が付きます。意外と気をつければ標準語になるのです。

要は「が〜」を使わなければ良いのです。逆にが〜を付ければ長岡弁になるのです。そんげこと言ったってわからんこっさ、方言を書くことなんかだめんが〜て。きょうなんてしゃこいしさ〜ぶいすけん風邪ひくなの。書いてる自分もわからなくなります。方言は難しいですね。郷土の繋がりは方言から!これは間違いないですね。若い頃は東京の方ですか!などと聞かれたものですが、今や完全無欠な長岡人です。馬鹿ばっかしてんなて!だ〜すけんダメんがて。長岡をご理解下さい。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:30| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

雪昔話

ポツポツと雨が滴る今日の長岡はそんなに寒くは感じません。気温も1度前後ですから寒くても良いのですが雨になると意外と体感温度が違います。これに風が加わると途端に寒さをかんじるのですから面白いです。今週末から大雪が降りそうな有難くない予報が発表されています。寒気が南下して日本全体を覆うようですからかなりの覚悟が必要かも知れません。

冬の最後の足掻きかはたまた人間社会の混乱の前触れか!すでに山雪となっているので山間部は大雪に見舞われています。雪対策は人海戦術が主になりますから、お年寄りの多い村落は大変でしょう。最近は都会からボランティアの雪降し隊が来てくれているそうですから若者の行動に讃美を贈りたい。小生ももう年ですから雪に関わるには難儀です。長岡の多くは消雪パイプ頼みで何とか凌いでいます。

雪処理も無理をすると腰をやられます。手足の普段使わない筋肉が悲鳴を上げます。しかも、屋根は危険です。素人で年で足元がぐらつくようではしない方が良い。落下による死亡事故も少なくはないのです。この年まで幸いにして大屋根には上がったことがないです。(高所恐怖症なもので)38豪雪の時は家の前の電柱のトランスの脇に座れたものでした。勿論、家の前は雪だけしか見えず、トンネルで行き来したものです。

小中学の登校にはスコップ持参と言うこともありました。コンクリートの三階建てでも危険になり全校生徒で屋上の雪降ろしをやったことがあります。屋上から飛び降りる遊びが出来る位の積雪なのです。肝試しとかヤンチャな連中は飛び降りていました、今では考えられない量です。当然、おぼっちゃまはそんなことはしません。高所恐怖症なものですから出来る訳がありませんがね!その時、長岡市(県内のほとんど)は孤立状態でした。(紅)




posted by 紅屋重正 at 10:41| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

期待

気温がマイナスを抜け1度〜6度の今日の長岡は早朝霧が濃くもやっていました。今日は夕方から雨が降るそうですから日中は曇りで動きやすい日曜日になっています。正月行事から節分・立春へと移行する時期になりました。そうなんですもう目の前は春到来と言う感じになって来ました。来週は気候の変化が見られるのでまだ安心は出来ませんが気分は春に傾倒しています。

スポーツ界も賑わっているようです。テニスの錦織氏が面白い、今日はあの伊達さんとダブルスで試合をするそうで見ていたいです。日ハムだったダル君も新天地が決まり堂々とした会見で大物ぶりを発揮しています。松坂が帰って来れば米国野球も面白い。愛ちゃんは念願の日本一になったし、泣き虫から脱したようです。期待のかかる事が多い今年のスポーツです。

期待と言えば日本に目を向けるとどうも選挙が行われそう。政権交代の結果が散々なだけにどのような選択を国民がするかも面白い。面白いとは不謹慎な言い方ですが、興味があることになります。民主党も駄目・自民党も駄目その他の政党も期待薄となれば誰を選べば良いのか判りません。判っているのは人となりでしょうから地元の候補を丹念に吟味して選ぶことになるのでしょう。

今年の選挙はそれだけに興味津々になる訳です。友人が立候補するそうですから自然と応援することになるのでしょうが、清き一票を託して良いのか吟味せねばなりません。仲間の議員の活動は実際調べて見ると相当なもの、これでは暇がないし地元にもなかなか帰れない。報酬は決して高くないむしろ好きでなければ出来ない職業のようです。一途にやれる者が一番良いようです。口先三寸ではいけない、地元を無視するようでは困る。政治にも期待をすることが大きいだけに慎重な対応が必要でしょう。(紅)





posted by 紅屋重正 at 09:45| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

大寒なのに!

雨がシトシト降ってる今日の長岡はこの冬の姿ではない感じです。通常なら雨は全て雪になるのでしょうが、温暖化の傾向で雨になるのか!しかも、今日は大寒の日ですから本来なれば最も寒い日になるはずなのに珍しい天候です。市街地の積雪はドンドン融け出して歩道も歩きやすくなっています。こんな冬が続いたら雪国返上だ!

雪による労力はかなりの負担になる。雪害がなくなると嬉しいことで雪国の宿願であるのです。後は立春に向かってまっしぐらとなる訳で大寒は春の使いのようなもの!少し気が早いか。それとも天は我々を油断させてこれからドカ雪を降らせてお楽しみになるのか!そうだとすると天は天邪鬼と言える。果たしてどうなるか、人間の弱さにつけ込むかジックリ観察せねばならない。

泣く子も黙る代官!笑うに笑えない大寒!どちらも大差ないか。今の世の代官は官僚と言う名前に変えた怪物でしょう。まだ夢想たる大寒の方が良しでしょう。ん!訳が判らない。そう、書いてる本人も何が言いたいか判っていない。要するに、だいかんは影響が大きいと言うことで落ち着かせようとしています。ダラダラ文章はこうして生まれるのです。学生時代の答案用紙にダラダラ書き綴ったことを思い出す!

ブログ書きも長年やっていてもネタがないとなかなか書けない。大寒の説明をしても毎年同じになるので角度を変えて書いてはみたが、まとまらない。小説家やエッセイを書く人と違い語彙も豊富でなくやっとの気持ちで文字埋めをしているので馬鹿げた文章になります。早い話が頭の回転が鈍ったのです。普段頭の体操をしていれば良いのでしょうが、所詮ボンクラには無理なこと!今日もセッセッと文字埋めに精を出しているところです。やめれば良いのに、馬鹿だね〜!(紅)



posted by 紅屋重正 at 11:04| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ご注意あれ!

予報ではお日様が照る予定ですが、今のところは曇りの今日の長岡です。気温も0度〜5度ですから雪融けが加速しそうな感じです。凍結なしですから通勤も渋滞なしでスムースなスタートが切れました。日本海側がこんなですが、太平洋側は様相が違うようです。連続乾燥日に終止符を打ったまでは良かったようですが、降雪となると大変でしょう。舗道も車道も雪による混乱が見えるようです。

都会は雪に弱いようですから、凍結や降雪は事故につながります。本当にご注意あれでしょう。昔、浅草でブーツを初めて買った時本人としてはすごく満足したのですが、田舎に履いて帰ったら雪の対策のない靴だけに滑るは皮は痛むはで懲りたことがありました。都会の靴底は平らなんだと知ったときは後の祭でした。それ以来買い物が下手で臆病になってしまいました。馬鹿だよね!

注意と言えば、最近県内でもインフルエンザが流行って来ています。上越地区や三条地区から流行っていますが、長岡にもとうとう上陸したようです。一気に広がりますから気をつけないといけません。うがい・手洗い・食事・睡眠にご注意あれ!人のことは言えませんが、毎日宴会続きだと危ない状態です。喉・鼻に適当な湿り気が必要です。マスクの着用が基本的に良いようです。

基本的な生活態度が良ければ差程心配はないのですが、大勢の人が集まる場所は特に注意が必要です。感染は個人の責任もあります。手指洗浄・アルコール消毒は世の常識ですから心して日々を乗り越えねばなりません。体力勝負のところがありますから、普段身体を鍛えることと栄養を摂ることが大切です。ダイエットなどと言って偏ったことをしないように、普段通りで衛生に注意しながら生活下さい。(紅)





posted by 紅屋重正 at 09:21| 新潟 | 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

そろそろお疲れさん

今日の長岡は昨日に準じ晴れています。天気予報での概況を見ていても冬型から春に変わって来ている印象が強いです。まさかこの時期で春!大寒もまだなのに可笑しな天候です。しかし、晴れが続くことは幸いで雪の溶けかたも早いですから有り難いです。何と言ってもお天道さんの熱が一番早く強いです。今日の気温もマイナスを脱したから雪解けが加速します。と言っても油断は出来ません2月の豪雪もある可能性は残りますから。

ここの所、新年会続きとお葬式続きで身も心も懐もすっかり疲れ果てて来ました。まだ呑み会は続きますから身体を労わらないと後で難儀な思いをすることになります。判ってはいますが、付き合いは続くのです。ちょっと範囲を拡げると尚更宴会続きになりますからセーブをせねばなりません。ちょっと世間のお付き合いをしていると世の中のことに疎くなります。内閣改造がありユーロ安の円高、世界の経済がガタガタになって来ていることさえ気にならないから恐ろしい。

改造された内閣では新人閣僚の発言ミスがありました。無理もないでしょう、専門家でないのですから!今までの大臣とは当選回数が多く票集めが上手くて適当にやれる方がなるのでしょう。その適当な処理が上手いかヘたかで名を残す!官僚文の素直な奉読と言われた通りに行う行儀良さがポイントになるのです。持論を展開してはいけません。つつかれるだけですから。余計なことは言わず、余計なことはしない。これが立派なお大臣様なのです。

日本は戦後押し付けられた憲法で誤魔化しに誤魔化した法令作りのツケが今日的に固まったものですから動かしようがないのです。憲法改正は無理で米国の属国として生きねば先行きがありません!民主主義は形骸化し一部のリーダーが損得勘定で国を操る最高の出来栄えな国になったのです。そんな国での改革はありえません。だって、国民も疲れ果てて考えることも行動することも夢も希望もなくなって来てしまっています。それすらも判らない国民になったから影の指導者はやりやすいでしょうに!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:25| 新潟 ☀| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

天気晴朗

久々の青空は今年始めてのようです。朝の気温は低く風があったので凍結し心配しましたが、日中は7度まで上がり日差しが暖かい。本当に久しぶりな青空だけに気持ちの良い日です。これほど天候が心理的に影響するとは思わなかったが、気分の良い日になった。

8年前の新潟県中越地震で被災した旧山古志村の子どもたちが東日本大震災の被災地の学校を支援しようと、17日県庁で募金活動を行いました。これは旧山古志村、現在の長岡市にある山古志小学校の児童たちが中越地震の際、震災で被災した東北地方など全国各地から支援を受けたことを授業で知り、恩返しをしようと企画したものです。

昨日は阪神淡路大震災の日ですからどうも地震から抜け出せない。最近も細かな地震が続いているだけに不気味な感じがします。まさか南海沖地震の前触れ!今頃そのような大きな地震が来れば日本は壊滅でしょう。侮るなかれ地震はある程度被害を防げるもの。今まで以上の大きな地震でなければですがね。でも不気味な揺れ方が続くと恐ろしいことに変わりはありません。

備えあれば憂えなし。普段から考えておかねばなりません。いざと言うときにはすぐ行動出来るようにです。地震が起こると悲鳴を上げて座り込むようでは駄目なのです。いつどこで起きても冷静沈着な行動が取れるよう考えておくべきなのです。と、言う小生は中越地震の時は新潟へ行っていたので判りませんがね!多分そうあるべきと考えます。(紅・頓)





posted by 紅屋重正 at 15:32| 新潟 ☀| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

頑張る日本!

今日の長岡は曇りの日です。寒いことには変わりはありません。チラホラ雪が風に舞ってはいますが降ってる感じではありません。今日は時間がないので簡単に!

阪神淡路大震災から17年、もうそんなに時が経っています。中越大震災からも、そして東日本大震災と移っています。どの地震も被害が大きくそれに逢った人達の苦労は大変なものだったでしょう。

それでも復旧を成し遂げるのですから人間の力はもの凄いです。東北は厳冬下で二重の苦労をしているようです。中越地震の後も豪雪で大変でした。それにも負けないで今日があります。

東日本大震災は地震・津波・放射能と思わぬ大災害になり人生を狂わせた大きな爪痕が残っています。それでも生きなければならない人間の運命は強いものと信じています。

今は今は未来に向かって一丸となり復興をやり遂げることを望みます。政治・経済・教育・福祉等々どの分野も応援せねばなりません。これからの日本再生を皆で勝ち取ろうではありませんか。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:36| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

タイタニック

今朝の気温も低い、道路は凍結状態ですから危険です。今日の長岡の朝はいつもと変わらない冬の様相です。週明けですから通勤の車が混むくらいで何ら問題はありません。積雪も多からず少なからずで良しでしょう。このまま春を迎えてくれれば有り難いのですが、まだまだ2月の雪がどうなるか戦々恐々です。

イタリアの豪華客船座礁事故で思い出すのはタイタニックの沈没事故でしょう。まさに乗客も口を揃えてタイタニック状態を語っていました。何が起きても不思議ではない昨今ですから豪華客船が座礁したと聞いてもあまり驚かなくなっている自分に逆に驚きを禁じ得ない。へぇ〜!あっそう!何と無味乾燥な状態だろう。

しかもおまけ付きで船長が乗客を置いて先に避難した!との報道。さもありなん、昔の船長は船と共に最後まで頑張る!な〜んて現代では無理でしょう。義侠心もなければ自分のことで精一杯な現代人には。まだ救われたのは沿岸部であり完全に沈没しなかったから人命が救われたことでしょう。それでも無責任過ぎる。

今の世を現している顕著な事例でしょう。日本と言えば素人大臣に重要な懸案を任せてまた問題を起こす繰り返しを行っている。自分達の身を削っても何とかせねばと言う気概はない。人の懐に手を入れる事ばかりで何ら解決策は出て来ない無能ぶりを露呈しているだけ。これでは地球と言う乗舟も沈んでしまう訳でしょう。困った世の中になりました。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:06| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする