2012年02月24日

雨しと金

今日の長岡気温は高くはないですが、低くもない0度から3度の予報です。順調に雪は融けていますからこのままで良いのですが、欲を言えばもう少し晴れの日が続くと良いと思っています。週末の金曜日雨ではいささか元気が出ない。土・日には寒気が来るやも知れないとことだけに晴れは貴重です。晴れれば雪解けは進むし人の出も良くなる。あぁ!天気頼みの商売になっています。

気持ちとしては春になりました、いよいよ本格的にブライダルの納品が始まりました。3月になれば毎週週末には忙しくなるのですが、今年は少々遅いスタートのようです。婚礼の受注がピーク時と比べれば3割から4割減って来ています。結婚しない人が増えて来ているのでしょうか、少子化の影響はここにも来ています。ただそれだけで婚礼が少なくなった訳でない複雑な社会構造が気になります。

週末金曜日にデートする若いカップルの姿が見えません。おじさん相手のカップルが目立つ昨今ですから世の中どうなってしまったのでしょうか。女性の価値観の変化とも言えるのでしょうが、戦後の教育の歪みが現れて来ているようです。明日が見えない日本社会はどう進んで行くのでしょう。心配の種はつきません。橋下さんのように社会構造を変えないといけないのでしょうね。

小沢さんが言うように「国民以上の議員がいない」現実が国を困窮させているのでしょう。全てをご破産で初めからやり直しなどと言うのは無理なこと、せめてこれからの子供たちがまともでいられるように教育をしっかりやり直して欲しいものです。100年かかる日本の改革を今こそやらねばならにのでしょうに。誰か登場しないかと心待ちにしているのですが、難しいことなのでしょうね。再生日本を夢見ている私です。(紅)




posted by 紅屋重正 at 12:11| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

警報

今日の長岡は気温が2度〜7度だそうで、朝から雨模様です。雪は順調に融けていますから次の寒波が来てももう大丈夫でしょう。冬の終わり春の到来と言って良い状況です。大雪警報が何度も出た今冬はやきもきさせられました。費用がかかる雪降ろしは無事回避されたので長岡市街地としてはさほどの雪ではなかったことになります。累計積雪では何度か降ろさないといけない状況ではあったようです。

雪害はまだ続いているようです。北海道では空家の倒壊が多いらしい、東北では雪の処理に困っているようで雪にまつわる不便や不自由さはそこで生活していないと判らないでしょうから雪のない地方では何のことか!とお思いでしょう。まだ道路除雪が完全でないだけに車も歩行者も危険な状態には変わりありません。それでも大雪警報が出ないだけ結構なことです。

警報は別の形で出ています。インフルエンザが猛威を奮っています。新潟県内・長岡地区は子供が襲われています。学校や学級閉鎖が続いています。今年は香港A型とB型の流行だそうです。目には見えないウィルスは厄介です、手洗いやうがいである程度防衛できますが、何と言っても身体が資本です。栄養摂取や適宜な運動そして睡眠が重要になります。

円安・株高の状況になって喜ぶのは大企業だが、デフレを容認している日銀や何の対策も進まない政府に対してそろそろ警報が出ても良さそうなのに。気象庁のように簡単に警報が出せない政治経済に誰がそれを出してくれるのだろう。むしろ世の中が可笑しくなった状態自体が警報なのかも知れない。異常気象は地球の警報なのだろう。くわばらくわばら!(紅)







posted by 紅屋重正 at 13:40| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

恵みの晴れ

朝は靄(もや)が拡がって視界10数mと言った具合。太陽の光がオレンジに輝いて靄の中にありました。地表の温度との差が大きくガスがかかったような状態は時間とともに解消され、今日の長岡は快晴です。いつまで続くか判らない晴れではありますが、まさしく恵みの晴れとなっています。これで雪の融けるのが早くなります。雪に一喜一憂していただけにホッとする天候です。

朝の気温はマイナスのようですが、日中は5度位まで上がるそうですから期待出来ます。兎に角、早く雪が融けることを祈っている毎日ですから大いに助かります。それにしても道路の雪は困りもの、車線が少なくなって渋滞続きです。通勤の時間が読めないだけに苦労します。配送にも影響しています。除雪隊はどこに行ってるのでしょう。最近見ないのは予算がないからでしょうか。

今日のように晴れてくれれば問題なく、むしろ次の寒波まで予算は取って置いたほうが良いかも!日常は確保できているだけに多少の不便は容認出来るからです。国の予算を雪害対策に向ける方針は聞いたが実施はどうなっているのか判りません。国のやることは口頭パフォーマンスのような感じさえします。掛け声だけで本当に動いているのかしら!と疑いたくなるのは私だけでしょうか。

今や日本の景気は東日本だけに行っているようで、最近の円安や株高も大企業の喜ぶ方向でしょう。越後も良いところは良いが悪いところは悪い。関西以西はあまり良くないと聞いてますから、経済は不思議な動きをしているようです。大雪をもたらした所は厳しいようですが、もうすぐ春到来ですのでそれまで我慢すれば何とかなるでしょう。不沈艦日本はそう悪くはないはずですから!頑張りましょう。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:07| 新潟 🌁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

天国と地獄

昨日からの雨は雪に十分染み込み重くなっている今日の長岡の雪。屋根に積もった雪はかなりの重量です。まさかの倒壊!それは天国と地獄の境界のような心境です。気温はマイナス2度から4度ですから少しは融けてくれることを願っています。日中の雪の融け具合が全てを物語る状況です。家の室温を上げる努力もさることながら、兎に角雪が融けることが重要な時期です。先は見えてるもう少しの辛抱!

実名報道に変わった殺人犯、当時は18歳と一ヶ月の犯行でした。普通であれば無期懲役が妥当な事件ではあるように見えましたが、死刑が確定しただけに裁判も変わったと思わざるを得ません。基本的に人を殺したら自分の命で購う(あがなう)ことが必須だとおもっている私は問題ないと思っています。それはさておき、死刑が確定した本人には相当重い十字架でしょう。

最近の法務大臣は死刑執行を行いません。待たせている死刑囚はかなりの数になっています。毎日毎日いつ執行されるか不安でしょうに。まさしく天国と地獄の狭間な感じです。人としての生きる道が外れた人の運命は如何に!難しい選択でしょうが、地獄ツアーも然りでしょう。ただ、誰も天国も地獄も見て来ていないだけに判らないのですが、地獄は嫌だという感覚はあるのです。

人生どこでどうなるか判りません、陛下もその心境にあたったことでしょうが勿論天国方面行きでしょう。(不謹慎で済みません)いずれ来る死をどう受け止めるのか、各自難しく考えないで魂の通過時点と思い、常に魂の修行をすることが大切と心得ておれば良いのです。しかし、現世でいつも天国と地獄の狭間にいる私はまだまだ修行が足りません。最近はどうも地獄寄りで足掻いて(あがいて)います。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:47| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

寒の戻り

世界的に寒気が襲っているようで凍死者も多くなっているようです。日本は雪による事故が多いようで今年の冬は厄介でしょう。今日の長岡は朝の驚く積雪で明けました。寒の戻りか冴え返る日となったようです。「冴え返る 音や霰(あられ)の 十粒程(子規)」どころか完全に厳冬に逆戻りです。気温の方はマイナス2度から3度の予想ですから少しは雪が落ち着くのでしょうが、それにしても見事な積雪です。

雪対策予算も底を付き始めたのか、除雪が悪くなっています。だいたい週明けは駄目なのですが今日のような状態では早く対応が欲しいものです。除雪隊も大変でしょうが、市民の生活を守るためには一肌も二肌も脱いで掛からねばならないでしょう。実際やってくれる方々には感謝申し上げます。それでも不満があるのが身勝手な市民です。早く除雪してくれ、綺麗にせよ、道路や歩道を確保せよと賑やかなことでしょう。本当にご苦労様です。

「白日の 閑(しず)けさ覗(のぞ)く 余寒かな(水巴)」なんて言ってられない。もう余寒どころの情緒ではないです、「戻り寒 震える我が身の 冷たさよ(紅)」でしょう。いつまで続くか判らない今年の冬には参ります。青森では空き倉庫などの建物が雪の重みで倒壊したなどとニュースで聴けばさもありなん。我が家は大丈夫か心配になります。まだまだと頑張っているだけに危険が増します。本当にもうそこまで来ているはずの春なのに。

和生菓子もすでに桜の時期になりました。雪が多い時期に早くない!と思われるかも知れませんが、和菓子屋は季節の先取りをします。2月末から3月はもう桜の時期になります。桜が満開の時にはもうはや桜は終わるのですからややこしい。このような寒の戻りの時期には少し可笑しな季節感になりますが、暖かいお部屋で暖かな飲み物と一緒に春を味わって戴くのが一番至福の時でしょう。お雛様ももう飾ってあります。春を楽しむためにお店におこしやす!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:11| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

薄い!雨水

今朝起きたら外は一面真っ白になってる今日の長岡です。昨晩は夕方から急に冷え始めこれではまた夜中に積雪があるなと思っていた通りであります。15cm程度で良かったですが、まだまだ続くのでしょうか。今日は24節季の雨水の日、雪から雨に変わる季節なのです。実際にはうまく季節語通りになりませんから薄い言葉になってしまいます。それでも、季節が変わることに違いはないので良しでしょう。

昨日は国民全員が心配した天皇陛下の心臓バイパス手術が無事に終って安堵しました。これからも健康に留意して戴いて少しはのんびりした生活を送って欲しいものです。両陛下はいられるだけで国民の力になるのですから。最近の御公務が多いとの指摘ですが、何せ認証式が多いのも困ったものです。長期政権や安定政権になれば問題ないのでしょうが、あまりにも不安定過ぎます。

来年には任期が切れる国会の皆様、また認証式をやらねばなりません。ともすれば今年の夏かも知れませんから陛下に負担を掛けます。政治の安定は国民の願いなのですが、何せ嘘をついてまでやってる政党だけにたちが悪い。かと言って、そこのけそこのけ御馬が通ると言った具合の政党もいない。大阪発信の維新の会が旋風を巻き起こすかも知れないが!まだ海とも山とも判らない。

雪は積もると脅威に変わることは雪国では判っていますが、雨は集中して降らないと判らない。どちらも多く降れば凶器に変わるモンスターになります。地震・雷・火事・親父の時代から親父が消えて久しいですが、今は津波と原発事故でしょうか。どうにもならない原発事故には膨大な費用と時間が掛かるだけに慎重な扱いでないととんでもないことを誘発する。雪から雨へ水に流してなどと呑気なことは言っていられない現実があるだけにまた陛下の心の負担にならねば良いが。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:01| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

会合

昨夜から降った雪は20cm程積もったようだが、大した混乱もなく良かったです。今日の長岡は週末に来ている中の降雪だけに人の動きが阻害される。しかし、今日明日と長岡ハイブにて「雪しか祭」が開催され多くの人が楽しめます。雪のイベントとしては市街地最大の祭りになり、今晩は花火も打ち上げられ、雪と花火のコントラストが幻想的見えだけに若いカップルには至福な時間を過ごせるでしょう。

昨日は午後6時から仲間との懇談会を行い7時には別の仲間と勉強会10時には更に仲間同志の情報交換会と会合をこなした。何が一番良いかと言えば、仲間同志の交流が最高で楽しいです。時には一つの目標に向かって皆で走り出す、一献を傾け肝胆相照らすこともしばしば、世間の裏情報も伺い知ることが出来る。オフレコの話だから面白い。(書けない内容が多い!かも)

政治家の真の話は皆が聞き入る、医者の話は現実味がある、中小零細企業の経営者の話は世界の流れが判る、役人関係の話は日本の実態が判る。と言った具合で多種多様な話は時間の過ぎるのが早い。単なる会合ではありますが、掘り下げると日本を動かす原動力となるやも知れない。そのくらいの意気込みで話は進む、天下国家の話はまるで戦国武将のような気持ちになるから不思議だ。

老いて益々盛ん!よく考えたら歳は関係なく、気が大切であること。定年を過ぎた年齢ではあるが、まだ捨てたものではないようだ。ある面いきがっているのかも知れない。目標を持たないと生きる張り合いがなくなるからかも。何だかんだと言うばかりであるが、そうでないのが仲間の集まりでしょう。色々な会合に出てもストレスが溜まるだけであることが多いだけに仲間の会合は気が休まる。仲間との会合は最高!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:36| 新潟 | 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

再度大雪に!

今日の長岡はまた大雪に見舞われています。平地で50cm位の積雪があるやも、実際はシンシンと降る雪を見つめてこれで終わりますようと天に祈るだけ。昨日までに消えて道路も乾いていたのに今日は一面真っ白となる。雪国の宿命は延々と続きます。まだこれで終わったようではないだけに2月は恨めしい月になる。全く以て何ともし難い状況になっています。

春の音は聴こえていたはずなのに幻の如く消えてしまった。鶯の鳴き声も遠くになりにけりの心境です。今年は梅の開化が遅いそうです。その分冬が居座る感じなのでしょう。暖かいとか長閑とか言われる季節でなくなった今の春はいつまで続くのか、もう少し温暖になっても良さそうなのですが難しい。曇っていても確実に日の光は強くなった気がする。

白銀の世界とは言え光だけは強くなって来ている。目が痛い、サングラスがないと運転も侭ならない。道路が真っ白になると影が見えづらく危ない状況になるだけに陰陽をつけるためにサングラスが必要になる。勿論UVカットのグラスでないと目を痛める。雪国のもう一つ変わった些細な事象です。冬に日焼けをする、つまり雪焼けと言って雪に反射する紫外線のことです。

雪で良いことはスノースポーツ位であまり有難くないものです。雪の降らない故郷は雪に憧れを感じるようですが、雪国は雪をロマンチックに見ていない。毎日の天気予報を見ては降雪を心配し雪との格闘を意識し家族を守る手段をこうずることになる。良いことは何もないに等しい。ここに来てまだまだ大雪の予報だけにいささかうんざりしている越後情話であります。(紅)


posted by 紅屋重正 at 12:13| 新潟 | 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

フードファディズム

雪がチラホラ降り数センチの積雪がある今日の長岡の朝です。気温は低く寒い朝ではありますが、積雪が少なければ問題はありません。17日からまた寒気が押し寄せて来るようですが、雪はもういらないです。そう願っても天は容赦なく雪を降らせるのでしょうが、平地への雪はほどほどにして欲しいものです。週末の混乱は有難くない現象になります。

フードファディズムをご存知でしょうか。消費者がダイエットや健康に良いとされる食品に殺到する現象です。研究者がこれが良いなどと言うものならその商品が棚から姿を消す現象です。今度は「トマト」に来ました。自分自身が好きなトマトが一瞬でも市場から姿を消すことは有難くないです。トマトと言ってもほとんどジュースで飲んでいますから尚更です。手軽なダイエットになるのでしょう。

今までほぼ毎日トマトジュースを呑んでいましたが、あまりダイエットになった実感はありません。バナナダイエットの時もりんごも思った効果は得られなかった!一応世間並みに効果は試しましたが長続きしないのです。でも、トマトは違います。長年飲んでいますから効果があっても良いのですが有り得ません。所詮ダイエットはカロリー摂取を抑え適宜な運動を加えないと成り立たないのですから、大食漢で動かない私には無理!

早く皆さんが目を覚ましてトマトジュースがいつも置いてある状態になって欲しいものです。それと同時に進行している現象に「塩糀」がブームになっているそうです。糀が身体に良いと言うのと野菜が上手くなると言うことで静かなブームだそうです。大手饅頭も米糀で作っていますからブームの一端に乗っかって欲しいものです。元々美味しいものですから延々と販売出来ている商品ですから問題はありませんがね。食品は原材料表示をよく見て選んで下さい。そこが大事なことですよ。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:48| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

今頃!

雨がシトシト降る今日の長岡です。雪がドンドン融けていますから恵みの雨になります。リスクもあります、雪に水分が含まれ重くなります。新雪の3倍の重さになるから積もった雪の高さだけで判断は出来なくなります。それでも1m位の積雪になっていますからこれで雪降ろしは回避できそうです。気温もマイナスにはなりませんから融ける速さも加速されます。春を引き寄せねばなりません。

昨日日銀がインフレ目標導入の発表がありました。実に遅い発表ですが歓迎されます。しかし、やはり学者の集まりだけに思い切った数字にはなりませんでした。今までの穴埋め程度ですから何も変わらないでしょう。今頃この程度の数字でデフレを克服出来ると思っているのだから不思議です。数字の根拠が明確でないだけにどれだけの効果があるか判らにのも事実でしょうが、もう一歩踏み込めないと改善しないでしょう。

誰でもそう思っていても日銀だけはそう思わない。政府と一体化しての金融政策でないといけない、なんて言い訳にしか聞こえない。米国の政策もインフレ怖さに2%目標とトーンダウンしている。日本も2%目標にせねばプラスアルファーの効果が期待できない。何をやるにも時期が大事で少し遅きにしかずでしょう。資金の用意があっても借りる側の体力が残っていない。あれは大企業向けの融通でしかないようです。

早い話が、中小零細企業や国民切り捨て政策なのでしょう。昔の勘定奉行と大店の結託みたいなもの!わるじゃの〜と言われても仕方ない状況でしょう。金融政策は額とスピードが必要なのにのんびりしたことだこと。高収入な方々ほど危機感は感じないのでしょう。羨ましいお話です。東日本大震災から11ヶ月過ぎて漸く復興庁が動き出すのですから大したもの。とっくに復興開始していると思っていたらまだだったなんて復興大臣も大変だ!(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:59| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

聖 バレンタインデー

曇り空の今日の長岡は朝はチラホラ小雪が舞っていましたが積もるほどの勢いはありません。風に揺られて天上から舞って来たのでしょう。この程度の雪は情緒を感じ詩の一遍にもなります。ドカ雪や豪雪では戦いのイメージしか沸きません。週末に寒気が来るようですが、もうここまで来れば春に取り込まれ雪も水に変わるでしょう。

今日は聖バレンタインの日です。日本ではどちらかと言えばチョコレートの日と言った方が良いのでしょう。昔はそれこそ男の子は何個女子から戴いたかを自慢するのですが、昨今は事情が変わって来ているようです。女の子同士で友チョコやら訳の判らないやりとりがあるのだそうです。また、チョコメーカーの仕掛けでしょうが、企画力はすごいです。

もうチョコのやり取りも卒業した身なれば今日の日は意味を持たないが、ひょっとして義理でも戴ければ嬉しいだろうに!気配もない。その代わりホワイトデーやオレンジデーも関係ないから良いのか悪いのか!良しとしよう。ホワイトデーは少しづつ浸透しているが、オレンジデーはあまり聞かない。柑橘農家組合が4月14日に果物で愛を確かめ合って欲しいと制定したようです。

昨今のイベントは笛を吹けど踊らじのようだが、それもそうでしょう少子化の影響で踊る子が少なくなっているからかも知れません。職のない若者が増え、結婚しない若者が増えているこの時代、浮かれている訳にはいかないのでしょう。夢も希望も与えられない日本の政治では益々落ちて行くのでしょう。今日は自分でチョコを買い静かに味わってみよう。(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:01| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

天気晴朗なれど

気温が上がって来ている今日の長岡は快晴です。2月前半は吹雪と降雪で交通網は麻痺し家庭のイベントも延期が続き雪対策に明け暮れる毎日でした。ようやく陽の目を見ることが出来た。太陽の姿は眩しく輝きがあるだけに地表の雪も融け始めている。この調子でドンドン融雪が進むことを願うばかり。次の寒波が週末に来るようでも融けた雪の上に新雪が積もってももう怖くない。

怖いのは表層雪崩ですが、街内は大丈夫だけに太陽様様の感じです。喜んでいると直ぐ様、太陽は雲に隠れてしまうので知らん顔して北叟笑んでいたい。どの位融けるか楽しみな訳ですが、あまりにも楽しみのレベルが低いことが気になる。天気が良いと雪による光の反射が目に痛い。サングラスをしないと目をやられてしまう。雪目現象は怖いのです。眼鏡をかけている私にもキツイ光です。

今までは調光レンズを使っていたので心配はなかったのですが、今年壊してしまい普通レンズで我慢していました、ほんと目に悪い時期になりました。外から家(会社)に帰ると一瞬目の前が真っ暗になります、目の内部に影響大の反射です。天気が良ければ良いで問題発生になるから困ります。早速サングラスを用意せねばなりません。ただ、サングラスをすると怖い感じになるようで誰も声を掛けてくれなくなります。

ファッションにこだわるタイプではないのであまり気にしない方ですが、ヤーさん見たいと言われるのには閉口してしまいます。こんなに可愛い姿なのに!と自分では思っているのですが駄目でしょうかね。(知っている方々からは駄目と言われる声が聞こえるよう)幼いときはおぼっちゃまで、青年期はいい人と言われ、壮年期は別人と言われ、老齢期になるともうどうでも良い事だけに、関係ないか!今日もくだらないこと書いている私でした。(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:27| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

連休でも

今日の長岡は曇りです。昨晩からの積雪も少ないだけに助かっています。これ以上の積雪は市民活動を阻害します。実際は交通網の混乱を招いているだけに商業・経済活動は停滞気味になっています。祝日が土曜の為連休効果も出ません。しかも、嫌な雪処理で貴重なお休みが重労働に変わろうとしています。

この連休に法事や祝い事を行う予定の方々も大雪の為に延期やら中止をせざるを得ない方が出ていますから困ったものです。恨めしきかな今年の雪は!雪害は実質的に迷惑をもたらしますが、まだ命までは取ろうと言う段階ではないので許せます。しかし、山間部においては表層雪崩が起きやすい状況になっているので注意が必要でしょう。

雪の力は大きいのです。足元50cm位埋まると大の男も動けないくらいの圧力と重力が加わります。屋根から滑り落ちる雪の塊は非常に危険なのです。橋が壊れたり家屋が倒壊するニュースは珍しいですが、起きうることなのです。我が家もそろそろ危険な状態ですが、まだ我慢しています。周りの家家も戦々恐々で誰かが行うと一斉に雪降ろしが始まりますがそれまでは我慢比べです。

連休になってあちらこちらで諦めたように雪降ろしが始まります。すでに降す場所のある家は何回か降しているそうですが、まだ初めて雪降ろしを行う家は費用がかかり大変です。街内は降す場所がないためダンプ横付けでやらねばなりません。道路確保もありますから勝手に降す訳にもいきません。この辺が難しいところなのです。もうちょっとすれば融けてなくなる雪なのですが!恨めしい雪ですよ。(紅)




posted by 紅屋重正 at 09:34| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

八紘一宇

ようやく晴れ間が来た、164cmの長岡市街地の積雪は屋根に重く伸し掛っています。今日の長岡は時折青空が見える曇りの日になっています。気温は高くなく雪の融けるスピードが遅いので次の寒波までにある程度融けてくれないと困ります。地熱が低いだけに雪の処理も進みません。道路は相変わらずガタガタのところが多いようです。

今日は建国記念日です。戦前は「八紘一宇(はっこういちう)」と言って軍国主義のスローガンに使われましたから、今の若い世代には馴染みのない言葉です。日本建国の主義である「道義的世界統一」を意味することです、平たく言うと「世界は一家、人類は皆兄弟」という意味だそうです。戦前は日本の国さえ良ければ後はどうでも良いような使われ方をしたようです。詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%B4%98%E4%B8%80%E5%AE%87

建国と言えば、西暦紀元前660年「皇紀1年」2月11日に初代天皇神武天皇が即位したことから始まります。今年の西暦2012年は皇紀2672年となります。馴染みのないことではありますが、これもちょっとチェックしておかねばなりません。http://3rd.geocities.jp/jcon_tline/02/k/k21.html 昔は紀元節としていましたから祝祭日の一つでありました。休みが多ければそれで良いと考える現代人には祝日を考える良い日でしょう。

八紘一宇では天下を一つの家にするとの意味ですが、残念ながら難しいことでしょう。人間社会は思想や宗教や考えが違う人の集まりだからです。理想は良いのですが、現実は難しいことになります。未だに戦争や紛争が絶えないのは一つにまとまることが出来ない人間の性(さが)だからでしょう。話ば判る人ばかりではないと同じなのです。(紅)

posted by 紅屋重正 at 10:01| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

雪・ゆき・ユキ

シンシンと降る雪は怖い。朝になると歩けないほどの高さに積もっている。今日の長岡の朝はそんな感じでした。屋根に高く積まれた雪はずっしりとした重みを家全体にのしかかる。歩道は雪で埋めつくされ車道もガタガタ道へと変身する。渋滞が発生し車の行き来に時間がかかる。本当に無駄な現象ではあるが無視できない雪です。会社に入る前に雪ほげをせねばならない。年寄りにはキツイ作業です。

新雪はまだ軽いから扱いに楽なことは楽なのですが、ちょっと構わんで置くと重い雪になってしまいます。この感覚雪国の人にしか判らないでしょう。長岡市全体に災害救助法が適応になりました。除雪ひとつでも予算のいることですから助かります。10日がピークだそうですが、来週末もまた寒波が来るようです。そろっと勘弁して欲しいものです。もう雪も散々になって来ました。大屋根の雪降ろしをまだしてないだけに困った!

昨日は北陸瓦斯さんのセミナー懇親会に出席して来ました。GHP〜ガスヒーとポンプ(ガスヒーポン)のことを教えて戴きました。CO2削減や電気使用料の抑制と機器そのもの良さはさることながら、ランニングコストや設置費用の具体化の話がなく惜しかったです。後で担当が説明に来るのでしょうが、良さは兎も角コストが大切なことを判って欲しいものです。和気あいあいの懇親会で昔の日の丸会社のイメージを払拭したのに驚いています。

国会開催では予算委員会でのやり取りを聞いていても答弁側の不勉強が目立つだけで面白みもなくなっています。今年は雪害が大きいだけに予算執行を決めて実施して欲しいものです。電気料金の馬鹿な値上げや公共料金の値上げばかり承認していたのでは国民は怒るだけ。日銀の学者は早期退席して戴き実質行動出来る方に変わって欲しいものです。親方日の丸はもう通用しない世の中のはずなのだが!小狡い官僚や口だけの学者の時代は終わりでしょう。(学者が全部駄目と言っているのではありません)(紅)




posted by 紅屋重正 at 11:30| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

白一色

トンネルを抜けない越後は白一色になっています。まさしく白銀の世界でありますが、現実的な生活に影響が出ています。昨日から振り続ける雪はあっと言う間に30〜40cmの新雪となりました。怖いのは表層雪崩が起きないかです。山間部や裏山から雪の塊が滑り落ちて来る現象は洪水や津波と何ら変わりがありません。被害が出ないことを祈るだけです。今日の長岡も朝からまだ雪は止みません。

10日頃がピークの降雪は今や市民生活を脅かしています。気温も上がらないですからなかなか融けない状態で降るだけ積もります。130cmを超えて来ましたので、市内もそろそろ雪降ろしをせねばならなくなっているようです。限界は150cmですから危ない領域に達しました。そこに来て、昨夜の9時頃佐渡方面の強い地震です。普段なら大した問題ではない地震でも屋根に雪が積もっていたのでは危険極まりない。

揺れの最中に考えてしまいます。地震の大きさ・揺れ方でどうするべきか。長岡では震度3程度ですから地震が起きたと時点で大丈夫と思いました。下から突き上げるような地震だと危険ですが、カタカタと鳴り出す地震はまだ大丈夫。まずはパニックにならないこと、状況を見極めること。地震速報と同時の揺れだけに震源地が近いと考え少しは身構えていました。外は白一色だけにすぐに屋外に出る気にならない。

50年位前に小国地震が冬にあり倒壊した家屋があったと記憶してます。その年も大雪だったようでした。雪国の地震は冬場の積雪がある時が怖いです。木造の家ではギシギシと家が音を立てます。不気味な音だけに恐怖は言いようのないものです。音が出ている間はまだしも一瞬でボキ・グシャと倒壊は始まります。まず生きてはいられないでしょう。そんなことのないよう神や仏に祈願するのです、家内安全と。それしかないでしょう。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:17| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

可笑しな話し

春を思わせた昨日までの天候と一変して冬に逆戻りの今日の長岡です。朝から多くはないけど雪が降り続いています。折角半分に減った雪の上に今まで積もっていたくらいの量になってしまいまいした。2月は難しい天候になります。街内ではまだ雪降ろしをする程でないと思っていますが、このまま降り止まねば考えないといけません。毎日屋根を眺めての暮らしです。木造の家で古いものですから尚更危険が多いのです。

ある時計屋さんに持ち込まれた珍しい貴重な時計の修理をその店の主人が腕をふるえると喜び仕事に没頭した!時間も忘れて・・・時計屋さんなのに。と言う小話がありますが、国の大臣が好きな珈琲を国会では珈琲を飲まないようにするなんて答弁!これも小話の一つでしょう。世の中全てが可笑しな方向へ行っているような感じは誰にしもあるのでしょうが、可笑しな現象ばかりだとどう捉えたら良いか判らなくなります。

受注が多い葬儀関係は結局お馴染みさんが減ることを意味する可笑しな現象です。安かろう悪かろうと言った品物でもそれだけしか食べないとそれも美味しく感じる現象!もののない時代にはあったことですが、現代にも現れている。世の中豊かになったと思っていたら心は貧困になっていると言う。何か歯車が狂って来ている現代をどう修正して良いか判らない指導者達。そんなことが起こっていると判っても何も出来ないでいる。

あぁ〜!この世の中どうなるんでしょう。予測がつかないことばかりであるのは天候も一緒でしょう。大地震の後の冬は大雪(豪雪)と言うけど、どうせなら大雪の後に大地震が来る方が判り安いのに!(不謹慎でした)何れにしても、どうも可笑しな現象が多いようです。全てがアテンション(興味、関心、注目のこと)に与えするのでしょうが、選択は難しいものです。余程しっかりとした能力を持たないと間違いを起こしそうです。・・・やっぱり可笑しな話しになってしまった。(紅)




posted by 紅屋重正 at 13:58| 新潟 | 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

緩む

今日の長岡は朝から雨が降っています。気温は2度〜5度とのことですから雪にはならないでしょう。昨日から緩んだ天候は雪を融かしてくれます。雪降ろし一歩手前まで来ましたが、これで次の寒波も乗り切れるでしょう。今日の夕方から雪に変わるとの予報ですが、外れることを願っています。新雪が積もると多い感じになり締まると意外に少なく感じます。それでも重さは締まった方が重いようですから注意が必要です。

長岡の近辺の積雪は記録されています。http://www.bousai.city.nagaoka.niigata.jp/modules/bwiki/index.php?plugin=attach&refer=%C0%D1%C0%E3%A1%A6%B9%DF%C0%E3%A4%CE%BE%F5%B6%B7H23&openfile=%CA%BF%C0%AE24%C7%AF1%B7%EE%A1%A1%B9%DF%C0%E3%8E%A5%C0%D1%C0%E3%BE%F5%B6%B7.pdf 1月の積雪状況です。やはり今年の雪は山雪で市内でも格差があります。天候が緩むと怖いのは雪崩です。秋田の温泉で表層雪崩がありました。そのような危険は雪国ではどこでもあるのです。

雪の事故で亡くなられた方も出るのですから、やはり闘いになります。長岡では死亡1名・重症5名・中等症11名・軽症23名・非住宅での全壊1棟・一部損壊1棟の結果が出ています。侮るなかれ雪害による損失は馬鹿には出来ないのです。先週までがピークの降雪でちょっと緩むとすぐに消える雪ですが、長岡の現状を視覚出来ます。http://www.kishou.city.nagaoka.niigata.jp/camera/guest/ 元々は川の氾濫監視ですが、雪の状況を見て下さい。

白銀の世界とか雪国情緒とかのイメージを崩して申し訳ないですが、雪国は毎日闘っているのです。これから益々高齢老人化してくる社会で少子化となると自然との闘いに勝てるかどうか判らない状況になります。都会の若者や自治体のボランティアが助けてくれる世になっただけでも有り難いものです。長岡の小国地区へ埼玉の市の職員さん達が雪降ろしを手伝ってくれました。ただただ感謝の一言です。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:03| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

陽景

今日の長岡の朝は寒いです。今日の気温はマイナス2度ですから路面も凍る状態で危険があります。昨晩から放射冷却で朝は凍みたようです。しかし、今日の気温は8度まで上がる予報ですから雪解けが早まることでしょう。日差しもあり陽景は出来上がった。陽気の良い日は春を思わせる。残念ながら今週中にはまた寒波があるといいますから一時の春陽景を楽しまねばなりません。

薄氷(うすらい)の時期だけにまだまだ寒いのは仕方ありません。春寒料峭(しゅんかんりゅうしゅう)春が立ってのちの寒さのこと。今年は山雪で県境当たりは豪雪になりましたが、もう春も目の前だけに直に春一番もやって来るでしょう。春の言葉が出て来るだけに気分も浮かれます。ただまだまだ「春寒し 泊瀬(はせ)の廊下の 足のうら」(太祇)と言ったところでしょう。

雪もドンドン溶けてくれれば問題はありません。屋根の雪を見ながら降ろすべきか降ろさなくて良いか毎日悩むところですが、ここに来て陽気が良いと良かったと思うのです。費用が違いますから、街での雪降ろしはかかるんです。自分では出来ません、高所恐怖症に近いこと、雪の始末をやる体力がないこと、降ろした雪はダンプ(車)で捨てねばなりません。簡単には出来ないのです。

どんなに春を待つかお判りになるでしょう。寒いのが嫌いな性質(たち)ですから尚更です。は〜るよこい、は〜やくこい!とまた歌ってしまいます。春の響きは良いですね。この時期だけは温暖化結構となりますが、それではいけないのですよね。小事にかまけて大事を見失うようではいけませんが、日差しが入って来ると身体も心も軽くなったような気がします。蕗の薹の顔が見えるようです。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:55| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

風雲渦巻く

今日の長岡マイナスの気温とは言え雪の緩みを憶える感じのスタートです。立春が過ぎたのでもう春到来と期待をしたいところが週明けの中日に寒波がやって来るそうです。それまでにどれだけ屋根の雪が融けるかが重要です。長岡の積雪は昨日までに122cmですから大屋根の雪降ろしはギリギリ免除になるかと言うところだけに心配です。雪が舞う風花の如くなどと優雅な気分にはなれない。雪を運ぶ風雲はどうなるのか!

風雲は何も気象だけではないようです。国会再開で防衛相一斉攻撃が始まります。防衛相だから防ぐことは専門家ですから大丈夫でしょう。知識・教養・経験と言う武器があれば応戦出来る訳ですが、それがないと火達磨になるでしょう。攻防が面白いと言うと失礼に当たるか!一国の防衛大臣が負けるようでは日本は裸同然になってしまう。防衛省幹部の臨戦態勢は大丈夫なのか。

大将を置いて逃げる兵隊なのか、後ろから撃つほうか!防衛省はどんな選択をするのでしょう。現場の自衛官は賞賛に与えする活動を行っているのにトップクラスは何やってんだ!と言いたくなるのは私だけでないでしょう。大将の資質の問題があるだけに防衛省幹部の責任とも言い難いだけに大変でしょうね。それでも大事な問題は単に資質の問題では済まされない。今や国が丸裸になるかどうかの瀬戸際なのだから。

武官は大丈夫で文官が駄目なのか!文民統制・シビリアンコントロールとは民主主義国における軍事に対する政治優先または軍事力に対する民主主義的統制をいうが、これでは不安を増長するだけ。お隣の大国は勝手にガス田を開発してすでに生産しているのに抗議だけで何も出来ない日本の防衛である。世の中混沌として来ているだけにまさしく風雲渦巻く時代です。おぉ〜い!本当にこれで良いのか?日本は大丈夫なのか!心配になってしまう。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:32| 新潟 ☁| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする