2005年11月05日

「柴の雪」と「里時雨」

霜月限定の棹状のお菓子をご紹介します。
初雪を待つ間のひとときにいかがですか?

お好みの厚さに切って、お召し上がりください。
どちらも、しっとりとした触感と淡い甘さが
この季節にぴったりです。


【柴の雪】
 栗蒸しようかんとカルカン(卵白でつくったスポンジ生地)を
 組み合わせたもの。 630円(税込み)

柴の雪 柴の雪パッケージ

【里時雨】
 蒸しカステラと浮島(和風のパウンドケーキのような生地)おw
 組み合わせたもの。 630円(税込み)

里時雨 里時雨パッケージ

お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
posted by 紅屋重正 at 20:52| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ICU饅頭その2

このICU饅頭は昨年からこのICU祭の時期にICU同窓会さんが
特別にICUキャンパスで販売しています。
今年は、昨日と今日の2日間で400個が完売!
かなりびっくり・・・

ICUキャンパス

実は、去年は注文をいただいた後に中越地震で
関越道が通行止めになってしまいました。
なんとかお饅頭はおつくりすることができましたが
発送手段がなく、長岡から三条へまず運び、
そこから北陸道を通って東京のICUまで配送する、
という長旅をいたしました。

来年はどんな思い出がつまったお饅頭になることでしょう。

posted by 紅屋重正 at 17:41| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ICU饅頭

10月29日、30日の週末、東京都にある国際基督教大学の学園祭で
ICUのロゴマークの焼印を押した特製の酒元饅頭を販売しています。

ICU饅頭
posted by 紅屋重正 at 11:00| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

お茶会用の菓子

本日、お茶会にお出しする御菓子をご紹介します。


【甘露】

甘露

宗偏流 古川先生のお席にお出しする、蕎麦薯蕷饅頭です。
中には小倉餡が入っています。


【秋色】

秋色

宗偏流 岡地先生のお席にお出しする御菓子です。
蒸し生地に小倉羊羹をはさみました。


【紅葉煎餅】と【ひさご】

紅葉煎餅とひさご

裏千家淡交会 板倉先生のお席にお出しする干菓子です。
紅葉煎餅は、おぼろ種の煎餅に橙色の餡をはさみ、紅葉の焼印を押しました。
ひさごは、寿甘(黄な粉)を煉り、瓢箪型で抜いたものです。


posted by 紅屋重正 at 09:08| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

水花火

大手饅頭とならんで、紅屋重正のオススメお菓子のひとつに、水花火があります。
卵と粟を寒天で固めた茶菓子です。

この水花火を長谷川伸先生(主な作品は、戯曲「瞼の母」など。大衆文芸を盛り上げたた作家)が句に詠んでくださっています。

 ある人に秋は送らむ水花火

長谷川先生の句
posted by 紅屋重正 at 09:10| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

菓子まつりに出展したお菓子

週末に新発田市で開催された菓子まつりに出展したお菓子の写真です。

※盆景

秋の盆景

※工芸菓子【松と牡丹】

松と牡丹
posted by 紅屋重正 at 01:09| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

秋分

9月23日(金)、本日長岡市民茶会が開催されました。
紅屋重正では、アトリウム長岡会場で行われた宗偏流審心会の
お席の茶菓を提供いたしました。

【秋分】
 月を表現した淡い黄色の淡雪羹にすすきの焼印を押しました。
 秋深い野を照らす月の冴え冴えとした光を思い浮かべていただければと願います。

秋分
posted by 紅屋重正 at 21:57| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

秋限定のお干菓子

お月見も終わり、いよいよ秋本番です。

【みのりの秋】
 この時期から紅葉の季節が終わる頃までのお干菓子です。
 秋ならでは、栗、まつたけ、紅葉、桔梗、柿などの形に
 かわいらしく和三盆を固めました。

みのりの秋

 お値段は、1セット735円(税込み)。
 お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
 
posted by 紅屋重正 at 03:37| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

豆大福

やわらかいお餅で北海道産の上質な小豆で炊いた小倉餡をくるみました。
お餅の中に時々顔をのぞかせている豆の触感と香ばしさもまた格別です。

秋風を感じ始めると、お茶の時間に餅菓子が恋しくなりませんか?

豆大福

お値段は、1個150円(税込み)
お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
posted by 紅屋重正 at 13:16| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋彼岸限定お菓子

9月17日(土)〜9月23日(金)の秋彼岸の期間中のみ販売しているお菓子のご紹介です。

【彼岸だんご】
 お彼岸用や、明日18日の仲秋の明月のお飾りにどうぞ
 お値段は、1パック(ピンク9と白9のだんご18個入り)525円(税込み)

彼岸だんご

【おはぎ】
 丸いかわいらしいおはぎです。
 小倉餡、黄粉、ゴマの3種類入っています。
 お値段は、1パック(小倉2、黄粉2、ごま2の6個入り)630円(税込み)

おはぎ

お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。


posted by 紅屋重正 at 13:06| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

水花火と小豆羊羹

細いタイプ(中棹)の水花火と小豆羊羹のセットです。

秋のおやつ

水花火
 たまごの風味と粟のぷちぷちとした触感が面白い粟羊羹の一種です。
 お茶席で珍重されています。

【小豆羊羹】
 北海道産の小豆を丁寧に炊いた餡を寒天で固めました。
 砂糖と水飴で滑らかな甘さに仕上げました。

水花火セット

水花火と小豆羊羹のセットのお値段は、1,050円(税込み)
お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
posted by 紅屋重正 at 08:49| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

工芸菓子 - 桔梗

長岡駅構内にあるCoCoLoの中の越後のれん用につくった工芸菓子です。
秋の七草のひとつ、桔梗です。

桔梗

桔梗といえば、9月限定のお菓子(和生菓子)も販売しております。
詳しくは、こちら
posted by 紅屋重正 at 22:03| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

きんつば

シンプルな和菓子の代表選手のひとつ、きんつばです。
でも、紅屋のきんつばはちょっと違います。
小豆あんを包んでいる薄皮がないのです。

北海道産の上質な小豆を寒天で固めたそのままの状態なので、
小豆本来のおいしさだけを味わえます。

きんつば

お値段は、1個150円(税込み)
お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
posted by 紅屋重正 at 12:25| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工芸菓子 − 錦秋

紅屋重正本店のショーケースの中に飾っている工芸菓子が新しくなりました。
錦秋の情景、です。
もうすぐ、秋本番でしょうか。

錦秋
posted by 紅屋重正 at 07:48| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

お月見の干菓子

9月18日(日)まで販売予定のお月見用の干菓子のご案内です。

【月見】
 四国香川県産の上質な和三盆を固めました。
 和三盆のやわらかい素朴な甘さが、お口の中でふんわりひろがります。

和三盆でお月見

お値段は1箱 735円(税込み)。
お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。

月見干菓子外箱 月見干菓子内容
posted by 紅屋重正 at 11:15| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

「秋の袖」と「十三夜」

長岡もようやく朝晩は秋風を感じられるようになりました。
温かいお茶に添えて、秋らしいお菓子はいかがですか?

お好みの厚さに切って、お召し上がりください。

【秋の袖】
 栗蒸し羊羹。一棹840円(税込み)

秋の袖

【十三夜】
 白羊羹とカステラを流し合わせました。一棹630円(税込み)

十三夜

秋のお菓子

お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。
posted by 紅屋重正 at 22:20| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

月見月の生菓子

 9月18日(日)まで販売予定のお月見用の生菓子のご案内です。

【月兎】
 うさぎの顔の薯蕷饅頭です。中はピンク色の漉し餡が入っています。

月兎

【月影】
 こなし生地と呼ばれる白餡に小麦粉と餅粉を入れ蒸しあげた生地で黄味餡をくるみました。

月影

【月に雁】
 小豆羊羹です。黄味餡のお月様が浮かんでいます。

月に雁

【月見団子】
 新粉のお団子の中に小豆漉し餡が入っています。

月見だんご

 お値段は1個 210円、 4個セット 924円、いずれも税込みです。
 お問合せは紅屋重正本店(電話0258-32-1456 午前9時〜午後6時)までお願いします。

月見月のお菓子

posted by 紅屋重正 at 08:51| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

工芸菓子 - 豊作

 本店内のディスプレイ用の工芸菓子が新しくなりました。今年も豊かな実りが授かりますように。

秋の盆菓子
posted by 紅屋重正 at 10:00| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

月見餅

 お盆の間中、雨でした。
ちょっと憂鬱な気分は、テーブルの上のお月見で晴らしませんか?

お月見

【月見餅】
 暦の上は秋、というこの期間だけ販売しております、黄身餡のおだんごです。
真っ白でやわらかいシン粉餅の中から、鮮やかなお月様色が現れます。
1パック(5個入り)651円(税込み)

月見餅 月見餅中身
posted by 紅屋重正 at 10:18| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

干菓子

 和三盆糖でつくった干菓子に、中国茶(西湖龍井)をアイスティーにしたものを添えました。

和三盆 干菓子

ひらめき冷たい緑茶をおいしく入れるコツ

<用意するもの>

 緑茶、お湯(軟水を沸かしたものの方がおすすめ)、氷
 急須、湯さまし用の器(茶海など。マグカップでも代用可)、グラス

<淹れかた>
 
 @ 茶葉は多目に急須に入れましょう。
   一人分だったら5g位。2〜3人分だったら10g位を目安に。

 A お湯の温度は60℃〜80℃。ポットや魔法瓶のお湯を使うときは、
   用意した湯さましにいれて、温度を調節しましょう。
   マイルドにいれたいときはぬるめに。渋みが好みの場合は、熱めに。

 B @にAのお湯を注いで、茶葉が広がるまで1分少々待ちます。*

 C 湯さましにお茶を注ぎきります。最後の一滴まで注ぐこと。

 D 氷を入れたグラスにCのお茶を注ぎ分けます。

 *2煎目、3煎目はお湯を入れてから10秒位で大丈夫。

ひと手間かけてみませんか?ちょっとおやつの時間が優雅になりますよ。

 
posted by 紅屋重正 at 17:10| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする