2006年07月08日

小暑過ぎ

朝から雲行きがおかしい!今日は降るのかな・・・
小暑の昨日は蒸し暑かった。今日からは暑中となる。

皆様暑中お見舞い申し上げます。

本格的なお中元のシーズンになる訳です。
弊社の品物は夏商品も多く取り揃えております。
気軽にご相談下さい。

夏菓子、冷夏菓子・・・・と言えば
水花火です。
卵を主原料にしたお菓子です。
卵は通常熱を加えると固まります。
水花火は特殊加工で固めないのです。
寒天・砂糖・液糖・卵・粟・着色料クチナシンの原料です。
砂糖と一口で表現しておりますが、実は内緒ですが・・・
グラニュー糖とトレハロースを混合した砂糖なのです。
トレハロースは身体に良いことは判っています。
特に骨を丈夫にしてくれる効果が大きいと言われています。
このトレハロースを使用してから甘味度を押さえ健康志向になったと自負しています。
あまり宣伝していませんが、ここだけの話としてお知らせしておきます。
滋養強壮に良いお菓子それが「水花火」なのです。
色よく・味よく・日持ちよくの夏のお菓子としては最高です。
冷やしてから召し上がると一層美味しく戴けます。
青葉を添えてガラスの器に盛り付ける。まさに至極の時が味わえます。
お試し下さいませ。写真は村上堆朱の器です。

水花火単品35-1.jpg
posted by 紅屋重正 at 09:08| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

七夕盆景

昨夜は雨、今朝は曇り。
暗く感じる日は梅雨なんだと納得する。

6月も後一週間で終わる。今年も時の流れが早く感じる。
もう半年終わるのだから・・・・

どうも早朝のワールドカップのサッカー、日本が負けたと思うと
元気が出ないのは私だけではないでしょう。
負けたことをいつまでも引きずっていても仕方ないのですが、今日はご勘弁としか言いようがない。あぁ!残念でした・・・。

サッカーファーンのみならず、夢を抱いていただけに現実を見せ付けられるとショックなものです。せめて七夕の短冊に「次回ワールドカップ必勝祈念」と書こう。願いは天の川を走り牽牛と織姫も応援してくれることでしょう。

弊店では7月意匠の生菓子・干菓子・七夕用和生菓子を取り揃えました。
盆景には願いを込めた「七夕」をモチーフにした飾りも出ております。
ちょっと一服に足を止めてご覧いただければ幸いです。(和)

盆景オ夕35.jpg
posted by 紅屋重正 at 09:14| 新潟 🌁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

和菓子の日イベント開催

本日は晴れです。

本日から3日間「和菓子の日」のイベントを本店で開催します。
皆様お出かけ下さい。と、言っても遠方の方々にはなかなか無理な話ですね。そこで雰囲気だけでもお伝えします。

この期間にお買い物戴けた方々には「酒種アンパン」を進呈しています。
大手饅頭の技術でアンパンを作りました。香りと歯切れの良い食感をお楽しみ下さい。

和菓子の日ですから「日本の四季」と題して春夏秋冬の代表的な生菓子をそろえました。先日来ご紹介している通りです。

日本の四季35.JPG  日本の四季2−35.JPG

お菓子で感動を!と常々思っております。
まずはお店にお出かけ戴ければ幸いです。弊店一同お待ち申しております。
posted by 紅屋重正 at 08:41| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

6月の朝生

今日の長岡相変わらずの曇りです。
朝は涼しいより少々寒い感じです。

涼しさと情緒のある朝生を紹介します。

水無月35.JPG

「水無月」外郎生地の上に大納言を乗せ三角状に型どったもの。
大納言は昔より邪気を祓うと言われ健康食の一つになっています。
栄養学的に小豆は身体に良い食品であることは皆様もご存知の通りです。

焼き鮎35.JPG

「焼き鮎」平鍋と言う分野のお菓子。一文字と言う焼き台でどら焼きなどの皮を焼く工程と同じなのですが、中華生地と言い膨張剤を使わない生地です。中に求肥餅と小倉餡を挟んで魚の形・焼き模様で表現しています。

どちらも青葉を添えた銘々皿に盛り付けて熱い番茶などで召し上がって戴きたいと思います。(和)
posted by 紅屋重正 at 09:27| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

6月の棹菓子

今日の長岡の朝は曇り。昨日は昼から日が照り暖かな日であった。
今日も気温は上がるらしい。暖かな夏・暑い夏となればお菓子は涼しく感じる方が良い。お菓子の工夫はこの感覚が大切です。

6月になればイメージとして「渓流」「清流」や「鮎」と言うことになる。
棹菓子は各月を表現しています。
今月の棹菓子「若鮎」「せせらぎ」です。

6月棹菓子若鮎35.JPG  6月棹菓子せせらぎ35.JPG

今回の特徴は錦玉羹です。
若鮎には鮎の影を入れ、せせらぎには白ワイン味を入れてあります。

え!和菓子に白ワイン?
と、思う方は是非お試し下さい。
これがさっぱりした甘さと食感で美味しいのです。

和菓子はいろいろな材料を駆使してその良さを引き出して世に送ります。
ちょっと不思議な和菓子に触れてみるのもこの時期ならではのことです。

posted by 紅屋重正 at 08:38| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

涼しいから・・・

今日はやはり曇りの天気です。
毎日天候に一喜一憂している状態ですが、いよいよ本格的な心配が出てきました。農作物の日照不足は日常生活に影響を及ぼします。野菜類の高値は家計を直撃します。しかも関東ではお中元時期になるだけに景気に影響が出なければ良いがと思ってしまいます。

涼しいだけに夏商品が寂しがっております。
季節だからと思い準備万端整えていますが、ムードはイマイチのようです。
でもとりあえず味見だけはしておいて下さいね。
水花火・小袋香風・水羊羹・ゼリー・サブレ・葛湯(夏の召し上がり方)等で暑い時期にはこれ!と言える商品を今から確認しておくのも賢明かと思います。

水羊禹香風2−35.jpg  水羊禹香風35.jpg
 
写真は水羊羹との詰め合わせです。
店頭にはバリエーション豊かに取り揃えてあります。
いろいろな組み合わせが出来ますのでお申し付け下さいませ。(和)
posted by 紅屋重正 at 10:53| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

初夏の工芸菓子

工芸菓子は季節を表現するにリアルなものとして有効です。
本物に近い観賞に耐える品物を作り上げるに時間がかかります。
草花を作るにも種を蒔き芽が出て成長するに時間がかかるのと同じです。
弊社職人がコツコツ作る作品をじっくりご覧戴きたいと思います。

工芸菓子菖蒲35.jpg

今日は晴れています。気温も上昇し清清しい一日になるでしょう。
でも、皆さん季節の変わり目だけに健康には留意して下さい。(和)
posted by 紅屋重正 at 08:47| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

初夏になれば

今日の長岡は朝に朝日がまぶしいスタートです。
一日良い天気になると嬉しいのですが・・・
時間が経つと木々は鮮やかな緑色を取り戻したかのように輝いて見えます。

天候に一喜一憂している昨今ですが、凌ぎやすい日になると安堵感があります。気持ちの良い日は初夏を感じる単純な私です。

六月の和生1ー35.JPG

店内にも初夏を飾る品が登場してきます。
初夏の和生菓子はもちろん、水羊羹・小袋香風のように冷やして召し上がれる商品はその代表です。

蛍火3−35.JPG  岩清水2−35.JPG

散歩がてらお店の前の公園に花を見てそれからお茶のお供に和菓子を求め午後のひとときを優雅にお過ごし戴ける様に今日もお待ち申し上げております。
posted by 紅屋重正 at 09:30| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

棹菓子二品

今日の長岡は相変わらず曇りです。
すっきりしない天候が続いています。

五月の棹菓子の紹介が遅くなりました。
生地物の二品です。
「五月」(さつき)かるかん生地に羊羹をサンドしたものです。
「薫風」(くんぷう)浮島生地に大納言をサンドしたものです。 

棹菓子 イメージ 35.JPG

季節感あるあっさり系の棹菓子です。
新茶は勿論のことコーヒーなどの香りの強い飲み物と一緒に
召し上がって戴いても美味しく戴けます。

五月期間限定です。お楽しみ戴いて欲しい逸品です。
posted by 紅屋重正 at 09:02| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

朝日茶会

本日越路の朝日山にて茶会がありました。
今日の弊社のお菓子は二品です。

朝日茶菓2−35.JPG

手前が「焼きもち」(餅菓子)奥は「藤浪」(こなし)です。
posted by 紅屋重正 at 16:08| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

母の日企画

長岡は今日も雨だった。
小雨程度ですが、寒く感じる朝です。
ゴールデンウィークの熱気がどこかへ飛んで行ったよう。

でも、今週末の母の日のために
「母の日の和生菓子」を創りました。
すでに店頭に飾りお求め戴いております。

今までにはなかった企画です。
お母さんに感謝する心を伝えたかった。
脂肪分が気になるお母さんには和菓子が一番ですよ。

母の日生35.JPG

手前;菓銘「母の日」煉切・中は小豆漉し餡
左 ;  「カーネーション」煉切・中は黄味餡
右 ;  「花束」キントン餡・中は小倉餡
奥 ;  「感謝」錦玉羹・中は梅肉入餡

結局、今日は昼頃に曇りの天気
蒸し暑い日になった。
体調を崩さないようにして下さいよ〜。
posted by 紅屋重正 at 09:15| 新潟 🌁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

裏千家茶会

裏千家淡交会中越支部のお茶会が、
かも川別館の会場で開かれました。

裏千家茶会0604.jpg

そのお席に茶菓をお納めしたました。


水面45.jpg  お山の春45.jpg
【水面】こなし製 中薄ピンク餡  【お山の春】薯蕷饅頭・中小倉餡



の2種類です。
posted by 紅屋重正 at 14:42| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

よもぎ饅頭

今回の饅頭祭には

「よもぎ饅頭」

「黒糖饅頭」

「ひしお饅頭」

の三品をご用意してあります。

これらは、薬饅という種類のお饅頭です。
薬饅は小麦粉・砂糖・膨張剤・中餡に各味付けを混ぜて生地をおつくりしています。

特に一番人気の「よもぎ饅頭」には山形産のよもぎを使用しています。
実は、関西と関東のよもぎでは味・香りが違うんですよ。

「黒糖饅頭」には勿論沖縄産の黒砂糖

「ひしお饅頭」には、長岡産の醤油を使用しております。

各々のこだわりのお味を楽しんで戴きたく思っております。

頭45.JPG
posted by 紅屋重正 at 10:36| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

炭火焼き大手饅頭

「春の饅頭祭り」の期間中、ご来店のお客様へ差し上げています。

頭まつり.jpg

「炭火焼大手饅頭」は焼きたての香ばしさと昔懐かしい味!

また、期間限定で販売しています饅頭では

「春」を味わえる「よもぎ饅頭」(しろあん)
「黒糖」の風味豊かな「黒糖饅頭」(小倉あん)

が、特にご好評をいただいています。

春の饅頭まつりは、紅屋重正本店にて、16日(日)まで開催中。
皆さまのご来店をお待ちしています。
posted by 紅屋重正 at 19:10| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

蕨餅と柏餅

東京の桜はもう散ってしまったそうですね。
長岡では、開花までもう少しです。

さて、桜といえば、桜餅。
そろそろ本年も販売終了の季節が近づいてきました。

お菓子は季節の先取りが決まりごと。
本格的にその時が来たときはもう終わりなのです。

入れ替わりに登場するのが「蕨餅」と「柏餅」です。

蕨餅.jpg 柏餅.jpg

蕨餅は餡入りと餡なしの二種類。
柏餅は小倉餡の一種類をご用意いたしております。

残念ながら、蕨餅と柏餅は、インターネットでは販売いたしません。
なぜなら、紅屋のお菓子には、化学性の添加物を一切使用していません。
だから、本葛を使った蕨餅や、新粉を使った柏餅などは
やわらかさ、風味をご堪能いただける時間は本当に短いので
通販ではご提供できないのです。
パティシエがつくった生のケーキと同じです。
その日のうちにお召し上がりいただきたいお菓子なのです。

すべて昔ながらの伝統のレシピに従って、
毎朝ひとつひとつおつくりいたしております。
こればっかりは、どうぞ、長岡にてご賞味ください。

紅屋本店でも、毎日朝早くからご用意はしておりますが、
1日におつくりできる数が限られておりますため、
早々売り切れになってご迷惑をおかけすることもしばしば。
確実にお求めいただくには、ご予約をおすすめいたします。

春の風物詩に柏餅・蕨餅で家族団らんのひと時をお楽しみくださいませ。

※蕨餅と柏餅のご予約は、紅屋重正本店まで。
 お気軽にお電話ください。
 電話0258-32-1456(朝9時から夕方6時まで)
posted by 紅屋重正 at 17:01| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

青葉陰と野遊び

紅屋がお届けする、4月のお菓子をご紹介します。

【青葉陰】と【野遊び】

青葉陰.jpg 野あそび.jpg

どちらも寒天や小豆をたっぷりつかった
ヘルシーなお菓子です。
甘さも控えめ!
冷たくして、お好みの厚さにスライスしてお召し上がりください。

一棹 630円(税込み・送料別)

※ご注文はこちら、紅屋重正オンラインショップ・季節の和菓子のコーナーからどうぞ。
posted by 紅屋重正 at 13:34| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

お彼岸には牡丹餅

毎年よ彼岸の入りに寒いのは − 正岡子規

正岡子規は、お彼岸の頃になると、毎日いくつも牡丹餅食べていたそうですよ。

牡丹餅.jpg

紅屋の牡丹餅は、こがね餅を砕いた荒餅に、
こしあん、黄粉、黒胡麻のそれぞれをつけたもの。

21日(火)のお彼岸まで、本店、長岡駅CoCoLo店で販売しています。

※詳細は、紅屋重正本店(電話0258-32-1456)までお問合せください。
posted by 紅屋重正 at 08:40| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

一歩一歩と春の音

今朝の長岡は雪でしたが、10時頃にはもう日差しが差し込みました。
雪解けの水の音・きらりと光る水滴、春は確実に近づいています。

工芸菓子弥生.jpg

菓子屋で技術の紹介ができる逸品に工芸菓子があります。
雲平・餡平などの材料で花や木・鳥などを作るのです。
この時期になりますと、梅から桜へと替わります。

盆景としてご覧戴けるように本日から店頭に登場します。
桜の開花は4月中頃だそうですが、紅屋重正ではもう満開です。
posted by 紅屋重正 at 11:09| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

寒い時こそ水花火

早いもので2月も末になりました。
仲春の時期。ここまで来れば雪ねぶり*も見られません。

* 雪解けのころ地面に立つ靄 のこと

残雪はあっても景色になるのは山の方だけ。
今朝は晴れて清清しい日、少々まだ寒さが身に凍みます。

さて、寒中のお菓子は大変美味しく戴けるものです。
夏のお菓子と言われていますが、水花火は実はこの時期が一番美味しいんですよ!

●水花火のちょっと新しいお召し上がり方

その1

薄く切ってクラッカーやクッキーに載せたり挟んで食する。

その2

生クリームを添えて、ちょっぴりプリンアラモード風に。


今までにない感食を味わえますよ。
お試しあれ!

水花火

水花火のお取り寄せは、紅屋重正オンラインショップからどうぞ。全国にお届けいたします。
posted by 紅屋重正 at 09:34| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

春の干菓子

雪しかまつりが終わると、長岡も春へとまっしぐら。

花が咲くにはまだ時間がかかりますが、一足早く愛でてください。

如月の干菓子.jpg
posted by 紅屋重正 at 10:12| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする