2010年07月04日

キャラメル

ハッキリしない天候の今日の長岡現在曇りです。降りそうで降らない雨は日中は大丈夫のような感じではありますが、夕方から一雨来るのではないかと予想しています。梅雨前線が九州やら関西あたりで停滞しているだけに信越は軽く済んでいる珍しい気圧配置になっています。それでも東北では降るのですから判らない気象です。

北海道の生キャラメルが有名になってちょっとしたブームのキャラメル。昔は一粒食べて力百倍などと言われランナーが万歳しているパッケージや天使が後ろ向きに会釈しているキャラメルがほとんどでした。流行は追わない主義ですが、キャラメルの和風版を作ってみようとチャレンジしました。弊社の若い女性スタッフが心を込めて造っています。

黒糖入りのキャラメルです。シンプルなだけ素朴な味に仕上がっています。夏場は提供を中止しようと思ったら、意外に人気が出て品切れの連続です。手作りだけに大量生産出来ませんからすぐに品切れになりお客様にご迷惑をお掛けしております。ここにお詫びを申し上げます。銘は「飄々」(ひょうひょう)黒糖キャラメルです。機会がありましたらお試し下さい。

長岡の自然を紹介することが多いですが、今回も触れておきます。長岡の国営越後丘陵公園のラベンダーが美しく咲き誇っています。http://echigo-park.jp/ 悠久山(通称;おやま)公園や雪国植物園http://www.niks.or.jp/syokubut/ など心休まる場所が多いです。デートコースとしても人気の高いところです。ご家族でも大丈夫、ちょっとした散歩コースとしても最適です。長岡にコイテ!(来て下さい)。(俊)

                   img352.jpg

posted by 紅屋重正 at 09:39| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

夏のドルチェ?

関東は梅雨明け。
新潟や柏崎もフェーン現象で人間の体温並の温度とか!
今年も暑い夏がやってきそうですね。
こまめに水分を補給して、熱射病にならないように気をつけましょう。
(先々週、油断していて倒れた張本人が書いています…とほほ)

暑い日には、ひんやり冷たいおやつが食べたくなりませんか?
おうちにお中元でいただいた水ようかんセットがあったらちょっと目先を変えてみるのも一興ですよ。

summer09_2.jpg


<用意するもの>
*今回紅屋のサマーギフトを使用しました

 水ようかん   x1
 抹茶ようかん  x1
 梅酒ようかん  x1
 トマトようかん x1

 トッピング用にバナナ1切れとバジルの葉少々

 ガラスの器(なるべく透明なグラスが吉)x4

 これで、4名分のデザートができます!

<つくりかた>

1. それぞれの水ようかんをカップから取り出してフォークなどでこのみの荒さにつぶします。

2. ガラスの器に、順番にもっていきます。そのとき、

  A)トマトようかん 1/4分
    ↓
   梅酒ようかん 1/4分
    ↓
   トマトようかん 1/4分

  B)抹茶ようかん 1/4
    ↓
   あずき水ようかん 1/4
    ↓
   抹茶ようかん  1/4

   と交互にもっていくと、きれいな縞模様ができあがります。

3. トマトと梅酒の上には、バジルの葉を、
  あずきと抹茶の上には、バナナを飾ります。

以上で完成!

A)には、バジルの代わりに、梅酒ようかんの梅の実を刻んでトッピングしてもOK。
B)には、生クリームやアイスクリーム、白玉をそえると
かなりゴージャスなおやつとなります。

もうすぐ夏休み。「おやつないの〜?」とお子さんやお孫さんに言われたら、一緒につくってみてはいかがでしょうか? (ユ)




  
posted by 紅屋重正 at 09:31| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

お菓子の魅力

今日の長岡はまた快晴です。今日は暑くなりそうです。普段言わないのですが、雨が欲しいです。それも豪雨ではなく軽い通り雨程度で良いのですが、旨くはいきません。30度を越えるとお菓子屋は上がったり!洋菓子屋さんは特に夏は厳しいそうです。和菓子屋さんはそこそこ忙しい時期になります。

お中元のお返しやら帰省のお土産やらお盆のご挨拶のお土産に活躍しています。お菓子屋でも様々な形態がありますので忙しさが違ってきます。長岡は前述しましたが、長岡祭・お盆・帰省と年中でも活気のある月になります。人生の行事・季節の行事と日を追うごとに何だかんだと忙しいのです。

お世話になったあの方に心遣いのお菓子を持参する。そして会話が弾むそんな日常をさりげなく演出できるのが、お菓子なのです。甘いものが嫌いなどと言っているあなた!精神的に偏っている証拠ですよ。お菓子は簡単に手軽に栄養補給できる食べ物です。しかも、心豊かにしてくれる味わいのある食べ物です。

お菓子と一括りに言いますが、何と言っても和菓子が一番です。日本人の繊細なる感覚を持ち芸術的で美味しいとくれば比べるものがありません。日本人の良さはお茶請けにあります。家庭団欒の中にお菓子ありです。優雅な時間を過ごすには和菓子の持っている魅力を楽しんで欲しいものです。(頓)
posted by 紅屋重正 at 09:40| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

夏のおやつ

日本列島、かなりの地域で昨日梅雨が明けた模様。
夏休みと同時に夏がくるなんて、子どもたちにはうれしい年かもしれません。

さて、夏休みといえば、ご家庭で困るのが
 お昼ごはん
 おやつ
の用意が増えるということなのでは?

そんなご家庭に、かんたんおやつのヒントです。

紅屋の夏のお菓子 小袋香風

1.小袋香風を冷たく冷やす、または 凍らせます

2.冷たくしたグラスにかき氷や細かく砕いた氷をつめる

3.小袋香風をその上にのせる。

kofu08.jpg
 かざりにミントの葉などをトップにのせて、完成!
 涼しげで、おしゃれなデザートが出来上がります。

 ぜひお試しくださいませ。(ユ)

 


posted by 紅屋重正 at 09:16| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

3月のお菓子

春になると、白、赤、青、黄、桃色 と花の色がやわらかく見える感じがします。

自然の色は、どれも本当に美しい。
でも、その色をお菓子で表現するのは難しいもの。
毎月、季節のお菓子を考えるときに、
モチーフを思い浮かべるのに一難、
お菓子にするのに一難、
仕上げのバランスをとるのに一難・・・

でも、イメージどおりに出来上がったらとてもうれしいものです。

haruranman.jpg

お客さまに、きれいとかおいしいとおっしゃっていただけたら
職人冥利に尽きる、という感じなのでした。(百合)

posted by 紅屋重正 at 08:18| 新潟 🌁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

大雪でも、桜を愛でませんか?

この冬一番の寒さです。
雪が上からではなく縦横どこからでも降ってきます。
長岡の有名なおそばやさんの店先にある水車も凍ってしまいました。

cold.JPG

でも、お菓子の世界ではもう春。
紅屋本店にも、桜餅が並んでいます。
外は吹雪いていても、温かい室内で、一足早く桜を愛でませんか?

sakuramochi08.jpg
posted by 紅屋重正 at 13:32| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

茶菓子

季節のお菓子として月替わりにご提供している生菓子は
茶菓子です。
茶事でいただくお抹茶の味をひきたたせるための、いわば脇役。
千利休さんが好まれた茶菓子は、小麦粉を水で溶いて焼いたもので
甘くないクレープのようなものだったとか。

お菓子は脇役ですが、侘び、寂びを大切にするお茶室の中で
少し早い季節をお伝えする大事な役割を担っています。

霜月のお菓子。
行く秋を惜しみ、越後の長い冬の到来をお伝えします。

ちょっとさびしい役どころですね。(ユ)
posted by 紅屋重正 at 11:33| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

木醂し(きざわし)

10月のお菓子をご紹介します。

木醂し(きざわし)

20071002.jpg

枝先で熟して赤く実った柿の実のことをさす俳句の季語です。
オレンジ色のとろりとした衣が、本物の柿のようです。
一口食べると、中には真っ白なやわらかいお餅。
さらにその中には、やさしい甘さの黄味餡が入っています。

鉄瓶で沸かしたお湯でお抹茶を一服点てていただくと
ほぅっとしたゆったりした気持ちになります。

秋の夜長、いつもより少し丁寧に、日本茶を淹れてみませんか?

さて、紅屋のお菓子は、茶菓子。
一服のお茶を引き立たせるための、いわば脇役。
ほの暗いお茶室でも、季節を愛でていただけるような
華やかな色合いと、はっきりとした意匠ですが
あくまでも、味はお茶を邪魔しないで、
お茶の香り、深みを引き立たせるための存在です。

お茶席という静かな舞台で、名脇役になれるよう、
これからも美しいお菓子づくりに励んでいきたいと思います。(ユ)

posted by 紅屋重正 at 08:00| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

水無月

昨日は昼頃まで雨模様で、日中の気温も18度にとどまり平年よりも5度低く、「更衣の日」で夏服に替えた人にとっては、夏気分の盛り上がりに欠けた日になりました。今日の長岡は、一日快晴で気温も上がりそうです。天気が良いと気分も上々です。

六月の異名であります「水無月」は、旧暦の四月から五月にあたり、暑熱のために水が枯れるところから出たともいわれ、現在の新暦六月の季節感とはずれてくるところもあります。梅雨時ですから水がなくなる訳ではないのです。「無」は「の」と解釈して水の月と言います。神無月も同じで神の月となるそうです。

そして、季節朝生菓子の「水無月」も昨日一日より販売を開始しまし
た。三角形の外郎生地の上に小豆を散らしたお菓子ですが、この三角形は「氷室」のお菓子と同じく「氷」の形を表わすといわれ、上の小豆は厄払いの意をこめたお菓子です。いつでも冷蔵庫から氷を取り出せる現在と違い、当時は貴重品で宝物のように大切に扱われていたことでしょう。

6月になると太公望が元気になる鮎解禁です。昨日の報道では、今年は小ぶりの鮎が多かったそうです。「若鮎」の棹菓子や和生菓子「焼き鮎」の朝生が登場するのもこの時期です。撫子・紫陽花・青梅・初蛍・等和生菓子は季節を呼ぶお菓子です。この時期から寒天ものと言われる流しもののお菓子が増えてきます。水羊羹・水花火・小袋香風・と夏菓子の美味しい季節です。冷茶と一緒に一服如何ですか。(和)

DSC00698.JPG  DSC00695.JPG
posted by 紅屋重正 at 08:29| 新潟 | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

夏菓子

今日の長岡は快晴になっています。気温も24度まで上がると予報されて温暖な日になりそうです。この時期で一番過ごしやすい日になるでしょう。暖かくなるとお菓子屋には厳しい日がやってきます。年中季節に合わせて風情を楽しんで戴ける品をご用意してはおります。

この時期の朝生では麩饅頭が一番でしょう。麩饅頭は餅粉にグルテンを加えた粉を使い独特な「こし」を出した皮に小豆漉し餡を包んで煮上げています。それを冷まし笹で包んだ涼しそうなお菓子になっています。麩だけで作るとグルテンが出すぎてゴムを噛んでいるような感じになるのでやはり餅粉(餅米を粉にしたもの)を混ぜた方が食べやすいです。

夏商品と言えば「水花火」卵と粟と砂糖と寒天若干のクチナシ色を使った逸品。自然食品だけに身体に良い。普通、卵は熱を加えると固まる性質がありますが、水花火なるお菓子はそうならないからどこにでもあるお菓子ではないのです。早い話が他では作れないお菓子なのです。粟の舌触りの食感が花火の弾ける感じから銘々された棹菓子です。冷やして召し上がれば夏の生菓子と言えるでしょう。

                ΒPi35-1|Q.jpg

水花火に関しては、味美・色好し・日持ち良しと三拍子揃った夏菓子です。夏と言えば、水羊羹も小豆・抹茶・栗善哉・柚子・洋梨味を揃えております。朝生は一月ごとに替わりますから楽しみにしていらっしゃる方が多いです。最近ご指示戴いている三尺玉サブレーは夏用にお作りしたのですが、年中お使い戴ける商品になりました。長岡土産には最適とのこと嬉しく思っております。(俊)

                OTu[Q-35-2.jpg
posted by 紅屋重正 at 09:36| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

企画商品

今日は朝から小雨の降る日になりました。本来なら雪だよね!と思える時期だけに温暖化が気になるところです。雪がないと本当に動きやすいですが、雪があるなし関係なく消費低迷には勝てません。雪を理由には出来ないのです。努力の方向が違うと駄目なんですね。

来週14日のバレンタインデーを前にして店頭では、「バレンタイン和生菓子」と「バレンタイン干菓子」、「和生菓子と干菓子の詰合せ」を販売して大人の雰囲気を演出しております。チョコレートではブランド品嗜好が高まり、大きなイベントになっていますが、新しい創作和菓子にも目を向けていただければありがたいです。

二月は、季節のお菓子のほかに節分、バレンタイン、ひな祭りのお菓子が順次販売されるため、一年の中でも一番店頭の商品が賑やかな時期になるようです。春は明るく楽しく可愛らしくがポイントです。お菓子にもその要素を充分取り入れています。銘々皿に乗ったお菓子を味わって下さい。(和)

NEC_0036-11.jpg  NEC_0038-11.jpg
posted by 紅屋重正 at 10:34| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

春到来

今日も快晴です。放射冷却で朝は霜がびっしり付いています。屋外に止めた車のフロントガラスは真っ白で氷付いていました。朝の日差しですぐに消えてしまいますが、指先が冷たく感じる今朝の状況です。日中は気温も上がりますが午後から夕刻にかけて天気は崩れるとか。でももう春の予感がします。

今年も桜餅の時期になりました。弊店も昨日21日から提供を開始しました。弊店の桜餅はもち米を蒸し桜色に着色した砂糖を加えて煉った生地に潰し餡(小倉餡)を包み、塩漬けした桜の葉を巻いた餅菓子です。

関東では小麦粉の焼皮を生地に使いクレープ状に巻いた物で、関西では、糯米を蒸かして乾燥させたものを粗く砕いた粒(つぶ)のある道明寺粉の皮で饅頭のように小豆餡を包んだ物です。関東地方では関西風の桜餅を特に道明寺と呼びますが、この呼称は関西では一般的ではないようです。

関西では、関東風の桜餅は桜餅としてはあまり知られておらず、長命寺餅という別種の餅菓子としている事が多いようです。道明寺粉が高価なため、小麦粉で作った関東風よりも関西風のほうが高価な場合が多いです。 

又、関東では濾し餡が多く、関西では粒餡が多かったようですが、最近では関西でも濾し餡が増えているようです。 正確性にこだわらず、特に家庭で小規模に作る場合等は、硬めに炊いた無着色のもち米でも代用できます。(頓)

????〓[〓〓[×?? 268.jpg
posted by 紅屋重正 at 08:42| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

1月の和生菓子

今日はかなり寒く感じます。今のところ今年の雪は山雪で長岡の山間部は積もってきていますが、街内は積雪0が続いています。魚沼方面は道路にもかなりの積雪で凹凸の激しい道路状況になっているそうです。今のところどこの話かと言うくらい雪には襲われていないので助かります。

六日の『寒の入り』から暦どうり本来の冬の天候となり、冬型の荒れた日が続いていますが、さらに昨夜は久々に「震度4」の大きな地震がありました。多少の影響が出ましたが、大きな被害はなく安心しました。しかし、揺れが起きると心中穏やかでなくなるのは中越地震によるトラウマでしょう。

昨日の『成人の日』をもって、年末年始の繁忙期も一区切りがつきました。これからは、しばらく静かな冬の日々が続きますが、「新年会」に絡んだ需要の盛り上がりを期待します。季節を大事にする「和菓子屋」は、本日より早くも「正月の和生菓子」の意匠から「一月の和生菓子」に変わります。

和生菓子の意匠は季節感で年間に13回変えます。そのほかにイベント行事に合わせてお出ししております。多い月は10品の和生菓子が出ております。煉切・キントン・薯蕷饅頭・餅・鹿の子等新鮮で美味しさは食べてみれば判ります。特に食べ比べてみるとそのお店の特徴が判ります。お抹茶でもお煎茶でも紅茶・コーヒーでも合います。その時間は至極の時となるでしょう。(和)

DSC00911-50.JPG 

手前左「若菜摘」中央「千代の梅」右「凧上げ」
二段目左「えくぼ」右「巾着」奥「福寿草」
posted by 紅屋重正 at 09:10| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

晩秋のお菓子

今朝は小雨模様の天候になっていますが、日中は晴天になる予報です。でも、日の入りは16時30分で早いです。寒さが身に沁みる季節だけに皆様も風邪にはお気をつけ下さい。

季節が冬に向かうにつれ、お菓子も秋から冬の商品になります。この時期の棹生菓子は『里時雨』(浮島製)と『柴の雪』(栗蒸し羊羹とかるかんの合わせ)になります。12月20日までの期間限定季節商品です。冬のお味をお楽しみください。(和)

                 NEC_0003.jpg
posted by 紅屋重正 at 10:03| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

七五三饅頭

昨日は小春日和の暖かい1日でしたが、今日からは天候は下り坂です。
今年初めて『七五三饅頭』を販売しました。紅白を半々にして金箔を乗せた薯蕷(じょうよ)饅頭製です。中は小倉餡です。(価格は4個入り924円)11月15日までの期間限定販売となります。お子様やお孫さんのお祝いにぜひともお使い下さい。(和)

ε??〓霓??jpg ????霓??jpg
posted by 紅屋重正 at 10:26| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

お茶会

本日は、曇り空のもと2流派の「秋の茶会」が開かれます.
宗偏流長岡支部は、「いまつ」と「長岡グランドホテル」の会場で、茶菓『山路』『山里』をお作りしました。

????????|????|E.jpg  ????????|????|D-35.jpg

裏千家淡交会中越支部は、「かも川別館」の会場で、茶菓『秋の彩り』『錦秋』『秋の山』をお作りしました。(和)

????????|????|C-35.jpg ????????|????[B-35.jpg ????????|????|A-35.jpg
posted by 紅屋重正 at 08:35| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

大福揃い踏み

昨日は1日雨降りの天候で、日中の最高気温も前日より約10度も低い14度の肌寒い1日でした。
でも今日は、天候回復し曇り空の予報です。先週末より「そば大福」を販売開始しました。
これで大福餅は3品そろいました。中の餡は「小倉餡」ですが、餅皮のそれぞれの味をおたのしみください。(和)


          ????〓??.jpg
posted by 紅屋重正 at 08:02| 新潟 ☔| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

秋らしさ本格的

晴天続きの日々でしたが、昨日の夕方から久し振りの雨降りとなり、気温もさらに下がりました。長岡周辺も木々の色彩が変わり本格的な秋を思わせるこの頃です。彼岸が開けた今日からはもう冬の到来を見据えた生活になってきます。

朝生菓子『秋色団子』の販売を開始しました。また、店飾りの盆景も「桔梗」に替わりました。移り行く季節に合わせた商品をお楽しみ戴ければ有難いです。秋色団子は新粉団子(粳米)ですから少々固めに出来ています。白団子とよもぎ団子の二種類に小豆漉し餡をかけたものです。

団子の歯ごたえもさることながら小豆漉し餡の旨みが嬉しい品物です。秋には甘いものがすんなり口に入るようです。暑い時期には餡ものは敬遠されていただけにより一層美味しく感じます。食べ物全体がそうなるのでしょう。
だから馬肥ゆる秋なのでしょうね。(和)


ψ〓??α35.jpg  NEC_0002-35.jpg
posted by 紅屋重正 at 08:26| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

雑感の日

今日の長岡少々曇り空です。そろそろお米屋さんから新米が出る頃になりました。お米も品種が多く研究されていて美味しいものが食卓に届くのを楽しみにしているこの頃です。新米と言うと一番早いのが種子島の新米です。8月初旬に戴けます。香りが新米で味も悪くはないのですが、新潟のコシヒカリに比べれば少々落ちます。でも8月に新米を戴くのは嬉しいものです。

政治の世界が変わろうとしているように見えます。小泉総理から政治が身近になったような気がします。メディアに登場する回数が多いことや物議を醸し出すことが多かったからでしょう。開けた政治は歓迎です。密室政治はゴメンですね。政治家は体力勝負とか!小泉さんは宴会をやらない、安部さんも呑めないとのこと。私も反省せねばいけません。

連日交通事故の報道を見て心が痛みます。被害者も加害者も悲劇です。人のことを考えない自分勝手な振る舞いがこうした悲劇を生むのでしょう。根本的な教育や地域の改革を望みます。道徳観念が希薄なのでしょう。心の貧しさは如何ともしがたいです。夢や希望を語れる世の中であって欲しいです。
人の命・生命が尊いことを知るべきですし教えるべきです。

10月意匠の和生菓子を販売開始しています。世の中がどんなになっていても私達は季節を感じ日本の良さを継承しています。時間は止まってくれません。伝統文化を後世に伝える使命とともに今いる皆様に心の癒しをご提供させて戴いております。そうなんですよ、和菓子を食べ煎茶を飲んで家族団らんがあれば平和な家庭が出来るのです。昔から言う「お茶飲み」時間が今はなくなったから世の中がおかしくなったと言って過言ではないでしょう。
さて、今晩も生菓子と美味しい煎茶で一服し至福の時間を過ごそうと考えています。(紅)

??????ж〓??[????.JPG  ??????????????ж????¨-35.JPG
posted by 紅屋重正 at 09:20| 新潟 ☁| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

限定品

台風が逸れた長岡、今日は曇りのち晴れだそうです。
確かに今は薄雲の空ですね。今日は午後から暑くなるとの事!

8月も三分の一が過ぎます。もうじきお盆です。
そろそろ人の動きが活発になってきそう・・・。

今日から期間限定で「枝豆餅」を販売します。
期間は16日までの予定ですが、早々予定数が消化されれば終わりになります。

ν??????|????.jpg  И¨ν??????|????.jpg

枝豆餅は作るのは簡単なのですが、風味を維持するのが難しい商品です。
今が取り入れの真っ最中、この時期にしかない枝豆を餡にして包むのですが
風味はすぐに消えてしまいます。
したがって販売個数も限定させて戴いております。

夏の風物詩の一端に「枝豆餅」を如何ですか。そうそうネット販売は出来ませんので遠方の方々には話の話だけですみません。
これがビールのつまみにも合うから面白い!お父さん達甘いものは苦手と言う方でもおつまみなら食せるでしょう。ケッコウイケマスよ!

そりゃうんめがて〜(たいへんおいしいですよ)             (和)
posted by 紅屋重正 at 10:29| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする