2007年12月05日

本格的な雪

今日の長岡は朝から雪化粧でしたが、今は雨模様です。降ったり止んだりを繰り返すのでしょう。寒いことには変わりないです。どんよりした空は冬のイメージそのものです。初雪が早かっただけに今年の雪が気になるところですが、こればかりは降ってみないと判りません。願わくは雪下ろしをしないで済みたいものです。

雪のイメージは白く輝く銀世界と思うでしょうが、実際は全く違う光景になります。人の足が踏み込めない山々では綺麗に見えますが、生活している里は戦いです。雪による事故は後を絶たず毎年必ずと言っていいほど犠牲者は出ます。雪を侮(あなど)ってはいけません。雪を消すために道路には消雪パイプが埋め込まれ地下水を使って消しています。

資源を使うことはそこに必ず問題が生じます。地下水の大量使用で地盤沈下が始まります。春になれば消えてしまう雪に何と多くの費用や人手がかかることか!雪国の宿命です。長岡では昨今1m〜1,5m位の積雪ですから、雪下ろしをしない場合があります。山古志は未だに3m位積もりますから大変です。老齢化社会は雪下ろしにも影響してきます。

雪が戦いなどと言うと雪国でない方は不思議な思いになるでしょう。雪は難を隠し美しい景観を見せてくれます。雪だるま・雪合戦・かまくらと民話に良く登場するその様は郷愁そのものですが、実は雪国は雪と格闘しているのです。雪害は時には多くの人命を危うくします。孤立化・雪崩・凍結による交通事故等これから現実に厳しい雪の世界を織り成すのです。(俊)

PC040398.JPG PC040401.JPG
posted by 紅屋重正 at 09:31| 新潟 ☁| 空模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする