2020年03月15日

春を待ち望んでも!

今日の長岡は晴れで日差しもあり春らしいのですが、朝方はパラパラ雨が降ったと思ったら霙になり雪もパラつく不思議な日、すぐに止みまた晴れに戻る。日中はほとんど晴れているでしょうが深夜からまた崩れる予報!どうなっているか判らない気象であります。首相が昨日非常事態の件で国民に説明していたが、本当に武漢ウィルスには困ってしまう。

今日から七十二候では「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」。青虫がモンシロチョウになる頃という意味です。「菜虫」とは大根やカブ、アブラナなどの葉を食べる青虫のことです。畑を荒らす害虫の青虫がさなぎとなって冬を越し、春になると優雅な蝶へと生まれ変わります。花から花へと飛び回り、今度は花粉を運んでくれるようになるのは、何とも不思議な気がします。

しかし、今年の春は待望してはいたが様相がちょっと違ってしまった。コロナコロナで経済が崩壊瞬前の状態である。多くの人は春に夢や希望を抱いていたでしょうに!卒業式中止・スポーツ観戦中止・各地のイベント中止・公共施設の閉館・これから始まろうとしている入学式も判らない。誰がこんなことになると想像していたでしょうか!

それに伴う経済の停止でコロナ倒産が始まった。緊急援助が実施されるだろうが、見通せない中小零細は息が出来ない。就職時期に来て内定取り消しの方々も出始めた。春爛漫のイメージが春の地獄となる様!何がどうなってしまうのか、先が見えないだけに相当なストレスとなる。ここを乗り越えられれば相当強い会社となるのだろう、歴史を作る。(紅)





posted by 紅屋重正 at 14:14| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする