2020年01月23日

異常で以上

今日の長岡は曇りで気温は8度となっている。春を思わせる昨今であるが、異常気象は続く。雪のない雪国は面白味がない、スキー場も標高の高いところは何とか営業しているが、ほとんど閉鎖状態。どうなってるの?これを異常と言わず何が異常か!という現実である。結局、新潟県の流入人口が現実的に少なくなると経済に影響が出て来る。

観光の目玉である雪がないのであるから人が来ない。平場で雪がないことを喜んでもいられない。結局、長岡の業者が魚沼地区へ納品に行っている。暮れから新年にかえての稼ぎ時が露と消えてしまった!恐ろしい現象が起きるのではないかと皆ヒヤヒヤ状態。長期予報も雪はあてに出来ない。一部の望みでドカ雪を期待している業者もあるが、どうだか!

経済が大雪で止まった経験はあるが、雪なしで止まった経験はない。全国的に雪が来ないようで冬の雪国のイベントはほとんど中止状態。いや参った!地域にとっても痛い状況。ここまでとは誰も思っていなかった。雪国に雪が降るのは当たり前で雪がないことはあり得ない。あり得ないことが今年に起こっているから、これから不安になってしまう。

夏の水不足が気になるしまた猛暑が襲来するのか!それでなくても新潟県そのものの人口減が拍車を掛ける。全国的や世界を相手にする商売は良いとしても田舎での商いは難しい状況になるのだろう。いよいよ本格的なサバイバルが始まる、もう始まっている。銀行も統合の勢い、何もかも統合するか傘下に入るかせねば生き残れない時代。あぁ!嫌な時代。(紅)



posted by 紅屋重正 at 13:57| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする