2019年11月27日

寒さが本格化

今日の長岡は寒いですが、雨や雪が降る程ではないです。今日から七十二候では「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」になります。「朔風」とは北風のことで、木枯らしが木の葉を吹き払う頃という意味です。昔、木枯し紋次郎と言うTV番組があり夢中で見ていました。主題歌も好きでたまにカラオケで歌うこともあります。それにしても木枯し1号はまだ!

今週は雲の多い日が続くようです。段々暗くなり越後特有の銀色の空が続くことでしょう。県境の山には積雪もあるそうで里にはいつ降るか!でも今年の雪は暖冬で少ないとか!そうであって欲しいものだ。雪は情緒があるから他県の人には喜ばれるが、雪と戦う者としては小雪が良い。その分冷えると道路が怖い。アイスバーンでの運転は本当に怖い。

まだ本格的な雪対策はやっていないが、そろそろ消雪の準備をせねばならないか!タイヤも替えねばならない。冬着の確認もせねば!結構いろいろなことをせねばならない。暖かい地方が羨ましい瞬間である。昔から住めば都と言うが、雪降りだけは住みたくない都である。小雪なら問題はない。世の中が騒然としている感じ!冬に向って嫌な雰囲気。

桜を見る会の件で国会も何をやっているのだろう!もっと大切な問題が山積しているのでは?と思ってしまう。天皇陛下も継承儀式がほとんど終わって一安心。災害での被害はまだまだ終わらない。終わらない後からまた災害にならないように祈る。災害日本ではいつなん時何が起こるか判らないだけに常なる備えが重要。狼少年にならないようにせねば!(紅)




posted by 紅屋重正 at 14:42| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする