2019年05月26日

紅花栄(べにばなさかう)

今日の長岡は晴れ、続いています。今日は気温もピークだそうで33度まで上がるそうです。昨日は長岡市内の小学校で運動会が各地で行われたようです。PTAの方々真っ赤な顔しておりましたからかなり焼けたようです。熱中症に注意しながらの運営大変だったようです。元気な子供たちが競う運動会、いいですね!昨日は久しぶりのお勉強で新潟へ!

5月26日から七十二候では「紅花栄(べにばなさかう)」です。紅花の花が咲きほこる頃という意味ですが、実際にはもう少し遅めの地域が多いそうです。紅花はシルクロードを経て飛鳥時代に日本に伝えられたといわれ、万葉集にも「末摘花(すえつむはな)」として登場しています。紅花は染料や口紅になり、珍重されました。

ちなみに、「紅(くれない)」という色名は、紅花の古い呼び名に由来しています。食品の赤い色付けにも使われるのですが高価です。添加物にはいろいろな種類がありますが、自然が一番といろいろ工夫してなるべく添加物を使わないように考えています。それと、付近の大陸や半島の品は遠慮しています。化学的なものは身体に良くないものが多い!

まだ東アジアの製品には衛生と言う概念が欠けているのと、まがいなものが混じるようで危険かなと認識しています。もともと和菓子屋は国産が多い原料ですが、最近は輸入されたものもあるようです。根幹が揺るぐことのないようにしていますが、国産品は高くつく。安いものにはそれなりの理由がある。高いものも然り!良い製品作りは原料から!(紅)



posted by 紅屋重正 at 12:05| 新潟 | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする