2019年05月25日

伝統文化

今日の長岡は晴れ、しかも気温は30度超えの予想。ここのところ5月ではない気温ばかり。異常気象と言うこともなくなった最近の気候!異常が毎日だと異常でなくなるのか!温暖化の危険とも言われなくなった!可笑しな世の中であるようだ。これから起こる気象の変化は当たり前なのであろう。恐ろしい世界が待っているのかも!

世の中が可笑しくなっても可笑しいと感じない人間はやはり可笑しい。最近は考え方が変わってきたのか!伝統文化の見方考え方も同じであろう。伝統は「自然に残るのではないか」というものと、「できるだけ残ってほしい」というものだったそうだ。「残ってほしいという人が増えれば、自然と伝統は残る」と考える。確かにそうかも!

あくまで「自然と」という点が大切で、「残すべきという義務感では文化は残らない。暮らしを豊かに、楽しく、美しくしてきたものが受け継がれ、伝統文化と呼ばれるものになっていくのではないか」と考えている(貝沼氏弁)確かに義務的な考え方では残らないものだろう。それでもそれにしがみつく者は遅れても駄目でも貫くこともある。

良いと信じて守る伝統文化があって良い。人はどうこう言おうが!しかし、商売にならないことや喰えないことで消える部分も多いだろう。地域だけではもう限界が来ているのかも!やはり自然淘汰される運命にあるのかも!伝統文化は出来るだけ残ってほしいものであるが、消えてしまうものでもあるのだろう。未来の世界を描けないことは致命的かも!(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:21| 新潟 | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする