2018年08月01日

平和祭

今日の長岡は相変わらずの暑い日、今日も猛暑日となるでしょう。今週はずっと猛暑日を覚悟せねばならないだろう。長岡祭りだけに晴れてくれるのは有難いが暑すぎである。今日は長岡祭りの前夜祭であるが、名前が変わって平和祭と言うことになった。確かに戦中の今日に長岡大空襲が起きた日であり慰霊の行事も多い。戦争反対の気持ちが強い長岡の地である。

実際73年前1,486人の尊い命が失われた長岡空襲は悲惨でした。そこで、「長岡市恒久平和の日」の今日、市内各所で慰霊と平和を願う行事が行われています。それだけに平和祭となったのです。市街地の80%が焼かれて多くの死傷者を出したのでした。焼夷弾は落ちて来ると屋根を突き抜け床に刺さってから油を噴射する仕掛けです。日本の家屋はすぐに焼ける!

市内の防空壕に逃げ込んだ人は熱と酸素不足で多くが死に至った。人殺しの悲惨な戦争はやってはいけないとなるのです。何でも戦争反対と言う訳でもないのです。日本に脅威が及べば立ち上がるのが日本人。こちらから仕掛けることはないでしょう。家族や日本人がむざむざ殺されては黙っていられませんからね。今でも脅威がなくなった訳ではないのです。

誰もが平和を願いますが、外敵は容赦なく殺傷してくるのです。自ら命を守るために自衛や防衛はせねばなりません。話して判る人達は戦争はしないでしょう。話しても判らない野蛮人はまだまだ多いようです。70数年戦争はなかったが、この先ないとは限りません。馬鹿な国はあるのですから!歴史は繰り返される、形は違っても馬鹿な人は出て来るのです。平和が一番当たり前!(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:09| 新潟 ☀| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする