2018年03月22日

卒業・卒園おめでとうございます。

今日の長岡はまだ雨模様である。週末から暖かくなるようであるが、今日は寒い。今日明日の予想気温はまだ一桁のようだ。関東の山手では雪が積もったとのことで登山者が帰れない災難が起きた。寒かっただろうに!22cmの積雪であったようだ。越後で22cmの積雪で遭難なんて言ったら笑い者になってしまう。雪のない地域では少量の雪でも交通渋滞や遭難なんてことになる!

雪を馬鹿にしてはいけない。そこで生活している人々は大変な苦労をしているのである。培われたノウハウがあって平然と生活できるのである。しかし、今年の雪には参った!結果的には大雪になる人も物も動かなくなってしまった。長岡市内の街内では問題ないが、周辺の方々が動けないと街も静かになってしまう。特に行事のある時に降る雪には閉口してしまう。厳しさだけが残る今冬であった。

春の声が聞こえて来てから徐々に雪の嵩が減って来る。お彼岸も終盤になって来ればほとんど道路上には雪はなくなって消えてしまう。そして、学生の卒業・卒園の声が響いて来る。伝統校などでは卒業祝いに紅白のお菓子が配られる。すでに卒業式が終わった学校もあるが、小学校は明日になる。その他幼稚園の卒園が何処かの地区で毎日のように行われる。紅白の大福や大手饅頭が配られる。

卒業・卒園は次なる段階へ進む儀式であるだけに節目として大切である。希望と不安を胸に大人へのステップを踏む。世の中はいろいろなことが起こる、それだけに真摯に受け止めて自分の能力を高めないといけない。何と言っても今迄一緒であった仲間を大切にし、これからの長い人生を歩んで欲しい。素直に卒業・卒園おめでとうございます!と言える自分も昔を懐かしむ。(紅)




posted by 紅屋重正 at 11:36| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする