2018年03月10日

同期孜々の会

今日の長岡は曇りであるが寒さはあまり感じない、陽気が良くなっている。もう少し晴れて青空が出れば最高の週末なのであるが、贅沢は言わない。晴れているだけで儲けもの!気象予報ではあまり芳しくない予報であったからこの程度でも有難い。晴れれば動けるのである。今日は長岡市山古志で日本一大きな賽の神「古志の火祭り」が行われる。毎年人気があり冬の終わりを告げる行事だ。

長岡と言っても山の方で積雪は長岡市街地の2倍以上ある。今回の準備も雪を除雪しての会場づくりが昨日まで行われていたようだ。今日は11時からいろいろなイベントがあるようだ。夕方雪花火が上がる。同期の故長島忠美衆議院議員の故郷である。私達も今回だけ追悼花火として白菊を上げることになっている。同期の偉業を称えての花火である。大きくはないが心のこもった花火となろう。

昨夜は孜々の会(同期の有志会)で最後の新年会を行った。参加してくれた仲間は皆元気である。年を重ねても元気が一番であり、出かけられるのが良い。参加出来ない者でも元気な者は多いが、最近同期で他界した者もいる。普段から健康に気をつけて運動(山登り・ハイキング)などをしていたようだが心不全で逝ってしまった!判らないものである。仲間は増えることはない同期である。

これから出来ることは何でもやろうと皆で確認する。姿格好は相応な年齢でもまだまだ若い連中である。古稀にもう少しで到達する。また、長岡祭りの花火を上げようと目論んでいる。還暦と違って充分な寄付は集まらないであるから規模を縮小してでも上げようと確認できた。事務局としてはまた忙しくなるから大変だ!それでも皆の心意気を形にすることは素晴らしい、人肌脱ぐしかない!(紅)



posted by 紅屋重正 at 11:42| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする