2007年06月11日

暦では入梅

今日の長岡朝は灰色の雲が市内を覆っています。西山が市街地から見えないところを見ると普通は雨の日になるのですが、予報は曇り後晴れになっていますから過ごしやすい日になりそうです。だんだん明るさが増しているこの時間から見ても天気予報は当たるのでしょう。夜雨の昼晴れのパターンですから一番都合の良い天気です。

今日は暦上の入梅の日です。入梅は、梅雨の季節に入る最初の日で「にゅうばい」と呼び、その日から約30日間が梅雨です。梅の実が熟する頃に雨季に入ることから入梅といわれるようになったとか、この頃は湿度が高く黴〔かび〕が生えやすいため「黴雨〔ばいう〕」が転じて梅雨になったともいわれています。

しかし、実際は毎年同じ日に梅雨入りがくるわけでは無く、地域や気候によって差が生じるため、気象庁の出す「梅雨入り宣言」が実際の梅雨入りの目安になっています。南では空梅雨のようですから今年の梅雨はどうなるのでしょう。四国は相変わらずの水不足ですから一雨欲しいところでしょうね。稲作の越後にはまだ恵みの雨が適度に降っていますから安心しています。

梅雨時期と言えば傘が必要です。現代の傘は安いものから高いものまで種類が豊富です。今うけているのが24本骨の傘!多少強い風にもびくともしない傘は頼もしいです。今日は傘の日(この季節の必需品である傘の販売促進を願い、傘メーカーの団体・日本洋傘振興協議会が、1989年(平成元年)に制定した日。暦の上の入梅にあたることから6月11日としたが、傘のPRだけでなく、雨の日の傘の使い方などモラルの向上も訴えたという。)となっているからなかなか商魂逞しい。和菓子も16日が和菓子の日としているから何だかんだの記念日が沢山ある訳です。(頓)
posted by 紅屋重正 at 08:46| 新潟 ☀| 空模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする