2007年01月22日

春到来

今日も快晴です。放射冷却で朝は霜がびっしり付いています。屋外に止めた車のフロントガラスは真っ白で氷付いていました。朝の日差しですぐに消えてしまいますが、指先が冷たく感じる今朝の状況です。日中は気温も上がりますが午後から夕刻にかけて天気は崩れるとか。でももう春の予感がします。

今年も桜餅の時期になりました。弊店も昨日21日から提供を開始しました。弊店の桜餅はもち米を蒸し桜色に着色した砂糖を加えて煉った生地に潰し餡(小倉餡)を包み、塩漬けした桜の葉を巻いた餅菓子です。

関東では小麦粉の焼皮を生地に使いクレープ状に巻いた物で、関西では、糯米を蒸かして乾燥させたものを粗く砕いた粒(つぶ)のある道明寺粉の皮で饅頭のように小豆餡を包んだ物です。関東地方では関西風の桜餅を特に道明寺と呼びますが、この呼称は関西では一般的ではないようです。

関西では、関東風の桜餅は桜餅としてはあまり知られておらず、長命寺餅という別種の餅菓子としている事が多いようです。道明寺粉が高価なため、小麦粉で作った関東風よりも関西風のほうが高価な場合が多いです。 

又、関東では濾し餡が多く、関西では粒餡が多かったようですが、最近では関西でも濾し餡が増えているようです。 正確性にこだわらず、特に家庭で小規模に作る場合等は、硬めに炊いた無着色のもち米でも代用できます。(頓)

????〓[〓〓[×?? 268.jpg
posted by 紅屋重正 at 08:42| 新潟 ☀| お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする