2012年04月04日

春の嵐

昨日の夜中の風はひどかった、夜間ズッと荒れ狂う風の音が響いていた。今日の長岡は曇り時々雨で風は落ち着いている。夜中から向かえの家のアタンがハズレ風にあおられその場に留まってうるさい音を発していた。勿論、寝不足!朝は朝で奥様の帽子が飛ばされ追いかけて50m全力疾走をさせられた。まったく、春の嵐はろくでもない状態になった。

各地で相当な被害が出ているようで大変です。爆弾低気圧が炸裂したものだから雨風は一級品です。地下街の被害・死者まで出た倒壊やあおり風・大型や中型のトラックの横転・コンビニ傘の壊れの山と散々な光景です。特にビル風や橋の上は危険なようです。春一番が今年はなくて、代わりに爆弾だからやるせない。この時期が過ぎれば間違いなく気温も上がり暖かい季節になって行くのでしょうから我慢です。

どうもマヤ文明の歴が今年で終わる(12月21日)から地球が可笑しくなっているのかも知れないなどと信じてしまいそう。地球の地軸が大きく変わり人類滅亡の方向になると言う具合。果たしてどうなるか、誰も判らないがそうだとしても逃げる訳には行かないことですから諦めて日々を過ごすしかありません。自暴自棄になってはいけません。尊厳を大切にする高度な人類でないと浮かばれません。

ちょっとしたこと変わったことが起きるとすぐに世紀末の人類滅亡説に同調しそうな歪んだ考えはやめた方が良い。何事も皆で渡れば怖くない!精神で何にでもチャレンジでしょう。春の爆弾低気圧は春の嵐でしょうが、夏から秋にかけての台風や冬の超吹雪も時々には大変な思いをさせられる。悪いことばかりでないのが人生、悪いことがあれば良いこともあり、良いことの喜びも大きくなるからそれはそれで良しですね。(紅)



posted by 紅屋重正 at 08:59| 新潟 ☔| 表町雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする