2010年12月29日

後三日!

昨夜から降っている雨は上がらず、今朝の長岡は雨模様です。年末に来て寒波は様子を伺っているらしく、明日から雪になるそうです。あまり有難くないのですが、スキー場は嬉しいことになるのです。何れにしてもやはり晴れてくれないと人の動きが鈍ります。暮れと言うことでそこそこ人出は多いことになるでしょうが、年齢の高い方程動けなくなってしまいます。また、雨が強くなって来ました。恨めしく空を見上げてしまいます。

今年も残すところ後三日です。年末年始の準備は終わりましたか!その時にならないとなかなか動けないのが現状です。それでも一つずつ片付けていますが終わりそうにありません。断捨離(だんしゃり)せねばならないのでしょうね。家のガラクタ(不要なもの)を片づける事で、心のガラクタも整理して、人生を御機嫌へと入れ替える方法だそうです。過去のものを断ち切れないばかりに片付かないことは判っていても踏み切れない。

今年の新年は何があったのか思い出して見ました。派遣村の騒ぎ!栽培員制度元年とか!言われていました。裁判員制度は実施されて色々な問題も提起されて来ました。人を裁くとは難しいことなんですね。派遣社員どころか、就職難問題が大きく取り上げられて来ました。景気が良くなっていない実感が普通なのですが、大企業や報道はそうでないから二重構造が浮き彫りになっています。社会は何処へ向かって動いているのでしょうか。これからも不安の二文字が気になります。

今年は決して良い年とは言えなくなって来ました。国の体たらくを見せられ、政治の力のなさを暴露し、国民の期待を見事に裏切ってまだ平然としている面の皮の厚さには閉口してしまいます。お隣の大国は経済力にものを言わせ、昔日本がそうだったように世界に君臨して来ました。世界警察力を持つ米国の力も及ばなくなったために不安定な世界が出来て来ています。核を縮小しようにも逆に核の脅威が拡がる始末ですから危ない世の中であることに変わりはありません。反省ばかりの年末になってきました。反省するから道は開ける、来年に向かって期待したいですね。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:12| 新潟 ⛄| 大手饅頭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする