2006年04月30日

私流新茶の入れ方

和菓子に付き物の一番は煎茶です。
そこで私流の美味しい煎茶の入れ方を伝授します。

急須にお茶を入れる。(急須の大きさはありますが湯量で調整)
お茶は少々多めに、お湯は沸騰したものを茶碗に入れ冷ます。
温度は70度位を上限に空いた茶碗2個にお湯を通すと大体適温。
茶碗のお湯を急須に注ぎますが、お茶葉にひたひた(少なめの湯)位でOK.
ゆっくりと待つ(1分弱)茶碗に注ぐ時は一滴一滴で二・三の茶碗に分け注ぐ最後の最後まで湯を切るように注ぐ。飲む量は少なくても香り味は抜群に良い。二煎目は早く。(時間を置くと酸化が早いので)冷ました湯をいれ同じように注ぎだす。概ね二煎目まで美味しく戴ける。

お試しあれ!

新茶18.JPG
posted by 紅屋重正 at 09:29| 新潟 ☁| 一緒に飲むもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする