2019年10月23日

15年前に!

今日の長岡は秋晴れ、朝の内は雲もあったが気温21度で青空開放でこれぞ秋の天気と言う感じ。過ぎし日は遠くなりにけり!でも決して忘れない。15年前に起きた中越大地震が今日の日である。丁度長岡市と近隣の町や村が合併していた頃である。その日は新潟へ出かけて行ってたので長岡での被災はなかったが、家族は大変であったよう!

必死で新潟市から帰って来たが新幹線は駄目・17号線の国道も駄目であったが、友人が三条まで送ってくれ、息子が三条まで迎えに来てくれた。途中の道はガタガタであり長岡に近づくにつれ被害の大きさに驚いた。街に入るや夜であるので停電地帯や商店などのガラスが割れている姿には緊張感が走った。当然寝るのは車の中!翌早朝に会社へ行き驚く。

1階は多少の被害であったが開店に支障はない。2階事務所兼備品置き場は滅茶滅茶であった。特に参ったのが長年貯めた陶器の皿!ほとんど木端微塵に壊れた!(涙)それでも新築して5年目でほとんど本店は大丈夫であったことが救われた。当時、山古志村村長であった長島忠美氏とは高校の同級生!全村避難で大手高校に村人を連れて来た。

東京の弁護士小林芳男氏(中学・高校同期)の彼が大手饅頭を村民にと言い、ごった返していた時納入させて戴いた。こちらも大変ではあったが勢いは凄いもの、やり遂げた。その後、山古志村へ同期の有志の義援金を贈ったりで繋がりが濃くなった。その後衆議院議員になった長島氏の陰日向の組織が出来た。今日の災害が起きるたびに長島がいたら!と思う。(紅)




posted by 紅屋重正 at 16:43| 新潟 ☀| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする