2019年10月19日

一日雨降りの日

今日の長岡は朝から雨模様、雨が降っている割に寒くはない、気温23度だから丁度良い。寒暖の差が大きいと身体が不調になりやすいが、今の所問題はない。インフルエンザの流行が懸念されているが近くでは聞かない。ただ、台風被害のあったところは雨降りで難儀しているだろうと思うと心が痛む。三条での水害で手伝いに行ったことを思い出す。

水害が起きても翌日から晴れてくれれば有難いのであるが雨降りではまた災害が発生する恐怖もあるだろう。千葉では後片付けもままならないうちに大きな台風であり雨が続く!台風15号の被害も大変だったが、19号への被害に気が行っている。屋根をやられた方々は今日の雨でまた苦悩しているのだろうに!災害はやり切れない思いになる。

今日から七十二候の「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」。秋の虫が戸口で鳴く頃という意味です。虫の声に秋の深まりを感じますね。さて、神無月に神様の留守を守ってくれるとされるのが「恵比須様」。東京では恵比須様をまつる「日本橋恵比寿講べったら市」がおこなわれています。何が良いかと言えば、べったら漬け!これが好きである。

年中食されるようになっているが昔みたいにぼりぼり喰えない(お高くなった!)のが残念。何でも高くなって来ているから消費も渋る。パイが小さくなっているから取り合いが激しいのだろう。廃業・倒産が増えているような感じである。中小零細企業の暗黒の時代か!良いところはあるが昔からのお店が危ない。老舗もウカウカしていられない。(紅)




posted by 紅屋重正 at 15:01| 新潟 ☔| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする