2019年10月14日

嵐の後

今日の長岡は曇りです、少々寒い位!台風19号が過ぎて一安心したら、今度は洪水の危機!長野県の降水が信濃川に集まり長岡地区の信濃川水位が跳ね上がる。千曲川で決壊の報道で下流は少し水位は下がったようだが、危機は続く。13日の市内は閑散としている。避難準備発令・高齢者避難指示と次々と携帯に知らせが入る。さてどうするか!

昨日は平常通りの作業と開店でしたが、急遽繰り上げ閉店にして全員帰宅させた。市街地も冠水の怖れあり、一部市内で冠水したとの情報、お客様には申し訳ないが、従業員も守らねばならない、またその家族も不安がる。だいたい長岡市街地でも高い位置にある本町や表町そして神田地区まで避難準備だから危険を感じる。確かに後数メートルで越水の信濃川!

長岡の動脈である長生橋が通行止め、フェニックス橋も右岸からは行けない。フェニックス橋のたもとの町内が冠水!大手大橋は大渋滞。やはり決断は良かった。早々に従業員さん達帰宅!このようなことは初めての経験。しかし、長岡の信濃川の堤防は丈夫である。結構余裕の状態であったようだ。千曲川の決壊がなかったら恐ろしいことになっていた。

長野の皆様にはお見舞い申し上げるが、助かりました。これからこのようなことがなければよいのですが、ないとは言えない。千曲川の堤防改修も行われるので今後は危険度が増すばかり。大河津分水も限界に近かった!今後の対策をしっかりやって欲しいものです。まさかの想定外災害はもうまさかでは済まない。自然の驚異は益々増えて来るようだ。(紅)



posted by 紅屋重正 at 09:25| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする