2019年09月01日

9月長月!

今日の長岡は晴れ!稲刈りが盛んに行われるでしょう。9月の和風月名は「長月(ながつき)」。新暦の10月から11月の上旬にあたり、夜がだんだんと長くなる「夜長月(よながづき)」が略されて「長月」となったといわれていますが、秋雨が多く降る時期なので「長雨月(ながめつき)」、稲穂が伸びて実るので「穂長月(ほながづき)」が略されたとする説や、「稲熟月(いねあがりづき)」がなまったという説もあります。

さて、9月1日は雑節の「二百十日」にあたります。昔から、立春から数えて210日目を「二百十日」、220日目を「二百二十日」といい、台風などの悪天候を警戒してきました。この時期はいよいよ稲が実り、穂を垂らす頃でもあり、七十二候でも3日から「禾乃登(こくものすなわちみのる)」に入ります。秋の収穫を目前にしての台風の襲来は一大事。油断のならないこの日を、過去の経験から厄日として戒めるようになりました。

また、9月1日は「防災の日」。「防災の日」は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなみ1960年(昭和35年)に制定されました。非常持ち出し袋の点検や、家族との連絡方法、避難所、避難経路、家族との待ち合わせ場所など、万が一に備えてぜひ確認しておきましょう。まだまだ日本のどこかで災害が起きることでしょうからね!

時間だけは確実に過ぎて行く、先の見えない世界の動き、日本もこれからどうなって行くのでしょう。マイナなことばかり考えず、これからの未来を想像しながら楽しいことを考える方が良いでしょう。現実的には難しいかも!まぁ!いつも通り日々研鑽努力でしょうか。しかし、若い時と違って発想も悪くなるはで苦労しています。若者よもっと努力を!(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:00| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする