2019年04月01日

新元号「令和」

今日の長岡は午前中は荒れた天候、雨霰霙の入交!午後から曇りで日も差す。丁度元号発表頃から晴れて来た。日本の元号は645年の「大化」から始まったとされ、701年の「大宝」以降は1300年以上にわたって途切れることなく続いている。南北朝時代の並立元号も含めると、新元号は248個目の元号となる。新元号は「令和」!

ほとんど的中した人はいないだろう!もしかしてエイプリルフールの今日の大嘘!と言うことはないか。新年号が良いか悪いかより新しい年号が決まって良かった。昭和・平成・令和と三元号で生きられたことに感謝!昭和の発展期・平成の混乱期から令和の成長安定期を願わざるを得ない、月から施行される。きっと良き時代になるだろう。

新年度がスタートしてもあまり関係ない感じではあるが、気持ち新たに邁進したい。令和の「令」が冷たく感じるのが気になるが、新天皇を盛り上げて良き日本を導いて欲しいものであります。世界は益々混沌として来た感が強いが、日本国は不滅でしょう。未来人の予言なるものを見たことがあるが、ほとんど違って来た。先を知っても仕方ない!

次期首相は引退した方の名が上がっていた、元号も違った。次なる予言は関東大震災が5月9日と言うことであったがどうだろう!歴史は今作られる、次元の歪みは当然あるから変わってしまう。従って未来は見えなくて良い。今、生きてる人達で歴史を創り上げることが大事!良し悪しはあるだろうがそれも人間の定めか!来月にはまた新たなる歴史が刻まれる。(紅)




posted by 紅屋重正 at 14:26| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする