2018年12月09日

予報通り雪

今日の長岡は深夜からの雪で多少積もった。気温は最高で4度の今日は寒い。車での移動に支障はないが雪が積もれば全体的にゆっくりになる。朝早くからの作業で通勤時は問題なく車も少なくて早く着いた。日中の降雪は大したことはなく、問題ない程度の雪である。しかし、雪が降ると途端に人の動きが悪くなるのには参る。日曜日に降らなくても!

北海道・北日本・日本海側の豪雪地帯は場所によっては1mほども降ったとか!こちらはまだ可愛い程度の雪で助かる。近年は降ってもそう多くはない。昔のように二階の窓から出入りをするなどと言うことはない。最後の豪雪は昭和38年頃であった、その時は凄かった。その後、長岡では無雪都市宣言して雪との戦いを本格化し、消雪パイプが世に出た。

消雪パイプの威力は大きかったが、その分地盤沈下の問題が出て来た。どこもかしこも道路に水が出ているので、それは有り難いが問題も出て来る。そうこうして現在の形が出来上がった、地下水の力は大きい。確かに無雪都市となっただけのことはある。雪での苦労が半減以下になった。商売していると交通手段に雪の時期はソリを使っていたようだ。

祖父の時代はソリ、父の若い時代もソリ!かんじきやコス木編み笠での雪との戦い雪降ろしには雪とよであったようだ。私たちの時代はもうほとんど用がないものばかり!懐かしい代物である。雪が塊り氷になるとスコップでも歯が立たない、そこで専用の鉄の棒状で雪割がある。今では見かけないもの!何かと専用の道具があった。これから積もる雪との戦いが始まる。(紅)


雪とよは屋根の上など傾斜(けいしゃ)のある場所に置いて使う細長い板です。木製(もくせい)で幅(はば)は約50センチ、長さは3.6メートル(2間)くらいあります。表面にはロウがぬってあり、この上に乗せられた雪がすべりおちるようになっています。雪とよを連結(れんけつ)することで、10メートル以上も先に雪をすてることができるようになります。大きな屋根の雪おろしなどでかつやくします。
posted by 紅屋重正 at 14:40| 新潟 ☔| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする