2018年11月01日

今日より霜月

今日の長岡は段々寒くなる一方で曇りで気温14度となればもう初冬に属する。いよいよ冬到来。昨日は長野県で初霜初氷が観測されたようだから雪の降るのも近いかも!風邪など引かないように気をつけたいが、季節の変わり目は身体が馴染まない。昨日は風邪気味だったから昼から上がり寝て体力の回復に努めた。今日は気分も良い、11月のスタートである。

11月1日は、日本武尊(やまとたける)をまつる神社で酉の市が開かれます。酉の市は11月の酉の日に開かれる露天市で、熊手や招き猫などの縁起物を買い、一年の無事と来る年の福を願います。酉の日は12日ごとに回ってくるので、今年は1日が一の酉、13日が二の酉、25日が三の酉です。三の酉まである年は火事が多いといわれています。火の用心を心掛けたいものですね。

長岡には最近見ない行事になってしまった。熊手の露店市はもう50年前の話になってしまった。都会ではまだ盛んにやっていて景気の良い話としてニュースになるが、地方はもう廃れてしまったようだ。何せ絶対人口が減少しているところに景気の良いお店も少なくなったからだろう。伝統文化も人口減や景気に左右されてしまうのである。良き日本の姿が消える!

誰でも長寿や繁栄を願う訳であるが現実はそう簡単ではない。長寿でも認知症では意味がない、繁栄も二極化されて苦しい現実を見ているようでは願いは儚い。何が幸せか!何に向って生きて来たのか!訳の判らない世界に入ってしまった。平成最後の年は結局経済に振り回された年となってしまったような!幸福度の上がる日本にして欲しいが難しいのだろう。(紅)




posted by 紅屋重正 at 13:52| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする