2018年10月25日

前へと!

今日の長岡は晴れ、気温は高くないが明るく爽やかな日になっている。高気圧が張り出している間は天気が良い。すぐに低気圧の谷がやってくるからまた雨にもなろうが、今日明日は大丈夫だろう。女心と秋の空はやはり最初は違って男心と秋の空から出た言葉らしい。今や男も女もなく心変わりと秋の空となっているのだろう。世の中の動きがそうだから!

紅葉も面白い、「こうよう」と言えば全体の秋の色彩を言う黄葉(こうよう)も含まれる、「もみじ」と言えば楓の赤くなった葉のこと!日本の言葉は情緒がある。秋の和生菓子も色彩が良い、一番綺麗な時期になる。月もしかり、春は朧(おぼろ)月であるが、秋は綺麗な満月となる。十五夜や十三夜・十六夜と月にも見どころが多い。月は十五日サイクルだ!

旧暦で季節の言葉や行事が出来ているので、新暦に合わない時期もあるが情緒としては日本の四季の優雅さに変わりはない。10月23日に中越大震災が起きてすでに14年、前に向いて長岡人は生きている。世の中が変わって来ても日本の心を忘れてはならない。郷土の温かさは震災があろうがなかろうが変わることはないと信じている。長岡は良いとこだ!

もう一つ言えば、水!長岡は軟水であるだけに旨いと感じる。元々日本の水の基準はほとんど軟水であるが、軟水でも違いがある。千葉は硬水に近いようだから若い時千葉に住んでいた時に違和感があったのは水のせい!湧き水の豊富な所は軟水でも値は低いようだ。水は基本的なもの、美味しさを語るには水も判っていないと判定出来ない訳である。(紅)




posted by 紅屋重正 at 12:00| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする