2018年10月24日

秋の空

昨日の午後からほぼ快晴になったので崩れるのは今日になった。今日の長岡は朝から雨に降られている。高気圧と低気圧が交互に日本の上空にやって来るスピードは約30kg/hだそうですが必ずしも丁度良く行かない。ずれて動くのが自然の在り方!そのお陰で週末の天候も判らなくなって来た。秋の空はコロコロ変わるので気象庁も大変であろう。

今日の長岡の気温も雨によってかなり冷えて来た。この辺でまだ初雪はないであろうが、紅葉は確実に進んでいるようだ。街内にいるとなかなか紅葉を感じれれないが周辺では色彩が変わって来ているようだ。蜻蛉の姿も少なくなった、いよいよ気温が下がってきているのであろう。晴天になれば22度位の気温にはなるがそろそろ晩秋に入ってきている。

昔は女心と秋の空などと言っていたが、今では経済模様が秋の空になっている。円も株も乱高下で経済に影を落としている。最近は女心より男心の方が不安定かも知れない。もう女心と秋の空は当てはまらない!世の中が二極化されて人心も不安定になっている。各都市間にも大きな差が出ている。新潟市のように財政が緊迫している自治体も多いだろう。

長岡も決して良い方とは言えなくなった。それだけに市を上げて人口増加の問題を真剣に考えているようだ。UターンIターン・観光による流入人口の増大・市民の数を増やす施策など大変だ。町は人がいてなんぼであるので存続を考えると、難しい問題だがやらねばならないことになる。これからの世界は秋の空の如くコロコロ変わるようでは困るのだが!(紅)


posted by 紅屋重正 at 10:56| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする