2018年05月02日

八十八夜

今日の長岡は曇りですが、夕方から雨の予報です。ゴールデンウィークの最高潮に雨とは残念です。長岡の雨は夜中に済むような感じもありますからそれで過ごせれば結構な話になります。果たして!立春から数えて88日目は雑節の一つ「八十八夜」で、今年は5月2日にあたります。「八十八夜の別れ霜」とは、この時期の遅霜を警戒したことばです。

八十八夜が過ぎれば、気候も安定することから、農家ではこの頃から本格的に農作業にとりかかりました。そして、八十八夜といえば茶摘み。新茶も出まわる頃です。その時に霜にやられると新茶も美味しくなくなるから天候は重要です。南北に細長い日本列島では、茶摘みに適した時期は若干違いますが、「新茶」「一番茶」と呼ばれるのは、おおむね4月中旬〜5月中旬の八十八夜の頃に摘まれたもの。

新茶はまさしく今が旬!「二番茶」は6月中旬〜7月中旬頃、「三番茶」は7月上旬〜8月上旬頃、9月以降に摘まれたものは「四番茶」「秋冬番茶」と呼ばれますが、地域や茶の種類によって、茶摘みが行われる回数は違います。昔から八十八夜に摘まれた新茶を飲むと長生きするといわれていますが、実際、新茶は成分的にも優れているので、理にかなっているそうです。

お茶はペットボトルに取って代わられたように見えますが、添加物の入ったボトルより、旬な新茶をお薦めします。急須で出すお茶は時間がかかるだけ優雅に美味しく余裕を持ってお飲み下さい。一家団欒に必須アイテムそれがお茶とお菓子です。日本人で良かったと思える味わいは至福の時!現代人には是非ともお勧めのお茶とお菓子それが余裕となります。(紅)



posted by 紅屋重正 at 10:45| 新潟 🌁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする