2018年04月08日

雪が降る春!

今日の長岡は寒い!寒の戻りが戻り過ぎである。どうなってるの天候は!折角咲いた桜の花も驚いているだろう。もっとも、今回のさくらの開花は早過ぎた感じであるだけに気温の推移も調整されているのだろう。観桜会の日に桜の花が散っていたのでは絵にならない。寒さで一休みと言ったところだろうか!それにしても寒い、北の方面は雪もチラホラ山岳地帯も雪となるとやはり異常か!

天気は良い方が良いに決まっているが、農家はそうでもないのだろう。適宜な雨は田畑に良いはず!でも雨の作業は嫌だと思う。水は欲しいが晴れていた方が動きやすい。まして週末の雨は憂鬱で打撃になる。今日は知り合いの方(すでに他界)の今迄のコレクションを博物館としてオープンする記念パーティーに参加する。長岡の歴史的な古道具を集めたギャラリーをオープンするセレモニーである。

物を収集すると言うのは大変であり場所が必要だろう。しかも戦中に長岡はかなり燃えてなくなったものも多い。そこからコツコツ集めたと言うから凄い。レトロなものは好きな方だけに興味が湧く。こういうことも心に余裕がないと出来ない事だけに感心する。自身の古いものは何もないが、家には60年以上もまえからあるものは何点かある。家の看板(商売していた時のもの)・置物のガマガエル(30cmはある)・碾き臼・琵琶・掛け軸などなど!

良し悪しはわからないが先代先先代のものを大切に保管してある。何もない所から道具がそろえられてきたので愛着がある。昔の暖房は火鉢(大きなものから時代劇に出て来るようなもの手あぶり用)と多種ある!価値はないかも知れないが時代を感じるものばかり。戦争で破壊された長岡はかなかな残っていないらしい。弊社創業者の家系では戦争で焼け野原になった長岡市街地に残った蔵があったので多少のものはある。歴史の証明は残った!(紅)

posted by 紅屋重正 at 08:53| 新潟 ☔| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする