2018年04月05日

春爛漫 桜咲く

今日の長岡は朝方快晴夕方曇り気温は高くはないが寒くもない。市内あっちこっちの桜が一斉に開花している。樹の種類が違うが皆一斉に咲き始めた、すでに散り始めたところもあると言う。一瞬のうちに咲き誇った桜は美しい。ほんの一週間位前は裸同然の木々が淡いピンク(白系のような)の花を咲くせているから驚く。悠久山公園は山に近いからまだだろうと思っていたらもう咲き始めていた。

今日は二十四節気の「清明」。「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味です。すべてのものが春の息吹を謳歌する頃、南東から吹いてくる穏やかな風を「清明風」とも呼びます。また、七十二候では「玄鳥至(つばめきたる)」になります。「玄鳥(げんちょう)」とは燕(つばめ)の異名で、燕が南の国から渡ってくる頃という意味です。

桜ばかりか気候としてはもう燕の時期になって来ています。今年の春の気象は寒暖の差が激しいですが、暑くなる日も多く春らしくないと言われています(関東や西日本は)。越後は寒暖の差があってもいつもの感じではありますから気にならないです。しかし、今年の夏はどうなるか、気温が気になります。一応小氷河期なのですが!先々の気候を気にしても仕方ないですから今の季節を楽しみましょう。

桜見もそろそろ良い時期ですから今週末は人が出るでしょう。ちょっとお天気が気になりますが!週末に雨降りは戴けません。花より団子の口ではありますが、花と酒の方が似合っています。新酒が続々出てきます、何と良い季節でしょう。身体を気にしつつ美味しいものを戴けることに感謝です。季節の生菓子や桜餅・時期的には柏餅や蕨餅と今が一番美味しい次期かも!大いに楽しんで下さい。(紅)



posted by 紅屋重正 at 15:53| 新潟 | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする