2018年03月01日

弥生明ける

今日の長岡は朝から雨降りである。西日本は荒れているようだが、爆弾低気圧が北上して北海道に暴風雨をもたらしそう!まだまだ雪もありホワイトアウト状態の可能性があるので気を付けねばならないだろう。雪国には弥生になっても簡単に春を運んで来ない。三月(弥生・やよい) 弥生は草木がいよいよ生い茂る月という意味であるだけに桜の蕾も寒そうだ。

越後の平野の雪はそろそろ風花程度になるだろうが、油断は出来ない。春と言っても寒気が来ればすぐさま白銀の世界に変わってしまう。この時期の雪は綺麗に見えるから良しとしよう。ただ、大雪やドカ雪にならなければ問題ない。実際、蕗の薹が採れてるから間違いなく春に入っている。気温は一桁と言っても極寒の時期は過ぎたようだ。今週は暖かくなるようだ。

悪夢のような2月が過ぎていよいよ本格的に人々が動いてくれる。街の活気に期待したい。やはり春の風が爽やかになれば本物の春であるが、雨風では興が落ちてしまう。道路際の積み重ねられた雪の塊がまだ多い。しかも黒くなって外観が良くない。汚れている春と言った感じ、融けてしまえば終わるのであるが!三月は卒業シーズンでありまた移動の時期でもある。

卒業式に大手饅頭が使われて何十年であるが、最近は予算の問題やお安い方へと品物が動くので長岡の中心街の小学校でも変わってしまっている、非常に残念なことである。伝統文化はドンドン崩れて行くようだ。雛祭りの3日からまた日本の伝統を楽しんで欲しいものだ。1日〜4日まで自家製甘酒を本店ご来店の方々に提供する。趣を味わって欲しいものである。(紅)




posted by 紅屋重正 at 10:12| 新潟 ☁| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする