2017年10月04日

十五夜だけど!

今日の長岡は雲に覆われた空である。今日は十五夜で晴れていれば見事な月が見えるだろうが、残念な天候である。月は幻想的なしろものであるだけに十五夜や十三夜そして十夜は見たいものであるがどうだか!綺麗な月が見れないと同じく、今回の総選挙も変な感じで動いている。故長島忠美がいればそんなことも言ってられなかったが、今は政治引退隠居の身だけに情勢が面白い。

第一野党をかいたいした、第一野党党首もたいした者だ。想定内の行動だと言う。松下政経塾出身者はかくあるべきなのだろう。慌てふためいた野党は乱れに乱れて保身を図っている。それが面白い。希望があるのかないのか、政治信条がふらついて滑稽にしか見えない。左派としてきちんと政党を立ち上げた者もいるが、昔から切り離しが言われた通りになって来ている。

所詮、左派と右派の相容れない者同士が一緒にいたことが不思議なくらい。これですっきりしたとある程度評価できる。受け皿になった希望はこの先希望にならない気がする。党首の手腕が見ものである。二大政党も良いではないか!何れにしてももっと瀬策論議をして欲しいのが国民の願いである。もう蕎麦論議はいい加減にやめて良い。次はマスコミ対策であろうか!

フェイクニュースで国民を愚弄するのはもうやめて欲しいものだ。経団連が付いていて何でこうなるのか不思議である。民法は広告収入が主と聞くが、ほとんどが経団連がスポンサーだ。もしかしたら、経団連が不満を持っているのか!混沌とした世界でまともなことが見えない現実は歯がゆい。ご破算で1から築き上げるほど時間がある訳ではないが、もう少し大鉈を降っても良いのではないか!(紅)




posted by 紅屋重正 at 15:42| 新潟 ☔| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする