2017年08月09日

静けさが戻る!

今日の長岡は台風の影響は左程なく無事通過したようだ。午前中に雨は残ったが小雨程度、午後から曇り夕方は日も差してきた。大したことがなくて良かったが、そうでないところの被害にはお見舞い申し上げます。台風と来れば緊張しない訳にはいかない!流石に昨日の夜の飲み屋街も人はまばらで静かだった。今日は長崎原爆の日であるから、静かに黙祷を捧げた。

気象が変わる度に一喜一憂してしまう昨今であるが、気象が読めないことがもどかしい。特に今回の台風進路は予想することが難しいので混乱したが、日本中央に位置する日本アルプスや富士山に越後は守られている。しかも、大河津分水が新しくなっただけで洪水の心配がほとんどない。長野県で大雨があっても影響は少なくなっているようだ。長岡市内も中心街の治水対策もほぼ完了している。

盤石の体制で臨む長岡であるが弱い部分もある。時間内の大量の雨には対応が効かない場合もあるだろう。市内に流れる河川は広いとはいえないだけに危ない。この辺が解消すれば治水対策が万全と言える。被害が起きてからでは遅いので早目の対応が待たれる。川幅を広げる訳にはいかないので、地下回避策とポンプアップの能力を上げることだろう。果たして市はどう考えるか!

長岡の住みやすいことはこのように公共事業が充実しているからだと思う。周りの市町村を見てもここまで先を考えて運営はしていないようだ。水害よさらば!の長岡である。地震にも強い市であった。災害は悲劇であるから静かなうちに悲劇をくりかえさないようにするのが長岡市の出来たところだろう。戊辰戦争や太平洋戦争に二度焼かれた町であるだけに常に危機感と投資を忘れないのである。(紅)


posted by 紅屋重正 at 16:49| 新潟 ☔| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする