2017年07月06日

泥流は怖い!

今日の長岡は朝方は日差しもあったが、午後から曇りで天候不安定な感じ。九州の洪水は凄いの一言!それも流木や土砂の入り混じった泥流である。TV報道で見ていても怖くなるクラス!三条や中之島の洪水を思い出す。それでも今回の九州の洪水よりはまだましか!記憶は適当でそう思うのであるが、当事者にしてみれば甲乙つけがたい災害であろう。お見舞い申し上げる次第です。

梅雨前線が日本列島の真ん中まで上がって来て本県も先日の豪雨となったが被害は軽いものであったようだ。その前線がまた下がったので島根県や広島県が狙い撃ち。そして昨日は九州福岡・大分県に停滞したようだ。極端な集中豪雨で恐ろしい程の雨量である。数十年にあるかないかの集中豪雨であるが、水の力は相変わらず凄いし侮れない。必死の救出が続けられているようだ。

災害時何と言っても頼れるのが自衛隊である。国や国民を守る彼等には感謝するものである。災害時の国民は守って戴けるが、馬鹿な国が攻めて来た時はどうなるんだろう!今やお隣の北の半島では日米韓に向けて挑発しミサイルを打っているが、一つ間違えれば戦争になる。また、米国の感情としてもそろそろ限界にあるようだ。どのような形にせよ戦争になれば日本も無事では済まない。

そこで、自衛隊が動けない憲法は早く改正して戴かないと大変なことになる。原発を各地で持っている場所は二番目に狙われる。一番は米軍基地や自衛隊基地であろう。昔と違って核を打って来れば5発で日本は終わりになる。核に対する防御は出来ている訳ではない。予算も過ぎ込んでいないからだ。最小の被害に抑えてもどこかがやられることに違いはない。それが何処かは神のみぞ知る。(紅)



posted by 紅屋重正 at 14:25| 新潟 ☀| 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする